第九次ダンゲロス

早乙女 薫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

早乙女 薫/さおとめ かおる


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 一年生 素手
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:潜り抜けた修羅場の数】
0 0 8 4 18

特殊能力: 侠客立ち
効果:防御力+20 70
タイプ:付与型
範囲+対象:自分 0.75

時間:2ターン 1.5

制約なし 10

効果 70*0.75*1.5=78.75
(100-78.75+10)*(1+18*0.1)≒88%

能力発動率:88%
能力原理
通路をふさぐ形で仁王立ちになり、一切の攻撃を受け止める。
強大な精神力はそのまま身を守る鎧となり、命尽きるまで敵の進行を喰い止め続ける。
かつて早乙女家の先祖を命懸けで守り抜いた、一人の博徒の伝説を基にした能力である。

キャラクター説明
希望崎学園の1年生。

小柄な体格と可憐な顔立ちからは想像も出来ないが、某ヤクザの三代目組長である。

物静かながら任侠を重んじる性格故に人の道を外れた行いを見逃せず、度々トラブルに顔を突っ込んでは怪我をしている。

どんな形であれ暴力を振るう事を良しとせず、人並み外れた体力に物を言わせて敵の前に立ちふさがり、
どんなに攻撃を加えられようが一歩も退かず、ついには根負けさせて己の意思を押し通す。

その為全身の至る所に生々しい疵が刻まれているが、本人はあまり気にしていない。

コンプレックスは背が低い事と無口な為に友達があまり居ない事、
そして男らしく気風の良い性格のお陰で男性より女性にモテる事。
髪は黒のショートカットで、校則に準じた制服を着用する。趣味はぬいぐるみ収集、好物はオムライス。
一人称は「私」。

 

 
添付ファイル