パウエル クワック-Pauwel Kwak


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。














深い琥珀色のビールです。口当りは優しくしっかりとしたのどごしです。

1996年度、世界ビールカップ国際コンクールのストロングエール部門で金メダル受賞しています。
5~10℃くらいに冷やして飲むのが最適です。

原産国 ベルギー
醸造所 ボステールス
分類 その他の地ビール
アルコール度数 8.0%
原材料 大麦モルト、ホップ、スパイス、糖類
容量 330ml
飲用温度帯の目安 6~10℃


パウエル クワックの特徴

深いアンバー色。土っぽいアロマ、強いが飽きさせないボディ、リコリスを思わせるハーブの風味などがあいまって、心地よい酔いをもたらします。
2000年度飲料大会(シカゴ)の「ベルギー・ストロング・エール部門」にて90点を獲得しています。

それにしてもやはり目に付くのはこの専用グラスですね。その物語について、、、。
かつてメッヘレンからゲントに至る途中にあった宿屋の主人にパウエルクワックという男がいました。パウエルクワック氏は宿屋の傍ら醸造所も持ちアルコールが強く、色の濃いビールを醸造していました。彼の宿屋は馬車宿だったので水を積みこむために立ち寄る御者もいました。
そんなときに彼はあぶみの上でもゆっくり飲めるようにデザインされたグラスにビールを注ぎ、御者たちに気前良く振舞いました。クワックとは「気前の良い男」という意味があるそうです
深いアンバー色。土っぽいアロマ、強いが飽きさせないボディ、リコリスを思わせるハーブの風味などがあいまって、心地よい酔いをもたらします。2000年度飲料大会(シカゴ)の「ベルギー・ストロング・エール部門」にて90点を獲得しています。

それにしてもやはり目に付くのはこの専用グラスですね。
その物語について。。。
かつてメッヘレンからゲントに至る途中にあった宿屋の主人にパウエルクワックという男がいました。パウエルクワック氏は宿屋の傍ら醸造所も持ちアルコールが強く、色の濃いビールを醸造していました。
彼の宿屋は馬車宿だったので水を積みこむために立ち寄る御者もいました。
そんなときに彼はあぶみの上でもゆっくり飲めるようにデザインされたグラスにビールを注ぎ、御者たちに気前良く振舞いました。クワックとは「気前の良い男」という意味があるそうです。
添付ファイル