Tips - TECHNIKA1からの変更点

モードの名称

Lite Mixing(3ライン)⇒Star Mixing
Pop Mixing⇒変更無し
Technical Mixing(4曲遊べるコース)⇒Club Mixing
に加え、

Duo Mixing(2人で遊ぶモード)
CREW RACE(プレイヤーが作成した3曲セットを遊ぶモード)
が追加されました。

譜面(パターン)の名称

全て4ラインのPop Mixingでの名称です。
Pop Mixingにて初期状態で遊べる譜面…PP
Technical Mixingで遊べる難しい譜面…TP
Platinum Crewモード内のSpecialカテゴリ…SP

だったのが、
NM、HD、MXの3つになります。
それに伴い、PPより簡単なTPが存在していた譜面はこの仕様変更で順番が異なりました。

例) SSSS PP⇒SSSS HD
SSSS TP(Cotton Candyコースで遊べる譜面)⇒SSSS NM

スコアシステム

T1ではコンボ数に比例して1譜面の理論値が異なりましたが、
T2では一律300000点になります。

)T1でのFirst Kiss PP ⇒50,894点 (146コンボ)
T2でのFirst Kiss NM(PP) ⇒300,000点 (146コンボ)

T1でのThor TP ⇒358,322点 (944コンボ)
T2でのThor HD(TP)⇒300,000点 (944コンボ)

他にも大幅に変更点があるので、詳しくはスコアシステムをご覧ください。

MAX判定

T1では同じMAX表記でも内部で3つの判定があったのが、
T2からは緑色のMAX、虹色のMAXの2種類になりました。

プレイ中の画面右上のボタン

T1では『BGM BOOST(叩いて鳴る音以外を大きくする)』『KEY BOOST(叩いて鳴る音を大きくする』2つのボタンがありましたが、
T2では、これらが廃止され代わりに『FEVER』ボタンになっています。

FEVERシステムについてはスコアシステムに記載されています。

削除要素

  • JBG (PopMixing1曲目に PP 、Core Soundに TP )
  • Para Q (Core Soundに TP 、韓国版ではスクロール半分が PP としてWR限定)

これらの削除に伴いClub MixingのCore Soundコースも削除になりました。
Randomizerもスコアシステム変更に伴い削除されました(T3で復活)

譜面変更

曲名 変更前 T1該当譜面 変更後 T2該当譜面 変更箇所
Area 7 TP HD 後半の黄色ホールドがリピートホールドノートに変更
Area 7 SP MX ・中盤突入直前の上段で、一箇所だけ黄色なぞりのはずが青いホールドになっていたのを黄色なぞりに変更
・後半の黄色ホールドがリピートホールドノートに変更(TP/HD同様)
Love Mode SP MX 最後のピンクノートが下段D列から上段D列に変更
Ladymade Star SP (Mission 31) MX T2で削除になり、SP5で遊べるスクロール速度半分のSPになりました。
Beyond the Future LP NM 韓国版ChampionShip専用譜面で当時のLiteは4ライン譜面でしたが、それをベースにノート数が減りました。
Beyond the Future SP HD スクロール速度が半分になりました。(韓国版 PP譜面 と同様になりました)
Beyond the Future TP MX 後半のA列リピートノートとD列ホールドノートがA列とC列に変更になりました。
CLOSER TP HD ホールド押しながらのピンクノート4つが、2つ減った
Jupiter Driving SP HD 全体通して大幅に変更されました。
Fermion SP HD SPをベースに一部の箇所が変更されました。
HEXAD SP HD 曲中盤の長いホールド突入寸前の停止が無くなりました。
The Last Dance TP HD サビ前のレッツトラーイの下段なぞりが1回だけ下方向へと向きが変更
Y SP MX ・曲後半のサビからホールド+ドラッグノートの組み合わせが、ホールド同士、後にドラッグノート同士とPPが寸づまったような展開になっています。
・中盤ギターソロのチェイン3つの3連符の手前にピンクがあったところをT2ではチェインで繋がって4つになっています。
・最後2つのドラッグノートがホールドノートに変わり、B列の終点がC列の終点まで伸びています。
Your Own Miracle TP HD 2回目のリピート2連地帯の直前、ドラッグノートがピンクノートになりました。
SuperSonic SP MX 途中の小節にあるピンクがチェインノートになりました。
Sweet Shining Shooting Star SP MX 日本版でのバグ譜面が正常の物になりました。


追加譜面

・Special 16(T1日本版での未収録)からの追加
曲名 難易度 レベル 備考
The Last Dance MX 7
Remember MX 7
PDM MX 8
・T2新規譜面
曲名 難易度 レベル 備考
Forever HD 6
Ready Now MX 8
Melody MX 8
Fermion HD 10 SPをベース にHDへと譜面変更

T2新規譜面は隠し譜面扱いとなり、ショップで買うと遊べます。

エフェクター (オプション)

MAX POINTを消費してエフェクターが使えるT1でしたが、
T2からはMAX POINTを消費しなくなりました(カード使用時のみオプションが使えます)。

Randomオプションは廃止されました。
Random付けるならT1がネットに繋がっている今のうちです。

Club Mixing(Technical Mixing)仕様変更

T1では各コース、7曲の中から3曲を選んで、MAX率により4曲目は分岐しましたが、
T2では6曲の中から3曲を選んで、選んだ曲によって4曲目が分岐するようになりました。

一律300000点に伴い、7曲ある中のコンボ数が多い3曲+4曲目のどちらかを理論値曲としてランキングになっていたのが、
コース内6曲全部+上位曲と下位曲の2曲=8曲全部がスコア対象となりランキングになります。

4曲目の条件がMAX率では無くなったため、3曲目までに調整して4曲目を下分岐で出す概念が無くなります。

リピートノート(紫ノート)仕様変更

リピートノートを押しっぱなしにして、リピートノート以外の場所を叩くとリピートノートが反応してコンボが繋がる、通称紫バグが、
T2からはリピートノートと同じタイミングに他のノートがあったら、反応するようになりました。

Area 7 PPの曲後半のリピートノート単体は紫バグで取るとBREAKになります。

リピートホールドノート (紫ノート)

リピートノートに押しっぱなしの要素が追加されたノートです。
仕組みは青いホールドノートと同様。

T1からのArea 7 TP/SP (HD/MX)の後半にあったドラッグノートがリピートホールドノートへと変更になっています。


  • コメント
  • 譜面の変更点ですが、Y(SP)ラストのドラッグもホールドに変わってますね。 -- 名無しさん (2012-06-18 12:27:25)
  • 遅くなりましたが反映しました。ありがとうございます。 -- 名無しさん (2012-09-08 03:13:17)
名前:
コメント: