ビスマルク・ヴァルトシュタイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名: ビスマルク・ヴァルトシュタイン(死亡)  (元GM:小鯛)

種族: 人間
性別:
生年月日: 5981年月日
サイズ: 中型  身長:177   体重:69   眼:黒   髪:黒
身体的特徴:
神格:
適性: ナイト6、  CL: 6
属性:秩序にして中立
言語: ヤファール語クルー語
所属陣営: 一角獣亭友の会


HP :79=(D12+3×6+1):Min Max  移動速度: 30フィート  イニシアチブ: ±2
AC: 17=10+5(鎧)+2(敏)  立ちすくみ: 15  接触: 12

19 14 16 13 10 18
+4 +2 +3 +1 +0 +4
容姿/13

頑健 反応 意志
7=5+2 4=2+2 2=2+0

基本攻撃ボーナス: +6  近接: +9  遠隔:
組み付き修正: =+(筋)+(サイズ)

名称 命中 ダメージ クリティカル領域 射程
武器1 グレートソード(高)(大) 11=6+4+1 3d6+4 19~20/×2
武器2 ランス(高)(大) 10=6+4 2d6+4 20/×3
武器3 =+ d+ 19~20/×2

防具 ボーナス 判定ペナルティ 移動速度 重量

ー技能ー  ポイント=×+×

ー特技ー
騎士への誓い
武器熟練(グレートソード)
大業物
騎乗戦闘
騎乗蹂躙
猛突撃
統率力
ー特殊能力ー
ナイトの規範
ナイトの挑戦
ナイトの挑戦:戦いの挑戦
盾でのブロック
防御の砦
ナイトの挑戦:気概だめし
油断なき守り手
ー 呪文 ー

1日の呪文数:

修得呪文

Lv.1:
Lv.2:
Lv.3:
Lv.4:
Lv.5:
Lv.6:
Lv.7:
Lv.8:
Lv.9:



ー背景ー
5981年:ジルハ村で農夫の息子として生まれる。
5991年:家族を守るために自己流で剣術を始める。
5996年:家族を守るためには国を守らなければいけないと悟って騎士を目指して上京。
5997年:白翠騎士団の門を叩くも門前払いの扱いを受けた所を、とある騎士に拾われ、従者となる。
5999年:魔王軍撃退の年、後方勤務であった為に前線で命を落とす事は無く平和に過ごした。
6007年:10年間の従者としての任務を終え、騎士団の末席に居場所を得る。
6012年:更なる修行と、人助けの為に冒険者ギルドに参加する。




ー性格分析(能力)ー
筋力: 彼の筋力は、騎士団の試験の為に鍛えた基盤と以後の冒険者としての鍛錬によって培われた物である。彼はバフイ...これは彼の騎士としての迫力を出すのには不可欠な物だろう。
敏捷力: 彼は見た目からは想像出来ないが、一応、素早い部類に入るだろう。なぜ、彼は素早いのか、それは魔王軍との戦いの時後方勤務にいたからであろう。後方勤務は物資の運搬、救援活動といった早さが大切な場所だ。そこで、それなりの能力を手に入れた。
耐久力: 前線にいるからには打たれ強くなくてはいけない。仲間への攻撃を一身に受けることにより、なかなか打たれ強い体を持った。
知力: パーティの中で2番目に低い知力を持つ。でもこれは仕方が無い事だと言える。彼は、勉学に励む時間をすべて体の鍛錬に使ったからだ。教養といったら、仕えた騎士から聞く話ぐらいだったからである。
判断力: 彼は、冒険者に必要な判断力を持っていない。これは、命取りである。
魅力: 異常値を出しているこの魅力は、喋り方、生き方、信念といった物が、彼から隠すこと無く溢れ出ているからだろう。
容姿: 彼の容姿は平均的である。やはり、人の趣向によって左右されるが仲がいい者にとってはかっこよく見えるのではなかろうか。

ー性格分析(神格)ー

ー性格分析(属性)ー

ー成長方針ー

ープレイングガイドー
行動理念:
会話傾向:
戦闘傾向:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。