動詞文の基本、主部と属部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファルディアス語の文章の殆どは、動詞文である。
動詞文とは、動詞が置かれる文のことで、それ以外の文は、挨拶や定型句など一部である。

動詞文は、主部と属部に分かれる。
主部には、動詞、否定や受身を表す接頭辞、時制を表す接尾辞、疑問助動詞、敬語・蔑語、助動詞、主語が置かれる。
属部は、目的語や補語、その他の語が置かれる。
主部属部を合わせて文になる。属部が必要ない文は存在しない。

主部の構成を明確に示すとこうなる。なお、動詞以外は必要な場合以外は書く必要が無い。
<否定・受身を表す接頭辞>-<動詞の活用形>'<時制を表す接尾辞> <疑問助動詞> <敬語・蔑語> <助動詞> <主語>

文を、英語の5文型に照らし合わせてみると、それぞれこうなる。
SV → VS lot. (lotというのは、目的語も補語も無い時に主語の直後に置かれる副詞である。属部の一部。)
SVC → VS cen <名詞の前置格>. (cenは、補語を表す際に置かれる前置詞)
SVO → VSO.
SVOO → VSO esi <名詞の前置格>. (esiは、間接目的語を表す際に置かれる前置詞)
SVOC → VSO cen <名詞の前置格>.
なお、Sでは名詞の主格、Oでは名詞の対格を用いる。

なお、この部分には新訂版で変更点がある。SVOCの形では、cenの代わりにenneを用いる。
詳しくは主格の同格と対格の同格の区分を参照。

  • Iresa lot.
 私は歩く。
 iresa;動詞ire(歩く)の一人称女性形。
 lot;副詞lot 目的語も補語も無い文章で主語の後に置かれる語。
 (動詞の人称変化で分かるため、主語を省略している。)

  • Esteso cen lessit.
 私は学生だ。
 esteso;動詞este(である)の一人称男性形。
 cen;前置詞cen 後続の名詞が補語であることを表す。
 lessit;名詞less(学生)の前置格。

  • Pleta wonis.
 あなたは犬が好きだ。
 pleta;動詞ple(好む)の二人称女性形。
 wonis;名詞won(犬)の対格。

  • Dometo shertis esi lesit.
 あなたは私に本をくれる。
 dometo;動詞dome(与える)の二人称男性形。
 shertis;名詞shert(本)の対格。
 esi;前置詞esi 後続の名詞が間接目的語であることを表す。
 lesit;名詞les(私)の前置格。
 (私(les)は学生(less)と似ているので混同しないように)

  • Vole jarsi tusis ces Fardiasit.
 彼女はそれをファルディアスと呼ぶ。
 vole;動詞vole(呼ぶ)の全人称形。
 jarsi;名詞jars(彼女)の主格。
 tusis;名詞tus(それ)の対格。
 Fardiasit;名詞Fardias(ファルディアス)の前置格。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。