ユリアン・マク‐ロイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イクスカリアにおいて5世紀以上続く二刀流の名家;マク‐ロイ公爵家の末裔。
一通りの学問と武術を嗜んでいる。食事をするときの品格が良いと巷で噂されている。

始祖は不明。何世紀も前からイクスカリアに知られる剣術士の家計。元来マク‐ロイ家は一所に腰を置かない家風であった。しかし3世紀程前のレヴァンティアとの戦争時、代23代目当主ザルダンデ・マク‐ロイが『カンダスタラの悲劇』の夜に単身で敵陣に乗り込みレヴァンティアの将軍'棒滅のナスーザ'に一騎打ちをしかけ見事打ちとった。結局敵将を討ち取った後、敵兵に囲まれた彼がその陣営から生きて帰ることは無かったが、戦後その功績が認められ国王から公爵の位を授かると共に表彰された。停戦協定の交渉で有利な条件が出せたのは彼のお陰であるとまで言われた。以後、マク‐ロイ家はザルダンデが20年にも及ぶ下積み時代に修行を行った最北の都市'ノースエッジ'に本家を構える。マク‐ロイ家の男児は例外無く家訓である二刀流を熟練し礼儀作法を叩き込まれる。13歳を過ぎた者は年に一度、極寒と呼ばれるノースエッジの冬を一週間野外で生き延びなければならない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。