レヴァンティア国家保安局


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レヴァンティア軍の懐刀と呼ばれる機関
通称LANS (Lævantia Agency of National Security)
最も活発だったのはイクスカリア戦時で、その任務内容は多岐に渡っていた。
主な任務は以下の通り。
  • 自国を含む世界各国における諜報業務
  • スパイ、破壊工作、テロその他の破壊活動対策
  • レヴァンティア軍各部署における防諜業務
  • 重要施設、重要産業施設及び輸送機関における防諜業務
  • 国境警備
  • 軍幹部の警護
  • 皇帝の情報伝達用組織及び情報の保障

現在も存続しており、事務所も表向きに開かれているが、その実態は謎に包まれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。