ジョリーノ・ジョルノール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名:  ジョリーノ・ジョルノール (ジョジョ) (死亡)

―プロフィール―

名前 種族 人間 属性 中立にして善 身長 170
ジョリーノ・ジョルノール 性別 サイズ 中型 体重 60
生年月日 5993年4月1日
茶色
褐色
言語 ヤファール語クルー語、竜語、ノーム語、エルフ語、ドワーフ語
所属 双竜魔術師協力機構☆☆(15)、一角獣亭友の会
神格 バルダー
身体的特徴
短めの髪、いつもローブを羽織っている

―ステータス―
+...
適性 ウィザード3、クレリック3、ミスティック・シーアージ2
経験点 30070 CL 8 HP 49 移動速度 30ft
筋力 11 0 イニシアチブ +5
敏捷力 12 +1 AC 接触 12 立ちすくみ 10
耐久力 14 +2 12=基本10+敏2
知力 20 +5 攻撃 近接 +1
判断力 16 +3 遠隔 +2
魅力 10 0 組付き +2
容姿 12 -
セーヴ 合計 クラス 能力値
頑健 6 4 2
反応 2 1 1
意志 7 4 3


―装備―
+...
名称 命中 ダメージ クリティカル領域 射程
武器1 ダガー 2=2+0 1d4 19~20/×2

防具 ボーナス 判定ペナルティ 移動速度 重量

―技能―
+...
ポイント 77=1Lv 6×4+4+2Lv以降 6×7+人間ボーナス 7
技能 ランク 能力値 その他のボーナス 合計
解読 10 5 15
呪文学 10 5 15
精神集中 11 2 13
知識:宗教 10 5 15
知識:神秘学 10 5 15
知識:地域 10 5 15
知識:歴史 5 5 10
治療 11 3 15

―特技―
+...
≪巻物作成≫
≪イニシアチブ強化≫
≪呪文熟練:力術≫
≪抵抗破り≫
≪上級呪文熟練:力術≫

―特殊能力―
+...
使い魔の招来:ホーク
アンデット退散または威伏
魔術僧侶
伝承

―所持品―
+...
  • 冒険者キット
  • 紙5枚
  • ペンとインク
  • 呪文書

―秘術呪文―

+...
1日の呪文数: Lv0:4回 Lv1:5回 Lv2:4回 Lv3:3回

専門系統: 力術

禁止系統: 防御術、召還術

Lv.0:
+...
すべてだが、その中でも良く使う呪文
  • スラッシュタン
  • ゴーストサウンド
Lv.1:
+...
  • マジックミサイル
  • スリープ
  • エンラージパースン
  • バーニングハンズ
  • ショッキンググラスプ
Lv.2:
+...
  • インビジビリティ
  • フレイミングスフィアー
  • スケアー
Lv.3:
+...
  • ファイアーボール
  • チェインミサイル
Lv.4:
+...
Lv.5:
+...
Lv.6:
+...
Lv.7:
+...
Lv.8:
+...
Lv.9:
+...

ー信仰呪文ー

+...
一日の呪文数: Lv.0:4回 Lv.1:4回 Lv.2:3回 Lv3:1回



―背景―
+...
5993年:ガーウェンにて生まれる。
5998年:このころから秘術呪文を学び始めるが、生まれつきの才能なのか1週間で基本をマスターしてしまう。
6008年:一回だけ曾祖母から信仰呪文を教えてもらい、興味を持つ。
6011年:正義感の強いに無理やり人助けなどをさやらされて、気づいたら市長も認めるほどの魔法使いとなっていた。そこそこ有名になってきた後、の差し金で、今度はギルドに強制入会する事になった。
6012年:現在、ギルドの仕事もこなしながら冒険者としても活動している。

―性格分析(能力)―
+...
筋力: 彼は、力仕事が苦手だ。なので力仕事になると、やりたがらない。だがそのかわりに、その筋力を補うくらいの知力と判断力を彼は持っているので、そこまで問題はないように思える。
敏捷力: 彼は特別素早いわけではないが、だからといってのろいわけでもない。細かい作業もそこそこできるし、人並みに器用である。だが、そのような仕事は、すべて魔法で解決しようとする。なぜなら、めんどくさいからである。しかし、逃げ足だけは速い。
耐久力: だが一方で彼は打たれ強い。姉に鍛えられたせいなのか、なぜか打たれ強く、忍耐力もある。そして、集中力もあり1週間で秘術呪文の基本をマスターしたのも、彼の集中力の高さのおかげでもある。
知力: そして、彼はとても賢い。彼が、幼き頃に1週間で秘術呪文の基本をマスターしたのは有名な話である。また、彼は無知な人を見ているととてもイライラする。なぜなら、自分はわかりきっていることにその人は悩み、苦しんでいるからである。なので、無知な人は嫌いであり、自分もその無知な人にならないように日々、呪文を研究したりと彼も彼なりに頑張っている。
判断力: 彼の判断力はとても優れている。彼は、基本的に直感的に行動するが、その直感的な判断力に狂いはない。時に思わぬことをもたらしたりするが...だが、言い方を変えてみると、彼は瞬間的に正しい判断を下すため、彼の判断力は優れているとも言える。
魅力: しかし、そんな彼は結構毒舌だったりする。まあ、彼は思ったことをズバズバ言っているだけなのだが、その言葉は時に仲間を傷つけることもあるだろう。だからといって彼の人間性が腐ってるわけではない。別に人格者といえるほどの人格者ではないし、そこまで腐っているわけでもない。つまり、人並みである。
容姿: 彼の背は一家の中でもずば抜けて高いのだが、外見は普通だ。だが、見る人が見れば、かっこいいのかもしれない。

―性格分析(神格)―
彼は別にすごく信仰的ってわけでもない。一応、興味はあるが、勿論、信仰呪文にである。でも一応守ることは守っているつもりである。べつに信仰は人それぞれだし、そこまで気にしていない。なので、信仰がどうたらこうたらなどと争うこともないし、批判したり差別することはない。

―性格分析(属性)―
彼は、とても自由気ままである。規則や規律にとらわれることなく自由に過ごしたいと思っている。だが、その一方で悪はとても嫌っている。特に、悪な魔法使いなどは大嫌いである。魔法はすばらしいものだと思っているので、魔法を悪用するものは決して許さない。

―プレイングガイド―
行動理念: 彼は限りない知への探究心を持っている。だから、自分の知らないことがあれば、なんであろうと知りたがる。
会話傾向: 自分より背が低い者に対して、ちょっと上から目線なところがある。誰かが何かを失敗した場合、全力で非難する。
戦闘傾向: 大体の魔法使いがそうであるように、決して前線には出ない。後ろから、仲間の援護や遠隔攻撃を好む。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。