タタ=カチュパ・ムア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名:タタ=カチュパ・ムア

種族:イシリッド(マインド・フレイヤー)
性別:男
生年月日:不明(5600年以前)
身長:186 体重:不明 眼:白濁 髪:無 肌:薄紫
身体的特徴:顔面中央に独特の刺青。
神格:イルシュゼダン
適性:サイオン(テレパス)15以上
属性:秩序にして悪
所属陣営:不明

ー経歴(犯罪歴)ー
5600年9月7日:国宝窃盗未遂事件で初めて公に存在が確認される。彼は単身でアルトゥールの宝物庫に忍び込み、衛兵13名を殺害した上で国宝の強奪を試みるも、予想外に居合わせた宮廷魔術師の活躍によって失敗。

5782年7月13日:突如、戦場の真っ只中に現れ、イクスカリアレヴァンティア両軍の兵士に対して無差別に攻撃を行い、合計で200名以上を殺害の後、消息を絶つ。

5899年12月17日:神聖ロンギアス帝国の首都にある大広場に登場。魔王降臨を告げた後に忽然と姿を消す。また、それと前後した一ヶ月間に帝国での行方不明者が急増。関連性が噂されている。

5924年日付不明:赤鉄帝国の辺境で複数の村を襲撃、気紛れに殺害と誘拐を行う。被害者総数は54名。

5999年12月24日:アルトゥールで行われた祝勝祭の夜、王の前に出現、慇懃無礼な祝辞を述べた後に王の殺害を試みるも失敗、逆に殺される。

6007年8月24日:バウホルツで6歳から12歳の子供達が12人も連続して行方不明になる事件が発生。調査に向かった冒険者は、見張っていた13人目の子供に接触してきた彼の姿を確認。誘拐は未遂に終わるも、子供を連れて逃げ延びた冒険者を残して他は全て殺害された。

6012年4月30日:ガーウェン市で子供の誘拐事件が発生。以後、毎週日曜日に子供が行方不明となっている。秘術的な魔法探知に全く引っ掛からない事から、サイキック能力者の犯行である可能性が高く。タタ=カチュパ・ムアの仕業であると噂されている。

現在、第一級指名手配中である。

ー特殊能力ー
サイオニック能力
マインド・ブラスト
つかみ強化
摘出
etc
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。