第九次ダンゲロス

津川しゃど美


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

津川しゃど美


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 二年生 素手
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:立体感】
0 0 5 5 20

特殊能力: 影の聖餐
効果:自軍フェイズの最初に使用することで、このターンいかなる方法でも体力ダメージが発生しなくなる 175
GK補足1 かならず自軍フェイズの最初に発動する事、これは制約ではなくこの効果がルールであるための処置です
GK補足2 この効果は敵味方ともに影響を受けます、これもルールを対象とするための処置であり制約ではありません
GK補足3:能力の制約による体力の減少は通常通り行われる
タイプ:特殊型
範囲+対象:ルール 1
時間:1ターン 1

非消 費制約:第3ターン目のみ使用可能 0.9

非消費制約:敵陣でしか使えない 0.9

消費制約:DP2消費 60

効果値:
175*1*1*0.9*0.9=141.75

発動率計算:
(100-141.75+60)*(1+0.1*20)≒55%

能力発動率:55%
能力原理
場に存在する自分以外のすべてを影化し、無害な存在に変える。
この能力使用中のみ、しゃど美は立体化し、他者とは逆に三次元存在になることができる。

なお、立体化したしゃど美の姿は黒い人間の塊のような状態である。

キャラクター説明
影しかない女子高生。
その特性から諜報能力をかわれてチームに勧誘されたが、
ことここに至っては諜報能力が介入する余地はない。
むやみやたらと強気で無鉄砲な性格であり、己のスペックを顧みず、
放っておくと勝手に敵陣へ乗り込み喧嘩を売ろうとする。
チーム最大のタカ派を自認する。

秘密拳法・シャドー柔術の使い手であり、対影戦闘では圧倒的な強さを誇る。
ただし、あくまでも影相手の格闘術のため、本体にはまったくダメージを与えられない。