マスター用特殊ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エーテル容量

マスターの権利を持つものは特別に自身の魔力を使っての召喚・宝具行使が可能。 これを「エーテル容量」という言葉で表現する。算出式は以下のとおり。

5000+(レベル+魔力)×200

エーテル容量の回復については以下のルールに従う。

・1日の終わりにより、自動的に1/2(切り捨て)回復する。

・睡眠時間とは別に「エーテル容量」を回復するという宣言によって1hごとに500回復する。  ただし、その間一切の行動はできないものとし、1hの途中で何らかの行動を起こした瞬間に回復はキャンセルされる。  (サーヴァントの実体化も行動に含む)

・またMAGを消費することにより消費したMAGの1/2、エーテル容量が回復する。  逆にマスターはエーテル容量を消費することで消費したエーテル容量の1/2のMAGとして使用することが可能。  ただしこのMAGは活性MAGとし、その場で使用しない限り消滅する。

マスターの能力

マスターには以下の権利が与えられる。

・サーヴァントを1体召喚し、契約する権利。なお、サーヴァントの同意があり、かつエーテル容量の条件を満たしている限り2体目、3体目の契約も理論上は可能である。

・サーヴァントの能力をある程度見通す能力。戦闘中は1行動使った魔力判定を行うことにより、また戦闘後なら無条件で戦闘に参加したサーヴァントの能力値を知ることが出来る。

・3回まで令呪と呼ばれる聖杯から貸与された魔力を行使できる。使用出来る効果は以下のとおり

 1)サーヴァントに対して絶対命令権を行使できる。

 2)命運・悪運の代わりとして用いる事ができる。(令呪によってHPを回復させた場合、エーテル容量の支払いは起きない)

 3)その他、自身と自分のサーヴァントに関わることならば、ある程度任意の事象を発生させることが出来るものとする。(空間転移や何らかの儀式の代わり、異界の作成など)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。