第九次ダンゲロス

忍辺偽識


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忍辺 偽識/しののべ ぎしき


【性別】 【学年】 【所持武器】
男性 その他 スコップ
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:友人】
14 2 8 5 1

特殊能力: 『偽能 自殺幇助(Fantasy Assisted Questions)』
スタイル:アクティブ
タイプ:付与型
効果:なし 1

範囲+対象:MAP全体1人 3.0
時間:永続 2.0
時間付属:死亡非解除 1.2
時間付属:対象死亡非解除 1.1

制約なし 10


※能力原理によりタイプは付与型に属するものの、対象にバステが付与されず、対象への空撃ち不可能な効果。



効果 1*3*2*1.1*1.2=7.92
(100-7.92+10)*(1+0.1*1)≒112

発動率112%
能力原理
「効果:魔人化」として本来発現するはずだった能力に似た「ギ」能。
しかし『個』に自由な魔人化能力を与えることを『世界』が危険視したことと、
『世界』の魔人化プロセス(対象の「認識」をトリガーに対象を魔人化させる
後手カウンター能力)を100%誘発しうる技能を獲得していた事実が相まって
不完全な形で発現が停止している希少状態であり厳密には能力ではない。
ただし能力としての方向性が決定しているため対象の「性質変更」以外の能力が
発現する可能性は0であり、不可逆変化であることも既定されている。


「魔人化プロセスを100%誘発しうる技能とは」
手法は話術、鑑賞、食事、薬物etcと多種多様ではあるが無生物、存在し得ないモノ、
概念や「 」ですら魔人させるため、五感などに限定しない「特定」の刺激となる。

電話、TVなどを駆使すれば遠隔地での魔人の大量覚醒も可能。

キャラクター説明
希望崎学園における数少ない用務員であり、学園の雑務を一手に引き受ける
元執事及び忍び。食事、掃除、洗濯、修繕、悩み相談、請負人等、オカンに近い。
執事育成機関の先生曰く「出来ることは漫画キャラの方が制限がある」といい、
本人曰く「小国を堕とすとか小惑星の破壊が精一杯かな、大事はちょっと。」

男性としては小柄であり、中性的な顔立ち。
性格は世話焼き、お節介、面倒見が良いと言われ、動植物も無機物も愛でる。
趣味は畜産、農業、林業、工業であり、学園内の全存在の8割は彼の手が入っている。

魔人として半覚醒状態になった経緯としては、親友のバカ話での一言
「魔人になるぐらいなら自殺する」との発言を真に受け、魔人化し人為らざる
モノに覚醒してしまった親友に元に戻って欲しいという願望があったからである。
その結果魔人を元に戻す能力者を覚醒させるため、魔人化の技能の獲得に至った。

ちなみに親友は望んで女児のおしっこになっているため、人として死ねが本音であるが。