イブン・シム・サファテ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前
イブン・シム・サファテ
職業
マスターのひとり/傭兵
身長/体重
189cm/95kg
性別/年齢
♂/35

設定

藤宮 要が浜浦空港周辺で偶然見かけたサーヴァントを連れた男。
表向きは傭兵、正体はガイア教団のテロリストであり世界中の紛争地域に顔を出しては戦争に参加し活動資金に充てている。

要の調べでは投てき術、軍隊格闘術をベースに魔界魔法をかじった戦闘特化の魔術戦士とのこと。

バーサーカーの敗退後、アーチャー陣営に身を寄せて工作員として活動。
長らく潜伏して調査と儀式工作を重ね、この度とうとうルールの外れ値であったオーナー=ギャラハッドを自らの新たなサーヴァントとして契約することに成功する。
なお咲宮に入る前に自らのコネを駆使したのか邪神ニャルラトホテプを対象にしてバーサーカーの宝具“数多怪異なるものの母”を用いており、産みだした悪魔“這い寄る黒蛇”を切り札として従えている。

9日目朝、アサシンが仕掛けたアーチャー陣営、ランサー&アサシン連合陣営との三つ巴に巻き込まれ宝具・ランペルールの発動する中激しい軍団戦を繰り広げる。
先にオーナー・ギャラハッドが消滅し、アーチャーが斃れたことにより友永こよりが降伏してもなお、這い寄る黒蛇と共にしぶとく生き延びる。
禁呪メギドラダインを立て続けに二度も放ち、連合陣営に恐怖を与えるも遂にはアサシンの必殺宝具トロージャンホースに捉えられ、人の身でありながら破魔の呪文によって昇天する最期を遂げる。
最後まで戦いを愉しみ、三つ巴の死闘に満足したのか高笑いさえ上げながら光の中に消えていった。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル