※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名称と効果



1)毒
  手番の頭にHPが現在HPの1割減少する。
  端数切捨て。

2)火傷
  カウントの数だけDex[A]が減少する。

3)凍傷
  カウントの数だけAgi[A]が減少する。

4)衰弱
  カウントの数だけStr[A]が減少する。

5)麻痺
  移動できない。

6)石化
  手番の頭に1Dを振り、出目が1であれば行動が出来ない。S_ACTに30を加算する。

7)睡眠
  覚醒するまで行動できない。効果時間が経過すると、覚醒ロールを行う。1Dを振り、
  出目が5か6であれば覚醒する。失敗すると継続して睡眠状態を維持する。失敗するたび
  に判定ロールが平易になる。浅い眠りで、衝撃や大きな物音があれば覚醒ロールを行う。

7)混乱
  敵味方識別可のスキルが不可になる。

8)魅了
  命中と回避に1Dのペナルティ

9)錆
  テキストに従ってデバイスの耐久を減らす。
  一度錆の効果を受けた場合、その戦闘中では、移行錆によって耐久の減少は発生しない。

10)蒸気中毒
  最大HPの30倍にS_ACTが達した場合に発症する。
  超過分の10分の1だけ、手番の初めに最大HPが減少する。
  エレメントスキルの内、オーバーロードスキルの使用が可能になる。
  現在のルール及びデータでは、どのような手段を持ってもこの状態異常の効果は防げず。
  この状態異常は、戦闘終了以外では解除されない。