レヴァンティア・ゲヴェア・ミルツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レヴァンティア・ゲヴェア・ミルツ


HD:d6


クラス技能

軽業、はったり、製作、知識:別々に取ること、聞き耳、視認、職能、騎乗、生存、威圧、自己催眠、精神集中、手先の早業、水泳、登攀、動物使い、治療、威圧、隠れ身、忍び足

技能ポイント: 4+知力修正値

武器習熟

レヴァンティア・ゲヴェア・ミルツ(以下LGM)は全ての単純武器と、軽装鎧、に加え、ロングソード、ファルシオン、全ての火器に習熟している。

徴兵制

LGMはクラスレベル1の時点で《武器熟練:ロングソード》、《武器熟練:ファルシオン》、《特殊武器熟練:火器のいずれか》から1つを選択して得る事ができる。

銃匠(変則)

銃匠道具を利用できる場合、火器を製作および修復し、すべての種類の火器のブリットを製作し、さらに黒色火薬を調合できる。火器および矢弾を製作するか、火器を修復するにあたり、〈製作〉判定を必要としない。

火器の製作: その火器の価格の半分に等しい原材料費によっていかなる火器も製作することができる。

矢弾の製作: その価格の10%に等しい原材料費によってブリット、ペレッツ、および黒色火薬を製作することができる。最低1ランクの〈製作:錬金術〉を修得している場合、そのカートリッジの価格の半分の原材料費によって錬金術カートリッジを製作することができる。

軽快(変則)

2レベル以降、LGMは軽装鎧を着用しているか鎧を着用していないとき+1回避ボーナスを得る。何らかの理由で アーマー・クラス への【敏捷力】ボーナスを失っている場合、LGMはこの回避ボーナスも失う。このボーナスは2レベルを超える4レベルごとに+1増加する(20レベル時に最大+5)。

銃修練(変則)

2レベル以降、LGMは(アックス・マスケット、ブランダーバス、マスケット、あるいはピストルのような)特定の種類の火器1つを選択できる。LGMはその種類の火器の射撃時にダメージ・ロールに自身の【敏捷力】修正値に等しいボーナスを得る。

以降の5レベルごとに(7、12、および17レベル)、ガンスリンガーは異なる種類の火器を選択し、同様にそれらの種類にもこれらのボーナスを得る。

早抜き(変則)

銃修練のクラス能力によって修練済みの火器を構えるときに早抜き特技を持っているかのように構えることが出来る。

サイオニック集束

LGMは1日にLGMのクラスレベルの半分+魅力修正値の分のサイオニック集束回数を得る。

Utility(変則)

4レベル以降、LGMは自らを戦場で有効活用する術を体得する。また、サイオニック能力の有用性を開発し、サイオニック集束による独自の戦闘法を使いこなす。
そして、以降4レベル毎に、新たなUtility能力を1つ獲得する。

  • 銃剣術(変則)
+ ...
  • 先手必勝(変則)
+ ...
  • Startling Shot(変則)
+ ...
  • Silent Shot(変則)
+ ...
  • リロードの妙技(変則)
+ ...
  • 貫通弾(変則)
+ ...
  • Evasive(変則)
+ ...
  • Eagle Eye(変則)
+ ...
  • 死の一射(変則)
+ ...
  • 朦朧化射撃(変則)
+ ...

Uncanny Bullet(擬似サイオニック能力)

5レベル以降、LGMは、サイオニック集束している間、全力攻撃の過程として、銃修練により修練済みの火器を用いて、特殊な狙撃を行うことが出来るようになる。
この攻撃はほとんどの遮蔽を無効化する(跳弾させる。もしくは弾道を曲げるなど)、力場でできた弾を飛ばす。
この銃弾のダメージは1発につき、本来のダメージに魅力修正値を加えたものになる。
ただし、この能力を使用する時、火器が既に装填されてた場合、最初の1発目にはダメージに魅力修正値を加えることはできない。
この能力によって発射された銃弾は、ヌルサイオニックエリアを通過できない。

Near by Death

8レベル以降、LGMは隣接している敵を標的にした、銃修練により修練済みの火器による射撃において、その対象から機会攻撃を誘発しない。

Auto Load(擬似サイオニック能力)

9レベル以降、1日に1回、この能力を使用できるようになる。ただし、この能力を使用するには、最低1回以上、サイオニック集束回数が残っていなければならない。
Auto Loadを使用するとき、1つの火器を選択する。選択した火器をLGMが使用して、銃身が空になると、自動的に力場の弾が装填される。この弾によるダメージは変わらない。
この効果は1+魅力修正値分の弾を装填するか、LGMが眠ったりなどで意識を失うと終了する。
13レベルになると1日に2回使えるようになる。
この能力によって装填された銃弾は、ヌルサイオニックエリアを通過できない。

Bloody Rainy Day(擬似サイオニック能力)

11レベルになったLGMは、1日に1度、全ラウンドアクションにより、銃修練により修練済みの火器で、射程範囲にいるクリーチャー全てに、力場で出来た弾による全力攻撃をすることができる。ただし、この能力を使用するには、最低1回以上、サイオニック集束回数が残っていなければならない。
この攻撃は無視界戦闘の特技を持っているかのように攻撃できるが、狙うことが出来るのは場所が明確にわかっている対象のみである。
この銃弾のダメージは1発につき、本来のダメージに魅力修正値を加えたものになる。
ただし、この能力を使用する時、火器が既に装填されてた場合、最初の1発目にはダメージに魅力修正値を加えることはできない。
この能力によって発射された銃弾は、ヌルサイオニックエリアを通過できない。
更に15レベルになると射程範囲の選択した対象にのみBloody Rainy Dayを使用できるようになる。
そして19レベルになると、この能力はBloody Stormy Dayへと強化され、今までの効果に加えて、攻撃がUncanny Bulletの様に遮蔽を無効化するようになる。

Emperor Time(超常)

17レベルになると、LGMは1日1度、魅力修正値+2につき1ラウンドの間、Emperor Timeに入り、自身にタイムストップがかけられたかのように行動できる。
Emperor Time中の攻撃は、魅力修正値をダメージロールに加えることができる。
Emperor Timeが終ると、LGMは過労状態(移動速度半減、筋力と敏捷力-6)になる。これは超常能力として扱う。
20レベルになれば、もはやEmperor Time後の過労を感じることはなくなる。

赤鉄の掟

陣営地を累計で-6低下させたLGMは軍内の権限をすべて剥奪されると共に、LGMのクラスレベルを上昇させることができなくなる。パラディン等とは違い、元LGMはクラス能力を失うことはない。ただ、それ以上クラスレベルを上げることができないだけである。これは軍法会議によって出された処罰を受け、再度軍の上層部に認可されることで解消される可能性がある。
しかし、再度この掟を破った場合は、2度と解消されることはなくなるほか、処刑される可能性も出てくる。

成長表

+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。