ドルトフ・ウェーデン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名: ドルトフ・ウェーデン(死亡)  (元PC:加藤泰)

種族: 人間
性別:
生年月日: 5998年9月12日
サイズ: 中型  身長: 163cm  体重: 64kg  眼: 黒  髪: 茶  肌: 褐色
身体的特徴:
神格:
適性: ファイター4  CL:4
属性: 中立にして善
言語: ヤファール語クルー語
所属陣営:

HP :42=(D+×):Min Max  移動速度:30 フィート  イニシアチブ:
AC:17 =10+5+2(鎧)  立ちすくみ:15   接触:13

18 14 18 13 10 7
+4 +2 +4 +1
容姿/14

頑健 反応 意志
8=4+4 3=1+2 1=1+0

基本攻撃ボーナス: +4  近接: +5  遠隔: +4
組み付き修正: =4+4(筋)(サイズ)

名称 命中 ダメージ クリティカル領域 射程
武器1 高品質グレートソード(兄の形見) =4+4+1 2d6+4 19~20/×2
武器2 スパイクトチェイン =4+4+1 2d4+4|×2
武器3 =+ d+ 19~20/×2

防具 ボーナス 判定ペナルティ 移動速度 重量
ブレストプレート +5

ー技能ー  ポイント=×+×

ー特技ー
  • 足払い強化
  • 特殊武器習熟
  • 武器熟練(スパイクトチェイン)
  • 迎え撃ち
  • 早抜き
  • 攻防一体

ー特殊能力ー

ー家族構成ー
父:バルドフ・ウェーデン
母:ミリア・ウェーデン
長男:ゴルゴフ・ウェーデン(死亡)
次男:本人
長女:トリトナ・ウェーデン

ー背景ー
5998年:ジルハ村で戦士の家に生まれる。
6004年:平和なジルハ村の中ですくすくと育つも、兄には負けてばかり。
6008年:父から剣を教わり始める。そこそこの才能はあったが、兄への引け目から積極的に剣を振るう事をしなかった。
6010年:冒険者として旅立つ兄を見送りながら、胸中では羨ましく思えた。
6012年5月26日:兄が死亡した報せを受ける。彼は遺品の剣を見ながら思った。「普段から嫌がらずにもっと真面目に剣の修行をして、兄の隣にいる事ができたなら、…そうすれば、兄は、兄は…死なずに済んだかも知れない!!」
6012年5月27日:彼は思い続けた。「自分が冒険に出かけ、兄に続いて弟も失くせば、母をもっと悲しませる事になるかも知れない。家には妹だけを残す事にもなる。しかし、いつかもっと強くなってから兄の仇を討ちたい。何より、今まで忘れて、見ないふりをして生きて来たけれど、自分の中に流れる戦士の血が、何かを訴えている!」…そうやって一晩掛けて悩んだ末、彼も剣を手にする事にした。


ー性格分析(能力)ー
筋力:
敏捷力:
耐久力:
知力:
判断力:
魅力:
容姿:

ー性格分析(神格)ー

ー性格分析(属性)ー

ー成長方針ー

ープレイングガイドー
行動理念: 戦いを求め自分を磨く事に一生懸命。
会話傾向: 親友とは真逆でよく喋る。とにかく喋る。うるさい。
戦闘傾向: 後先かまわず戦闘の最前線に立つため、仲間に迷惑をかける事も多い。少しでも体力が残っていたら自分の実力と運を信じ、敵の前に立ちはだかる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。