タボール山脈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イクスカリアミストルの国境として機能する山岳地帯。
山の中腹には木が生い茂り、多様な生物が生息する。
平均標高2000m以下という低めの山脈だが、磁場が狂っていてある程度の魔法ですら方向が感知できない。国が認めた幾つかの公式ルート以外から登山をすると迷って出てこれなくなるという。
最高峰は大鷲(ダイア・イーグル)の住処として有名な『モルテノクス』

「タボールに子供を捜しに行く」 ーイクスカリアの諺ー (意味:ミイラ取りがミイラになる)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。