イベント:生徒会長、学園を発つ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【イベント開始時期】
絶望編にカタがついたぐらい。






緋乃瀬 天子:【超高校級の生徒会長】

緋乃瀬 天子:「いいってば!!」 ストッパー


黒星 負流:「様式美ってやつだね」
緋乃瀬 天子:「全く…」
朝川 黒斗:「前から思ってたんですけど誰が流してるんですかそれ」
緋乃瀬 天子:「え? …音響の人じゃない?」
朝川 黒斗:「音響ねぇ……」
黒星 負流:「そんな能力者いたかなあ…」
三琴 唯果:(チラッ
黒星 負流:お前だったのか

七色 橙子:5d13
Cthulhu : (5D13) → 25[8,1,2,4,10] → 25

三琴 唯果:人間スピーカーだし仕方ない

洩矢 日和子:5d13
Cthulhu : (5D13) → 42[2,6,11,11,12] → 42

七色 橙子:「ブタだー!」
洩矢 日和子:「ワンペアー」

緋乃瀬 天子:「……。」
緋乃瀬 天子:「…ここ生徒会よね?」
黒星 負流:「……」
緋乃瀬 天子:「まあ、あの二人も一応生徒会メンバーだけど」
朝川 黒斗:「……」

黒星 負流:「あれぼくのトランプですよね?」
緋乃瀬 天子:「でしょうね」
朝川 黒斗:「それに関してはどうでもいい」
黒星 負流:「おかしいなあ」「いつのまに」

紅月 魅亜:「……。」
紅月 魅亜:「ただでさえ」
紅月 魅亜:「よくわからんヤツが副会長になったうえ…」
紅月 魅亜:「子供まで入って来たか。」
緋乃瀬 天子:「まあまあ、そう言わないの」
紅月 魅亜:「…ふん」

七色 橙子:「トランプタワー作ろう!」
洩矢 日和子:「うん!」

黒星 負流:「なんかあれだね」
朝川 黒斗:「………」
黒星 負流:「そう」「一言で言うと」
朝川 黒斗:「まるで日常部だね」
黒星 負流:「保育園みたいな」
緋乃瀬 天子:「うん、どっちも正解ね…」

紅月 魅亜:「…それもこれも」
紅月 魅亜:「貴様が一人で仕事を片付け過ぎて」
紅月 魅亜:「他のメンバーに回さないのが原因だろう」
朝川 黒斗:「そうっすよ」
朝川 黒斗:「俺結婚して子供もできるんすから」

緋乃瀬 天子:「えー…でも」
朝川 黒斗:「なんか仕事ください」
黒星 負流:「お仕事ほしいなあ」「金銭的な意味でも」

緋乃瀬 天子:「殆ど、“私に来てくれ”って言われるのよね」
緋乃瀬 天子:「回してあげたいけど…」
緋乃瀬 天子:「って言うか」
緋乃瀬 天子:「大抵最初に他のメンバーを派遣…って言ってるんだけど」
緋乃瀬 天子:「ならいいです、って一蹴されるのよね…」

朝川 黒斗:「というか俺と黒星は正直」
朝川 黒斗:「ただの、人ですからね」
黒星 負流:「なんという」「贅沢だなあ」

紅月 魅亜:「…貴様が出来すぎるからだろう」
紅月 魅亜:「それだけ色々できて、すぐに解決して」
紅月 魅亜:「一人で何人分も仕事をするなら、それは当然お前に頼みたくもなる」
緋乃瀬 天子:「うーん…」

紅月 魅亜:「…一度休養を取ってみてはどうだ?」
黒星 負流:「一回てんこちゃんが休暇貰ったらどうなるんだろう」
緋乃瀬 天子:「あー、その手もアリかあ…」
黒星 負流:「皆どうするのかな」「そうなった時」

洩矢 日和子:「…でも」
洩矢 日和子:「そうしたら、会長は誰がやるんですか…?」
洩矢 日和子:「正直、天子さん居なかったら」
洩矢 日和子:「混乱すると思うんですけど…」
七色 橙子:「だねー」

朝川 黒斗:「じゃあ休養とってもらって」
紅月 魅亜:「……。」
朝川 黒斗:「俺達が必要と判断した時だけ呼ぶってのは?」
朝川 黒斗:「ほら、偶然にも」
朝川 黒斗:「どこでも裁判長なるものができたじゃないですか」
黒星 負流:「そうだなあ」「そんな感じでもいいかもね」

緋乃瀬 天子:「って言っても」
朝川 黒斗:「あんな感じで生徒会メンバーがどこでも天子ちゃんを持っておくんですよ」
緋乃瀬 天子:「働いてないと落ち着かないのよねえ…」
緋乃瀬 天子:「…んー」
緋乃瀬 天子:「そうねえ」
緋乃瀬 天子:「ちょっくら紛争地域にでも行って」
朝川 黒斗:「休養することも仕事っすよ」
黒星 負流:「ワ−カーホリックだ・・・」
緋乃瀬 天子:「戦争終わらせてくるかなあ…」
洩矢 日和子:「そんな気軽な…」
黒星 負流:「なにそれ」「テロ部の合宿みたい」

緋乃瀬 天子:「よし、じゃあちょっと」
緋乃瀬 天子:「一旦会長職を休職して」
緋乃瀬 天子:「日本経済でも立て直して来る事にするわ…」
七色 橙子:「地獄のミサワみたいなこと言ってるよ…」
七色 橙子:「っべー」

洩矢 日和子:「でも実際」
洩矢 日和子:「出来ちゃうから凄いですよね…」
黒星 負流:「あんまり動かしすぎないでよ」「絶対混乱するから」
緋乃瀬 天子:「と、言う訳で。 いつ発つかは判らないけど」
緋乃瀬 天子:「その間学園の事をよろしくね」




…と言う訳で、一定の時期から
生徒会長、「緋乃瀬 天子」が学園を去ります。
いずれ戻って来ますが、それまで皆で学園を守りましょう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。