第九次ダンゲロス

四ノ森空


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四ノ森 空/しのもり そら


【性別】 【学年】 【所持武器】
男性 三年生 壁への妄念
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:嫁への思い】
0 0 7 3 20

特殊能力: よめかべ!
効果1:壁侵入 45
タイプ:付与型
範囲+対象:同マス味方一人 1
時間:1ターン 1
非消費制約:男性のみ 0.8

効果2:強制移動(前方方向)1マス 45
タイプ:瞬間型
範囲+対象:同マス味方一人 1
時間:一瞬 1
非消費制約:男性のみ 0.8

消費制約:体力消費1 5

効果1 45*1*1*0.8=36
効果2 45*1*1*0.8=36

(100-(36+36)+5)*(1+0.1*20)=99

発動率99%
能力原理
壁を嫁にする能力。
壁は「壁」という概念を内包した嫁となる。
文字通りそれの姿形は嫁であり鷹宮可憐という名の美少女である。
嫁なので通行の邪魔にならない。
更に嫁は「ここにとどまっていると危ないです!死にます!」と忠告し前方に誘導してくれる。
なお嫁は四ノ森空と能力対象者にしか見えず、他の人にとってはただの壁である。
つまりこの能力は嫁を自慢するためだけにある。

キャラクター説明
しのもりそら。
「壁とはなんぞや」と5年ほど考え続けた結果「壁は嫁であるが嫁は壁ではない」という結論に至った18歳。
ごく一般的なスペックしか持ち合わせてないのに奇妙なきっかけで何故か複数の美少女と仲良くなれる才能を持っているにも関わらず壁と嫁のほうが大事なのでフラグは立ったそばからへし折っていく豪胆な男。。
嫁は病弱お嬢様系メガネっ子でチョロい。
断じて壁に欲情する変態ではない。

 

 
添付ファイル