第九次ダンゲロス

年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


AD2014・4:一般生徒・山之端一人の死亡により、第八次ダンゲロス・ハルマゲドン勃発。会長・乙無靴音率いる生徒会の勝利によって終結を迎えるが双方の陣営の間に深い禍根と傷跡を残す。
参照:第八次ダンゲロス

AD2014・6:学園内の上級生、通称『古参』と下級生、通称『新参』の間で生じた対立が学園の覇権を巡る戦いの儀式、『覇竜魔牙曇(ハルマゲドン)』に発展。多くの死傷者を出しつつも、突如として現れた転校生の介入もあり、『新参』陣営が勝利を収める。
参照:魁!ダンゲロス

AD2014・7:ガイドラインダンゲロス勃発。魔人能力の在り方を決定する上位存在『ガイドライン』の力によって導かれた戦士たちが生徒会と番長グループの名の元に衝突。血で血を洗う殲滅戦の末、生徒会長・狼少女マーヤ率いる生徒会が勝利を収める。
参考:ガイドラインダンゲロス

AD2014・8:学園内でモヒカン魔人による一般生徒への襲撃が立て続けに勃発。希望崎学園は一年近くに渡り、後に『TOUGH BOY達の九ヶ月』と呼ばれる無法の暗黒時代に突入する。

AD2015・5:新一年生・大銀河超一郎とその仲間たちによって組織された『希望崎自警団』の活躍によりモヒカン勢力は衰退。各勢力の主要魔人も学園地下の自習室に封印され『TOUGH BOY達の九ヶ月』は終わりを迎える。

AD2015・6:大銀河超一郎の仲立ちにより生徒会と番長グループの和睦が成立。それに伴い新生徒会長、新番長が一般生徒からの投票による総選挙で決定される。

AD2015・8:学園の新たなシンボルとして高さ30mにも及ぶ希望崎大時計塔が建立。

AD2016・4:翠葉太郎、希望崎学園に入学。

AD2016・10:文化祭の希望崎ミスコンにおいて月読十萌が優勝。『ミス・ダンゲロス』の栄冠を射止める。

AD2016・12:生徒会と番長グループの尽力により学内の年間校則違反率が過去最低を記録。

AD2017・5:大時計塔最上階において大銀河超一郎をはじめとする『希望崎自警団』主要メンバーと『仮面の13人』・巳土里羊太朗が交戦。自警団側の魔人は全員が死亡。リーダーの大銀河も行方不明となる。

AD2017・6:生徒会を名乗る数名の魔人によって調理実習中の番長グループメンバー襲撃『家庭科室事変』勃発。その後、数名の死傷者を出した番長グループ一味の生徒会に対する連続報復活動『体育館裏の報復』が多発する。

AD2017・7:第九次ダンゲロス・ハルマゲドン開戦。