様々な「状態」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【<背向け>状態について】
相手に背を向けている状態です。
振り向きざまの攻撃は、特殊な効果が明記されていない場合能力値の半分でのロールになります。

また背後から攻撃を受けた場合、攻撃への対応は「回避技能の半分での全力回避」しかできません。
(ただし、特別に対背面への対処能力がある技能を有している場合はその限りではありません)


【<見失い>状態について】
相手を見失っている状態です。 この状態に陥っている場合、自分のターンの初めに
<「アイデアor聞き耳or目星」の半分>ロールに成功しないと相手を見つける事が出来ません。

相手から攻撃を受けたとき、<アイデアor聞き耳or目星>ロールに成功しなければ対処できず攻撃を受けてしまいます。
ロールに成功した場合も、対処に使用する全ての技能に-20の補正が掛かってしまいます。
また、<背向け>状態を併発している場合は発見判定に<目星>が使用できません。


【<ダウン>状態について】
地面に倒れている状態です。 この状態に陥っている場合、自分のターンの初めに
<跳躍の半分>あるいは<DEX×3>ロールに成功しないと、起き上がる事ができず行動できません。
(ただし、ダウン状態で行なえる何らかの技能を有している場合はその限りではありません)

また、<DEX×3>だとただ起き上がるだけで1ターンを消費してしまいますが、
<跳躍の半分>で起き上がった場合はそのまま行動に移る事ができます。

更にダウン中に攻撃を受けた場合、攻撃への対応は「回避技能の半分での全力回避」しかできません。
(ただし、特別にダウン攻撃への対処能力がある技能を有している場合はその限りではありません)

なお、<背向け>状態を併発している場合は「うつぶせ」と言う事になります(つまり、通常は「あおむけ」です)


【<悶絶>状態について】
(肉体的、精神的問わず)何らかの辱めや筆舌に尽くしがたい衝撃を受けて悶絶している状態です。
この状態に陥っている場合、自分のターンの初めに<POW×悶絶回復に挑戦した回数>のロールをしなければ立ち直れません。

<悶絶>状態に陥っている間は、全ての技能値に-20の補正を受けてしまいます。


【<空中>状態について】
飛翔したり浮遊したりして、空中に居る事を示します。
この状態だと、地上に居る敵からの近接攻撃を回避技能そのままで通常回避する事が可能です。
ただし、射撃武器の処理は通常通りになってしまいますし、投擲武器からのダメージはダイス面に+2の補正が付きます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。