敬語と蔑語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敬語・蔑語とは、自分や相手、または文を高めたり低めたりして、相手に対して敬意や蔑意を表す表現である。

謙譲語・尊敬語・丁寧語が敬語で、
尊大語・侮蔑語・粗雑語が蔑語である。

上げる 下げる
自分 mes 尊大語 sod 謙譲語
他人 mer 尊敬語 tos 侮蔑語
文全体 sher 丁寧語 jez 粗雑語

自分・他人と書いたのは、主語のことである。自分が主語の時に自分を高めるときには、mesを用い、これは尊大語で、蔑語となる。
主語に関わらず文全体で敬意を表す事もできる。sherを用いると丁寧語になり、これは敬語で、話し相手に対する敬意を文で表す事になる。

日本語よりも複雑かつ量が多くて難しいので、特別に急いで覚える必要は無いだろう。必要に応じてこの表を参照しても良い。

  • Domeso'senk mes shertis esi lesit.
 俺はあいつに本をくれてやった。

  • Domeso'me sod shertis esi wuit.
 わたくしはあなたに本を差し上げます。

  • Esteto mer cen nomit.
 あなた様は貴族でいらっしゃいます。

  • Esteta tos cen wonit.
 てめえは犬野郎だ。

  • Attesa'nenk sher lot.
 食べてしまいました。

  • Atteso'nenk jez lot.
 食っちまった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。