タタムト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グンニール伝統打楽器
名前の由来は「単にたたいてる音がそう聞こえたから」らしい。
腰の周りに小型の太鼓4つ(真ん中の二つが少し大きい)をぶら下げる。
指先と第二間接の腹で連打し軽快なリズムをとりながら演奏する。
まともなリズムがとれるようになるまで10年かかるという。
音階まで存在するというが、熟練しなければ音の良し悪しの区別さえほとんどつかない。


「区別がつかないジャと?簡単ジャ。周りが踊りだせばそれがいい音ジャ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。