プラマコス・パラリア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名:プラマコス・パラリア (愛称:マコス) (PC:濱頭慎人)

種族: 人間
性別: 男
生年月日: 5998年7月28日
サイズ: 中型  身長: 160cm  体重: 55kg  眼: 黒  髪: 黒  肌: 肌色
身体的特徴:
神格:
適性:レンジャー3、ファイター1  CL:4
属性: 中立にして善
言語: ヤファール語、クルー語
所属陣営: 無

HP :=(D+×):Min Max  移動速度: 30フィート  イニシアチブ:3 ±
AC:17 =3+4(鎧)  立ちすくみ:14   接触:13

17 16 17 9 16 15
3 +3 +3 -1 +3 +2
容姿/14

頑健  |反応 |意志  |
8=5+3|6=3+3|4=1+3|

基本攻撃ボーナス: +4  近接: +7  遠隔: +7
組み付き修正:8 =4+(筋)4+(サイズ)

名称|命中|ダメージ|クリティカル領域|射程|
武器1:バスターソード|8=4+4-2+1+1|1d8+4|19~20/×2|―|
武器2:バスターソード|8=4+4-2+1+1|1d8+2|19~20/×2|―|
武器3:コンボジットロングボウ|7=3+3|1d8+0|×3|―|

防具|ボーナス|判定ペナルティ|移動速度|重量|
チェインシャツ|+4|-|

ー技能ー  ポイント=×+×
生存+10=7+3 動物使い+10=7+3 登攀+10=7+3 
ー特技ー

二刀流
大刀二刀流
強化版追加hp
特殊武器習熟(バスターソード) 
武器熟練(バスターソード)
追跡
持久力

ー特殊能力ー

得意な敵(人間)
持久力
追跡
戦闘スタイル(二刀流)

ー家族構成ー
父:プラスルード・パラリア
母:ナチア・パラリア
長女: プラチナ・パラリア
長男:本人
次男: プラミコス・パラリア
次女(双子): ミモル・パラリア
三女(双子):メモル・パラリア


ー背景ー
5998年:ジルハ村で貧乏な家に生まれる。
6007年:両親がキーフェロアル海峡で海難事故にあって行方不明、恐らくは両者共に死亡。以降、姉が村の宿屋でお手伝いしながら兄弟たちを養う。
6008年:10歳。姉のおかげでスクスクと育ち、同い年のドルトフ・ウェーデンと仲良くなる。そして、父から剣を習うドルトフが羨ましくなり、ふてくされていたら村のスカウトのが遊び半分で鍛えてくれた。
6012年5月26日:ドルトフの兄の死の知らせと同時に、尊敬していたエルドロンの死の知らせを聞く。絶望にくれる。
6012年5月27日:家族のために剣をとった親友のドルトフを見て、自分はどうすべきか考えたあげく、彼から習った技で敵を討つことを心に誓い、今、ドルトフと共に村を去る。

ー性格分析(能力)ー
筋力:彼の能力は平均的に高いが、その中でも抜きん出ているのが筋力である。これは、彼の振るう2本のバスターソードを、正確に目標に当てるために鍛えられたものである。
敏捷力:これは、小さい頃からジルハ村周囲の森で駆け回って備わった基礎を、亡き師匠によって精錬された。
耐久力:彼の年齢と体格からは想像出来ない耐久力の持ち主である。これは、血の成せる業か、信念による物か定かではない。
知力:他の能力値を見るとどうしても低く感じてしまうが、一般人から見れば14歳の少年の知力ではない。職業柄必要な能力な為、必死な努力が伺える。
判断力:やはりこれは、オッチョコチョイなドルトフ・ウェーデンとつるんでいた時に自分を守る術として身についたのだろう。
魅力:これは、復讐という名の信念からあふれ出てくる値なのかもしれない。
容姿:

ー性格分析(神格)ー

ー性格分析(属性)ー

ー成長方針ー

ープレイングガイドー
行動理念:人が困っているのを放ってはおけないが、自分の力の無さを知っている為、自分の周りにいる人だけでも助ける。
会話傾向:普段は物静かだが、ドルトフに対してはズバズバと核心を突く言葉を放つ
戦闘傾向:親友の背中を守る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。