ケース類


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケース参考画像の紹介。このケースはこんなケースだ、ってのが分かってくれれば幸いです。

DETOLF

DETOLFとは、世界最大の家具販売店「IKEA」が販売するディスプレイ家具。→ 公式ページ
商品単価¥6,990 配送エリア内であれば送料¥2,990と大きさの割には安価だ。

萌えフィギュアを飾ると、こんな感じになる。

部屋に置くとこんな感じ。あまり圧迫感はない。

IKEAで売っている照明「DIODER」を取り付けた例。この場合DIODERは2パッケージ必要。

中身の大きさ的には1クールのアニメ物を飾り付けるのにちょうど良いくらい。

扉とケース本体の間に隙間があるので、ホコリの侵入を嫌ってテープ等で隙間を埋める人もいる。


JAJAN

JAJANとは、耐震家具専門店JAJAN(http://jajan.co.jp/)で販売されているディスプレイ家具。

棚数を自由に増やしたり移動したりできるので、特に小型フィギュア等の大量陳列に向いている。
ただし、DETOLFと同じく隙間があるので内部にホコリが入ってくるのは難点。

棚数を減らせば、通常のスケールフィギュアの収納も問題ない。
背面ミラー等のオプションが豊富なのもポイントだ。

最近になって、ワイドタイプも販売されるようになった。お値段は3万円程度。
高さ約180cm、横幅約84cmと大きさだけなら10万円近い超ブキヤケースに匹敵する。

収納力だけなら全ケース中最高容量であろう。
その為か、登場後レビューが相次ぐほどにスレでの人気ケースとなった。

見栄えは値段相応というべきか。
決して良くはないけど、この値段なら上出来じゃね、って声が多い。


プレステージ

35,000円程度で購入できる、ケーススレ的には中堅レベルのガラスショーケース
「プレステージ ケース」でググればレビュー記事がいくつか出てきます。

シンプルなケースなので、部屋に置きやすいのがポイントか。
ただ現在は3万円弱でこれより大きいJAJANワイドタイプが購入できるので、そちらに客を取られた印象も。

奥行はDETOLF等とほぼ同じ。ちなみに右のケースはIKEAのKLINGSBO


ブキヤケース

フィギュアやプラモでは大手のメーカー、コトブキヤ(http://www.kotobukiya.co.jp/kotobukiyashop/)で取り扱っている大型ガラスケース
小型タイプでも3万円、画像の大型で65,000円、超大型タイプで97,000円と今まで紹介したケースの中では圧倒的に値段が高い。

値段が高いだけあって作りの良さは抜群。
主に収納力より見栄えの良さを重視する人に向いている。収納力だけならJAJANワイドタイプならこれより大きくて半額以下だ。

小型のブキヤケース。小型と言っても横60cm×高さ90cm×奥行35cmなので結構大きい。

背面がミラーなので照明には注意が必要。
何も考え無しにLED照明を内部に取り付けると、背面ミラーの反射でLEDの光が天の川のようになってしまう。


その他

コレクションボードやキュリオケースと呼ばれる類のケース。
現在ケーススレでよく見かけるのはsepiyaの大型ケースで23,000円程度と比較的安価。

品質は値段相応か。ケーススレでは不評なレビューが結構多い。

熱帯植物を育てる温室をフィギュアケースに流用したもの。
安価ではあるが、そのままだと支柱で見栄えが悪い。

支柱を抜く改造を行うと見栄えが改善される、が、
それによるトラブルも考えられるので推奨はしない。

新型の温室であれば、前部の支柱がないので改造の必要はない。