接続詞の用法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

接続詞は、等位接続詞と従属接続詞がある。
等位接続詞は、節と節、句と句、語と語などをつなぐ働きがある。
従属接続詞は、従属節を主節に繋げる。従属節の前に従属接続詞を置き、終わりに従属節副詞zenを置く。
従属節は、;で囲うが、片方が文頭または文末になる場合、省略する。

なお、新訂ファルディアス語で明確に定義するが、従属接続詞の後には、「動詞のみ」もしくは「動詞を含んだ節」しか置くことが出来ない。
詳しくは、前置詞と従属接続詞の明確な用法を参照。

また、等位接続詞、とくに選択の接続詞についての解説が追加されている。詳しくは、等位接続詞の用法を参照。

 等位接続詞
意味
yun 順接
ban 逆説
oe 選択
sede 並立

 従属接続詞
意味
vonze 理由を示す
jenze 結果を示す
denze 時を表す
nesanze ~の前(時間的)
rexanze ~の後(時間的)
wize ~に(場所)
neze ~から
ronze ~まで
fenze ~する間
bize 方法・手段を表す
enze もし~なら、仮定
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。