※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「T1からの変更点」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

T1からの変更点」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 Tips - TECHNIKA1からの変更点
 
 *モードの名称
 Lite Mixing(3ライン)⇒Star Mixing
 Pop Mixing⇒変更無し
 Technical Mixing(4曲遊べるコース)⇒Club Mixing
 に加え、
 
 Duo Mixing(2人で遊ぶモード)
 CREW RACE(プレイヤーが作成した3曲セットを遊ぶモード)
 が追加されました。
 
 *譜面(パターン)の名称
 全て4ラインのPop Mixingでの名称です。
 Pop Mixingにて初期状態で遊べる譜面…PP
 Technical Mixingで遊べる難しい譜面…TP
 Platinum Crewモード内のSpecialカテゴリ…SP
 
 だったのが、
 NM、HD、MXの3つになります。
 それに伴い、PPより簡単なTPが存在していた譜面はこの仕様変更で順番が異なりました。
 
 &bold(){例)}SSSS PP⇒SSSS HD
 SSSS TP(Cotton Candyコースで遊べる譜面)⇒SSSS NM
 
 *スコアシステム
 T1ではコンボ数に比例して1譜面の理論値が異なりましたが、
 T2では一律300000点になります。
 
 &bold(){例})T1でのFirst Kiss PP ⇒50,894点 (146コンボ)
 T2でのFirst Kiss NM(PP) ⇒300,000点 (146コンボ)
 
 T1でのThor TP ⇒358,322点 (944コンボ)
 T2でのThor HD(TP)⇒300,000点 (944コンボ)
 
 他にも大幅に変更点があるので、詳しくは[[スコアシステム]]をご覧ください。
 
 *MAX判定
 T1では同じMAX表記でも内部で3つの判定があったのが、
 T2からは緑色のMAX、虹色のMAXの2種類になりました。
 
 *プレイ中の画面右上のボタン
 T1では『BGM BOOST(叩いて鳴る音以外を大きくする)』『KEY BOOST(叩いて鳴る音を大きくする』2つのボタンがありましたが、
 T2では、これらが廃止され代わりに『FEVER』ボタンになっています。
 
 FEVERシステムについては[[スコアシステム]]に記載されています。
 
 *削除要素
 ・&bold(){JBG} (PopMixing1曲目に[[PP>http://www.youtube.com/watch?v=iNP9dYd58ew]]、Core Soundに[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=wcTWTqTBo_s]])
 ・&bold(){Para Q} (Core Soundに[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=su5bhdM3NAk]]、韓国版ではスクロール半分が[[PP>http://www.youtube.com/watch?v=rKOHz6bCqmQ]]としてWR限定)
 
 これらの削除に伴いClub MixingのCore Soundコースも削除になりました。
 Randomizerもスコアシステム変更に伴い削除されました(T3で復活)
 
 *譜面変更
 |曲名|変更前 T1該当譜面|変更後 T2該当譜面|変更箇所|
 |[[Area 7]]|BGCOLOR(#9cf):[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=qaWUlsKO2GA#t=1m06s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=iKxdUWC4dBk#t=1m06s]]|後半の黄色ホールドがリピートホールドノートに変更|
 |[[Area 7]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=Bvy42X-i-1w#t=0m37s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=3Lph2duEZUo#t=0m41s]]|・中盤突入直前の上段で、一箇所だけ黄色なぞりのはずが青いホールドになっていたのを黄色なぞりに変更&br()・後半の黄色ホールドがリピートホールドノートに変更(TP/HD同様)|
 |[[Love Mode]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=Mft-O21N1xI#t=1m38s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=Mw8RKF6Kj_8#t=1m48s]]|最後のピンクノートが下段D列から上段D列に変更|
 |[[Ladymade Star]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP (Mission 31)>http://www.youtube.com/watch?v=_7WB1uXuz0w#t=1m58s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=L_beQVCLJc4]]|T2で削除になり、SP5で遊べるスクロール速度半分のSPになりました。|
 |[[Beyond the Future]]|BGCOLOR(#cfc):[[LP>http://www.youtube.com/watch?v=2X1d0wTOHJQ]]|BGCOLOR(#ffc):[[NM>http://www.youtube.com/watch?v=cdesuxdp0m0]]|韓国版ChampionShip専用譜面で当時のLiteは4ライン譜面でしたが、それをベースにノート数が減りました。|
 |[[Beyond the Future]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=XWxgZwRX3MM]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=T44oyOgBQFQ]]|スクロール速度が半分になりました。(韓国版[[PP譜面>http://www.youtube.com/watch?v=s6APotQJlGI]]と同様になりました)|
 |[[Beyond the Future]]|BGCOLOR(#9cf):[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=hO06LY_3ceU#t=1m32s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=NRATQvbnvek#t=1m35s]]|後半のA列リピートノートとD列ホールドノートがA列とC列に変更になりました。|
 |[[CLOSER]]|BGCOLOR(#9cf):[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=0oLWnIqThkE#t=0m49s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=-2JUqOt1PoM#t=0m49s]]|ホールド押しながらのピンクノート4つが、2つ減った|
 |[[Jupiter Driving]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=lN3KQSqLCdo]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=_AUPAe1Lpq8]]|全体通して大幅に変更されました。|
 |[[Fermion]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=1kf5fk-g4f8#t=1m33s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=mmbO2HzfIu8#t=1m44s]]|SPをベースに一部の箇所が変更されました。|
 |[[HEXAD]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=XXPDd4gu7aY#t=0m48s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=xZLPSWYrEeI#t=1m0s]]|曲中盤の長いホールド突入寸前の停止が無くなりました。|
 |[[The Last Dance]]|BGCOLOR(#9cf):[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=TDm5NSNMws0#t=0m56s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=5ilKlbkU9DY#t=1m04s]]|サビ前のレッツトラーイの下段なぞりが1回だけ下方向へと向きが変更|
 |[[Y]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=Hyho1UoflEM#t=1m33s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=KgKyJZZIqKU#t=1m28s]]|・曲後半のサビからホールド+ドラッグノートの組み合わせが、ホールド同士、後にドラッグノート同士とPPが寸づまったような展開になっています。&br()・中盤ギターソロのチェイン3つの3連符の手前にピンクがあったところをT2ではチェインで繋がって4つになっています。&br()・最後2つのドラッグノートがホールドノートに変わり、B列の終点がC列の終点まで伸びています。|
+|[[Your Own Miracle]]|BGCOLOR(#9cf):[[TP>http://www.youtube.com/watch?v=jSLvmP5MbzQ#t=1m11s]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=iCC9ZjEtlrE#t=1m21s]]|2回目のリピート2連地帯の直前、ドラッグノートがピンクノートになりました。|
 |[[SuperSonic]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=m1zRbQwVjcw#t=0m53s]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=mJU1yqektqU#t=1m0s]]|途中の小節にあるピンクがチェインノートになりました。|
 |[[Sweet Shining Shooting Star]]|BGCOLOR(#fcc):[[SP>http://www.youtube.com/watch?v=MyQKPyz2684]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=Psj_fXFSGUE#t=1m26s]]|日本版でのバグ譜面が正常の物になりました。|
 
