第九次ダンゲロス

緋千賀 路華


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緋千賀 路華(ひちか みちか)


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 二年生 死者の血判書(Pdfファイル)
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:怨嗟の導き】
12 5 5 3 5

特殊能力: SS(スカーレットストリート)
効果1: バリケード設置 25

タイプ: フィールド設置
範囲+対象:隣接1マス 1.7
時間: 1ターン 1

フィールド補正:2.0

非消費制約1: 武器を持っているキャラクターのみを対象とする※ 0.95
消費制約:攻撃力5消費 25

効果数値
25*1.7*2*1*0.95=80.75

発動率計算
(100-80.75+25)*(1+01.*8)=79.65

発動率:80%

※武器とは、一般的に見て武器と見なされるもの全般。刃物・銃器・鈍器など全て。

能力の対象となるキャラクター:
呉井 歳美
白星 つぐみ
御厨逆手
ダンゲロス子(第9次仕様)
目黒鈎介
快乱刹那
能力原理
対象となる場所で殺害された者の怨嗟の声を具現化し、血に濡れた道を作り出す能力。

武器を持った者はその道を出ることも入ることもできない。

キャラクター説明
国土地理院に就職を希望している『地図部』の2年生。

『人がどこで死ぬのか』に並々ならぬ関心を寄せており、希望崎学園のエリア別死亡者数を常に記録している。

現在の希望崎では毎日のように人死にが出るので、放課後はマッピングで大忙しである。

なぜ彼女が人の死んだ場所にこだわるのか?それは誰も知らないし、希望崎においてその程度の奇行には誰も関心を払わない。
『血の血判書』の原本は家に保管しており、普段はスマートフォンの中にPdfとして保存しているものを媒介として道を作る。
マップ作成もスマホのアプリ。