武器データ/アサルトライフル

*現在、Xbox360版からの情報を元に作成されており、本作では一部の情報が異なる可能性があります。




AFシリーズ

  • 連射力と優れたリロード速度が特徴。
  • 基本は真っ直ぐ飛ぶ物が大半だが、AF-VやAF18Xのように一風変わったものもある。
  • 高難易度になると、相手を倒すというより巨大生物を足止めする、ヘクトルの攻撃を逸らす等の用途が中心になる。
  • 弾速はそこまで早くもなく、敵に狙いを合わせ続ける必要があるため高難易度のガンシップ相手には不利。
  • また、当て続けないと火力が出ない為に転がる機会が減り被弾しがちである事にも注意。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
0 AF14 120 12.0 10.0 1.5 150 .0 B - 120 105 初期装備
7 AF15 120 12.0 17.0 1.5 138.0 B - 204 179 -
12 AF16 100 12.0 23.0 1.5 180.0 B - 276 236 -
13 AF-V 105 12.0 12.0*2 1.5 180.0 B+ - 288 247 -
18 AF17 120 12.0 26.0 1.5 180.0 B - 312 273 -
23 AF18 120 15.0 30.0 2.0 80.0 B - 450 362 -
26 AF18X 140 12.0 50.0 2.0 150.0 E - 600 515 -
32 AF19 120 15.0 44.0 1.5 150.0 B+ 2.0 660 560 -
46 AF20 140 12.0 92.0 2.0 180.0 A- - 1104 948 -
64 AF99 160 15.0 140.0 2.0 240.0 A 2.0 2100 1778 -
75 AF100 180 15.0 160.0 2.0 264.0 A 2.0 2400 2032 -
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器

AF-RAシリーズ

  • 圧倒的な弾数にものを言わせた優れた連射力が特徴。一見弾数はとても多いように見えるがすぐに消える。
  • リロードは微妙に重い為、調子に乗って乱発していると痛い目に遭う。特にAF19RA。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
1 AF14RA 200 30.0 6.0 2.5 120.0 B - 180 131 -
4 AF14RAR 150 60.0 5.4 2.0 120.0 B - 324 180 -
16 AF16RA 200 30.0 12.0 2.5 120.0 C - 360 262 -
25 AF18RA 250 30.0 18.0 2.5 150.0 A+ - 540 417 -
38 AF19RA 250 30.0 33.0 5.0 200.0 B+ - 990 620 -
56 AF20RAR 999 60.0 26.0 3.0 140.0 B - 1560 1323 -
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器
  • AF20RAR
    RAシリーズの最終形。光学兵器でもないのに999発も撃てる。
    敵一体に集中攻撃から足止めまでこなせるが、いくら999発といえど毎秒60発の前にはすぐに消え去ってしまう。
    リロード時間も3秒と大群相手には辛い。よく考えて使おう。

AF-STシリーズ

  • 連射力を犠牲にし、一発の威力を高めたタイプ。中距離ならスナイパーライフルの代わりにもなる。
  • キャリアーには届かない場合が多いので過信しないように。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
2 AF14ST 10 3.0 70.0 1.5 250.0 A+ - 210 155 -
10 AF15ST 8 3.0 105.0 1.5 256.0 A+ - 315 219 -
28 AF19ST 10 4.0 230.0 1.5 300.0 A+ - 920 613 -
51 AF20ST 5 4.0 1200.0 5.0 400.0 S+ - 4800 1000 -
67 AF99ST 20 4.0 700.0 3.0 480.0 S+ - 2800 1806 -
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器
  • AF20ST
    他の物と比べ弾数が大きく劣っているが、STシリーズで群を抜く火力を持つ。
    リロードが重いのも欠点だが、ガンシップ戦等では力を発揮してくれるだろう。
    INFでは蟻は撃ち損ずものの、蜘蛛ならかなり後半でなければ一発である。

AF-Bシリーズ

  • 3点バースト。しかしAF21-B4は4点バーストである。
  • 撃つ度に離さないと次の弾が撃てないというめんどくさい特徴がある。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
5 AF14-B3 30 2.0*3 40.0 1.5 240.0 A- 2.0 240 189 -
43 AF19X-B3 120 2.0*3 150.0 1.5 247.5 B 2.0 900 843 -
60 AF21-B4 140 2.0*4 210.0 3.0 260.0 A+ - 1680 1442 -
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器

