ルシファール・ウルジミロフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生年月日:5927年12月25日

レヴァンティア皇帝
オーク反乱の際、先帝である父が戦死したことにより即位。当時8歳。
魔王との大戦当時、魔王襲撃の混乱下に置いて、強者揃いのレヴァンティア軍をその腕一本で纏め上げた鬼才。
秩序を非常に重んじ、公私を完全に乖離させて考える。正しいと思える理由があれば、誰のものであれ血を流すこともためらわない。それが自分だとしても。
その思想故に、一時期は「魔王かルシファールか」と裏で囁かれたこともあったが、その話をするものは、皆いつの間にか居なくなっていた。黒い噂もちらほら聞こえるが、真相は定かではない。

「ふん、魔王などいらぬ。覇王一人おれば事足りよう」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。