第九次ダンゲロス

白星つぐみ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白星 つぐみ/しらほし -


【性別】 【学年】 【所持武器】
無性 その他 日本刀 (銘: 六姫)
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:インターネット依存度】
16 0 3 3 8

特殊能力: 雄弁は黒 沈黙は白 (リトル マーメイド)
効果:遠距離通常攻撃 60
範囲+対象:MAP全体敵1人 3
時間: 一瞬 1
非消費制約1:敵シークレットにのみ有効 0.7
非消費制約2:同マスにリーダー(自分以外)がいないと使えない(敵対象) 0.95
消費制約:自分死亡 55
効果付属:凄惨な死 10
時間付属:なし
効果値:
60*3**0.7*0.95=119.7
発動率計算:
(100-119.7+55)*(1+8*0.1)-10=53.54

発動率:54%
能力原理
術者が「他人に肉声を聞かれてはならない」という制約を1日以上満たし続けている場合に限り、心理・情景描写の視点が術者の敵方に固定される能力。
描写視点の固定自体は無意味な効果であるが、「実行に先だって高位視点(読者)に明かされた作戦は決して円滑に運ばない」という不文律により、実質的に「敵方の作戦を都合よく看破・回避し撃退する能力」として作用する。
術者はこの能力を「喋らなければ幸運に恵まれる能力」であると認識しており、そのため常日頃から努力して沈黙を心がけている。

キャラクター説明
和服を好んで纏う長身痩躯の女の子。
色素の薄いセミロングの髪と糸のように細長い眼が印象的。
腰に帯びた日本刀を武器としており、その扱いは流派不明ながらも流れ落ちる水のようなしなやかさを持ち、確かな技術と実力を感じさせる。
浮世離れした涼やかな挙動と風貌が沈黙と合わさることで一種の近寄りがたい雰囲気を醸し出している。
能力の性質上人前で肉声を発せないため日常的に接する集団からは基本的に孤立しがちだが、本来はひとなつっこい性格で、できることなら皆との他愛のないお喋りや交流に興じたいと考えている。
その寂しさを埋めるため、おうちに帰った後は複数のSNSや複合巨大掲示板群や視聴者参加型の動画投稿サイトやオンラインゲームなどを活用し、巧みに素性がバレないように立ちまわりながら、交流を謳歌している。