王都ガイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


王都ガイド
                   著・刊行:王都商業組合

神の祝福を!地方のみなさん、王都ゴールドホルムへようこそ!
この本は、初めてゴールドホルムを訪れた方のために、王都を案内します。
字が読めない読者の皆さんは、近くの読める人に読んでもらってくださいね。

 王都ゴールドホルムは、ハードの最初の王であらせられる、
大王・サリス=ゴールドホルムによって建てられました。
そして現在は、皆さんも知ってのとおり、神聖なる国家の主、
王・ペトラム=ゴールドホルムにより統治されているのです。

 国王陛下は、王都の北、ゴールドホルム山にある、
ゴールドホルム王城にお住まいです。威風堂々たる王城は、
王都の四区、周辺の農場や牧場、そして聖アズルの大陸全土に、
絶えることなく信仰と秩序の光をもたらしているのです。

都の、主な4つの区画について説明します。
西から、ポルティア区、アズル区、ウィーロン区、クラウム区と
それぞれ名前がついています。

アズル区
 西門から王都に入ると、立ち並ぶギルドホールが目に入るでしょう。
ここアズル区には、議会所や裁判所、警備隊の本部に訓練所、
それに各ギルドのホールがある、静かで美しい地区です。
この地区にある聖アズルの修道院には、国王陛下もいらっしゃいます。
くれぐれも、陛下に失礼のないように気をつけなければいけません!

ポルティア区
 ここは、王都で最も活気のある賑やかに地区です。
市場には大陸中の品物が揃っていて、欲しいと思った物は
何でもここで手に入れることができるでしょう。
商品は王都商業組合が厳しく検査しており、
偽物や粗悪品はたった一つも市場に出回りません!
北側には聖ポルティアの修道院と、死者が眠る霊廟が、
西側には市民たちの楽しみである、公衆浴場があります。

ウィーロン区
 聖ウィーロンの修道院の近くには、識者会のラボがあります。
術や歴史の研究をするための施設ですが、
この方法は極めて遠回りであると言わざるを得ません!
彼らは図書館に引きこもるよりも、向かいの修道院に行くべきでしょう。
そこには、マジカの神でいらっしゃる聖ウィーロンがいらっしゃり、
しかも真実の歴史である神話を読むこともできるのですから!

 庭園と劇場は、いつも人が多く、過ごしにくい場所です。
劇場で上演される演目は、とても信仰心が湧き上がる内容とは言えませんが、
なぜか連日賑わっています。
庭園は美しい場所ではありますが、うろうろする物乞いや、
陰気な学生たちがいなければもっと美しくなるでしょう。

 アリーナでは残酷な殺し合いごっこと、
それを対象にしたギャンブルが行われています。
賢明な読者の皆さんにとっては、行く必要のない場所でしょう。

クラウム区
 ここには職人街があり、朝から晩まで騒音が鳴り響いています。
街並みは入り組んでいて、あまり落ち着ける場所ではありませんが
聖クラウムの修道院と、併設された診療所を訪ねるなら、この地区です。

 診療所には修道院の優秀なヒーラーたちが待機していて、
国王陛下の温情あふれる政策により、王都の市民権を持つ人であれば
誰でも無料で利用することができるのです。

 大学は、一見小奇麗で興味をそそられるかもしれません。
しかし、彼らは小難しい試験を課して、それに合格した人以外には
門戸を閉ざしているのです。なんと度量の浅いことでしょう!

壁の外側には、旅行者のための厩舎、
魚を獲るための港、食料を生産する農園や牧場があり、
王都の暮らしを支えています。
それでは、記念に残る王都観光を!
添付ファイル