 
 *追加譜面
 &bold(){・Special 16(T1日本版での未収録)からの追加}
 |曲名|難易度|レベル|備考|
 |[[The Last Dance]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=WFqrFFZ1b94]]|7||
 |[[Remember]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=GyVqUcMk8es]]|7||
 |[[PDM]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=0WSHzQf63vA]]|8||
 &bold(){・T2新規譜面}
 |曲名|難易度|レベル|備考|
 |[[Forever]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=5RpDD6rMPjw]]|6||
 |[[Ready Now]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=WFqrFFZ1b94]]|8||
 |[[Melody]]|BGCOLOR(#fcc):[[MX>http://www.youtube.com/watch?v=d2oigUGuwkU]]|8||
 |[[Fermion]]|BGCOLOR(#9cf):[[HD>http://www.youtube.com/watch?v=mmbO2HzfIu8]]|10|[[SPをベース>http://www.youtube.com/watch?v=lY7X-SWpbZg]]にHDへと譜面変更|
 
 T2新規譜面は隠し譜面扱いとなり、ショップで買うと遊べます。
 
 *エフェクター (オプション)
 MAX POINTを消費してエフェクターが使えるT1でしたが、
 T2からはMAX POINTを消費しなくなりました(カード使用時のみオプションが使えます)。
 
 Randomオプションは廃止されました。
 Random付けるならT1がネットに繋がっている今のうちです。
 
 *Club Mixing(Technical Mixing)仕様変更
 T1では各コース、7曲の中から3曲を選んで、MAX率により4曲目は分岐しましたが、
 T2では6曲の中から3曲を選んで、選んだ曲によって4曲目が分岐するようになりました。
 
 一律300000点に伴い、7曲ある中のコンボ数が多い3曲+4曲目のどちらかを理論値曲としてランキングになっていたのが、
 コース内6曲全部+上位曲と下位曲の2曲=8曲全部がスコア対象となりランキングになります。
 
 4曲目の条件がMAX率では無くなったため、3曲目までに調整して4曲目を下分岐で出す概念が無くなります。
 
 *リピートノート(紫ノート)仕様変更
 リピートノートを押しっぱなしにして、リピートノート以外の場所を叩くとリピートノートが反応してコンボが繋がる、通称紫バグが、
 T2からはリピートノートと同じタイミングに他のノートがあったら、反応するようになりました。
 
 Area 7 PPの曲後半のリピートノート単体は紫バグで取るとBREAKになります。
 
 *リピートホールドノート (紫ノート)
 リピートノートに押しっぱなしの要素が追加されたノートです。
 仕組みは青いホールドノートと同様。
 
 T1からのArea 7 TP/SP (HD/MX)の後半にあったドラッグノートがリピートホールドノートへと変更になっています。
 
 ----
 -コメント
 - 譜面の変更点ですが、Y(SP)ラストのドラッグもホールドに変わってますね。  -- 名無しさん  (2012-06-18 12:27:25)
 - 遅くなりましたが反映しました。ありがとうございます。  -- 名無しさん  (2012-09-08 03:13:17)
 #comment