チタニアシリーズ

  • 今作から初登場のチタニア社製の兵器。
  • 非常に強力な反面、重いバックパックを背負う為歩き、前転、ジャンプの機能が低下してしまうという欠点がある。特にジャンプは住宅街の一部の段差を登れなくなる程である。
  • ストリンガーのような貫通効果を持っている。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
3 チタニアオートキャノン 10 1.5 200.0 4.0 400.0 S+ - 300 200 機動力低下
21 チタニアオートキャノンB3 12 0.8*3 300.0 4.0 300.0 B+ - 720 419 機動力低下、三点バースト
47 チタニアオートキャノンR 15 2.0 1500.0 6.0 450.0 S+ - 3000 1730 機動力低下
57 チタニアバトルキャノン 7 1.2 3000.0 4.5 480.0 S+ - 3600 2210 機動力低下
75 チタニアバトルキャノンAX 12 1.5 3500.0 4.0 500.0 S+ - 5250 3705 機動力低下
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器
  • チタニアバトルキャノンAX
    アサルトライフルながら3500という恐ろしい火力を持ち、さらにこれをAF-ST並の速度で連射できる。
    さらに貫通効果も持つため、蟻の群れにとりあえず撃つだけで多数の悲鳴が上がる。
    ただし、移動速度が遅くなるという厳しい欠点がある為仲間のサポートは必須。

ヒートブラスターシリーズ

  • AF-RAすら凌駕する連射力で一瞬で敵を消し炭にしてしまう。X以降は一発あたりのダメージも跳ね上がりペイルウイングのマスレイすら凌駕するPTFPとなる。
  • しかし、武器を切り替えない限り止まらない本部の罠仕様の為注意。大抵ヘクトルかヴァラク用だが、Zなら真下で打てば四足の弱点に届くため瞬殺が可能。
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考
3 ヒートブラスター 900 60.0 25.0 不可 60.0 S+ - 1500 - D3P WEB SHOP購入特典
11 ヒートブラスターG1 1500 60.0 35.0 不可 60.0 S+ - 2100 - リロード不能、トリガーを押すと全弾発射、武器切り替えでキャンセル
32 ヒートブラスターG2 1500 60.0 90.0 不可 70.0 S+ - 5400 -
61 ヒートブラスターX 1200 60.0 300.0 不可 70.0 S+ - 18000 -
75 ヒートブラスターZ 1500 60.0 350.0 不可 90.0 S+ - 21000 -
LV 名称 弾数 連射速度
(発/sec)
ダメージ リロード
(sec)
射程距離
(m)
精度 ズーム倍率 PTFP TTFP 備考

ピックアップ兵器
  • ヒートブラスターZ
    INFであってもお構い無しに敵主力群を一瞬で消し炭にしていく超兵器。なぎ払うだけでレーダーが見る見る綺麗に。
    ヘクトルはろくに攻撃も出来ず一方的に踊らされて秒殺、キャリアは中身を投下するまでも無く撃沈され、降り立った蟻は悉く蒸発、蜘蛛は着地と同時に消滅する。
    航空戦力は苦手とするが、味方は対空戦にめっぽう強いので、味方を有効活用する。主力級も数匹であれば味方部隊で十分対応できるので、味方を上手く使うのがキモ。
    NORMALがクリアできる程度の腕があれば、2本挿しするだけで初めてINFに挑むミッションでも5個~10個ぐらいは楽に片付けられる。練習すればもっといける。
    欠点は射程が短いことが一つ。その短さ故、後半のミッションでは圧力に押し負けてしまうハメに。30番台まで来るとHPの関係もありかなり辛くなって来るためそのあたりで卒業か。
    もう一つは言わずもがな、リロードが出来ないことである。その為小出しにしなければならず、これもまた後半のミッションで卒業を余儀なくされる要員の一つ。
    だが、これが撃ち放題だったらまさしくバランスブレイカー、神器入りどころの騒ぎではなくなっていたであろう。
    • こう見えて実は各個撃破にこそ真価を発揮する。敵があまりにも多く群れている場合には掃射も有効だが、他の武器と同じく引き撃ちによる各個撃破をマスターすると、航空戦力と射程の問題を除き全ての敵にコレ一本で対応が可能になる。
    • ×クリア可能 ○対応可能 である点に注意。射程と弾数の都合上、常に照射し続けるわけにはいかないため、面で攻められると押し切られる為、大軍で攻められると限界がある。