第九次ダンゲロス

鬼灯あかり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼灯あかり/ほおずき -


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 一年生 提灯
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:頭の良さ】
15 0 11 3 1

特殊能力: 『提灯少女の鬼火(ウィルオウィスプ)』
効果:遠距離通常攻撃 60
効果付属:凄惨な死 10
範囲:周囲2マス一人 2
効果時間:一瞬 1

非消費制約:精神攻撃 100


効果値:
60*2*1=120

発動率計算:
(100-120+100)*(1+1*0.1)-10=78


能力発動率:78%
能力原理
----

キャラクター説明
眼鏡をかけ、常に目深に赤い頭巾を被り、手には提灯。
そんな時代錯誤の格好をした少女。
何故そんな格好をしているのかと言えば、生まれついての彼女はロービジョン(弱視)だから。
頭巾は目線を隠すため。流し目で機嫌悪そうに見えるそうなのである。
提灯は明度を一定に保つため。これがないと天気が悪い日には文字が見辛いのだ。
他にやりようはきっとあるのだろうが、まぁ魔人能力も相まってこの格好が一番落ち着くのだった。

こんな格好ではあるものの、本人は至って馬鹿。
魔人になったおかげで多少無茶しても大丈夫。電柱に頭をぶつけても痛くない。

「コレで男子のやってるサッカーにも参加できる、やったー」とか考えている。
もしぶつかったら、男子の側が無事では済まないのだが。

なお、彼女の提灯の中身は彼女の魔人能力の火の玉、いわゆる鬼火である。
本来は害はないのだが、そこは魔人能力。
精神の弱い者が見ると不審死を遂げるというジンクスがある。

 

 
添付ファイル