前置詞と従属接続詞の明確な用法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

接続詞の用法で解説したが、従属接続詞には以下の物がある。

 従属接続詞
意味
vonze 理由を示す
jenze 結果を示す
denze 時を表す
nesanze ~の前(時間的)
rexanze ~の後(時間的)
wize ~に(場所)
neze ~から
ronze ~まで
fenze ~する間
bize 方法・手段を表す
enze もし~なら、仮定

これらは、後ろにあくまで「節」しかおくことが出来ない。節とは、動詞を含んだ語の集まり、または動詞一語のみのことである。
よって、動詞は人称による活用のみを行う。
なお、同じ意味を示す前置詞が存在するので(理由を示すものなど、いくつか存在しないものもあるが)、
名詞だけを使って表したいときは、その前置詞を使う。これは下に示す。

なお、仮定の従位接続詞は、仮定法の文章を作る。

onn 時を表す
nesan ~の前(時間的)
rexan ~の後(時間的)
jesen ~に(場所)
bin ~から
ran ~まで
fon ~の間
gon 方法・手段を表す

  • この変更は、2012年6月16日より適用される。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。