ジルハの悲劇


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6012年5月25日:無謀な冒険者達が、国も手を焼く賞金首に挑み、あっさり返り討ちにされた事件。とは言え、この事件自体は地元のジルハ村で話題になっただけで、ガーウェン市を含め、その他の地域では話題にすら上らない。なぜなら、世界のあちこちでは比較的によくある話だから。

…しかし、地元で話題になったのは、犠牲者の大半が地元出身の若者達だったからである。人口50人程の村で、将来を期待されていた者達が一度にたくさん亡くなったのだ。この事件は、あの村で暮らす者達にとって拭い難く痛ましい記憶として、語り継がれて行くだろう。

                        「ガーウェン・タイムス、三面記事より抜粋」


死者達の冥福を祈る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。