幻獣_移動カート2

日本では未実装です

移動カートシステムの開放以来、米斯特里亞大陸上の大通りと路地、随所に可愛い幻獣が主人を推してあちこち駆け回る光景が見られる。しかしあなたは知っているか?現在所有する移動カートはすべてレインボーの裴洛先生の造った第1級の車だ、裴洛先生の個人の風格と能力が制限するため、各種は車の特性をおしてすべて異なっているが。しかし外観の容貌はすべてたいして違わないようだ。最近バグダッド城の住民は広く伝わって、その他に1位が車の職人をおしてバグダッド城で開業することができるある。こちらの新しく来た職人の名前はケラーといって、技巧は裴洛先生に比べてぬきんでて計画すると、その上ケラーの個人は裴洛先生と違い風格を設計する。そのため彼は製造の移動カートを設計して人々に第2級の移動カートと称される、つまり比較的に高級な意味。

第2級 移動カート職人ケラー 特別取材報道

★私達は特にケラー先生の再び出現する世の中の前で、彼の同意を得て、彼に対して特別取材を行った:

記者: あなたがバグダッド人であることをお聞きするか?

ケラー: はい。私は幼少からバグダッド城で成長して、若い時郷里を離れて、辛巴達先生に従っていっしょに乗船し海に出て、もともと商売をしたい;思いがけず船が難破し、私は海上を漂流して、みんなと別れた。

記者: 難破.....やはり辛巴達と一緒に乗船してきっと船がひっくり返って〜〜〜あなたそれではどこへ漂流することができる?

ケラー: 私は遥か遠い東方まで漂流して、1つの知られざる島国。この地方は伝承が絶えた移動カートの製造技術を持っている、私は、家に帰れず、そこで弟子入りして勉強するようにしよう!と思っている。そのため私はそこに20年の時間を使って移動カート製作の方法をマスターした。

記者: どんな原因があなたをバグダッドに帰る開業させたい?

ケラー: 私は人のために移動カートを作ることによって、ついに大家となり、バグダッド城に帰る旅費を計画して貯めた。接岸することを思い付かなくて、1台の醜い移動カートが眼前を通過した!私は日を心の中で考える〜まさか郷里の人は何が美しい移動カートであるか知らないのか?この動機で、私の郷里の人に美しい2級移動カートを造り始めることを決めた。

記者: あなたの造った移動カートは以前見たものと違うとおっしゃる?

ケラー: え、あれはもちろんだ。私のは第2級移動カートと称され、もちろん第1級と比べて更に高級だ!まず最大の違いは外観であり、私は高尚・上品な円弧型線の設計とする主軸を採用して、しかも車体の上で多い手製の装飾を使用して、絶対に人に乗る者の身分と地位を感じさせる!

記者: すこしだ.....それでは、車の性能?

ケラー: これで私が自慢するのではない、安全性は私の最も基本的に考慮することで、私の造った移動カートは車の持ち主に幻獣の襲撃の確率が更に下げることができる。これを除いて、その1種の車の金もすべてそれぞれ移動カートの幻獣に代わって異なった能力を強化できる。

記者: 幻獣の能力を強化する?この裴洛先生の造った車はできて、あなたの移動カートと彼のはようにしたら何かがある?

ケラー: ぐうぐう〜〜高級な移動カートで、それではそれが移動カートの幻獣の能力強化のためにもちろん要するのが比較的に高い。私の製造の車は幻獣のためにどの1種の能力を強化するのに関わらず、少なくともすべて5つの数の点検を増加することができる!この点、今の移動カートでできないことができるようにしよう?花はハッハッとハッハッハ〜〜〜

記者: もとはこのようで、それではあなたが今度全部でどれらの車の金を設計して取引先に選ばせる?

ケラー: 私は全部で妖精貝塔、狂風戦士、火炎2号、厄斯B型、幻影IIと助r光などの6種類の車の金を設計した。

記者: 耶?ただ名前聞いたところから、名前と第1級のを感じる!

ケラー: はい、これは私が他の人の作る第1級の移動カートの比較と要するためで、このように人に私の造った移動カートの品質と性能を明示的にどんなにずば抜けているか感じとれる!

記者: e........はい、私達はすべて移動カートが人にHPとMPの回復量を増加させることを知っている、あなたの造った移動カートを知らないのがこの方面でもではないかの前にみんなはの移動カートで仲がよい?

ケラー: 間違いない。私の移動カートが乗り始めるいっそう心地よくて、毎回乗客のHPとMPを回復して、あなた達今に比べての1級の移動カートの約1倍多く出る!

記者: 本当おう、聞いたところ確かに1部持ちたいと思わせ、あなたが1台の移動カートを造っていくら料金を徴収することをお聞きする?

ケラー: 多くなくて、34万5千メムだけが必要だ。

記者: 何?こんなに高くおう?

ケラー: 冗談を言うな!私の移動カートはしかしあれらを少し身分の地位の人が座らせた、もしこれっぽっちのお金はすべて使って起きないならば、私は客にそれとも他の人を探して比べて下等な移動カートを勧めることにしよう。一方、幻獣に私が製造した車をおさせたくて、幻獣のLvは必ず15Lv以上でならなくて、結局私の移動カートが進む製品で、この点は取引先達に特に注意してもらう。

記者: それでは私達はあなたがバグダッド城で早く開業することを期待するようにしよう、あなたが私達の訪問を受け入れておうにお礼を言う〜〜

ケラー: ほほほ吐く、私の開業は他の人の失業だ!花はハッハッとハッハッハ

★ 私達のこちらの臭い屁のケラー先生に対する特別取材を見たことがあって、あなたが第2級の移動カートについてすでに初歩的な理解があったことを信じた。 私達もケラー先生の家で6種類の新型の移動カート原型を発見して、特に写真を撮影して、しかもそれらを公表してみんなに少し観賞する。