宗教


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四神教

ほぼ全ての人間が信仰する、メジャーな宗教。
四神(アズル、ウィーロン、クラウム、ポルティア)および、
その上位神である双大神(ラーケウス、エリュトル)を信仰する。
四神教を信仰しないことは犯罪でこそないものの、
人間の、特にハードの社会で生きる上で、大きな不利益を被るだろう。
いくつかの派閥があるが、派閥間で大きな争いはない。
  • アズル派
四神のうち、アズルを特に信仰する派閥。シンボルカラーは青。
アズルはアズルレウムの創造神で、老人の姿で表現される。
四神の長とされ、大地、海、規律、秩序、慈悲、名誉、法、豊穣を司るといわれる。
  • ウィーロン派
四神のうち、ウィーロンを特に信仰する派閥。シンボルカラーは緑。
ウィーロンは、三霊である三人の少年を連れ、傷を負った女の姿で表現される。
霊、術、マジカ、愛、芸術を司るといわれる。
  • クラウム派
四神のうち、クラウムを特に信仰する派閥。シンボルカラーは黄。
クラウムは、若い青年の姿で表現される。
空、植物、機械、医療、知恵、学問、工業、論理を司るといわれる。
  • ポルティア派
四神のうち、ポルティアを特に信仰する派閥。シンボルカラーは橙。
ポルティアは、動物を連れた少女の姿で表現される。
生と死、輪廻、労働、社会、商業を司るといわれる。
  • 双大神派
双大神である、ラーケウスとエリュトルを特に信仰する派閥。シンボルカラーは紫と赤。
ラーケウスは全知、エリュトルは全能であるといわれる。
双大神は四神を生んだ存在で、四神の上位に位置するとされるが、
全知と全能以外に性格がなく、絵画や彫刻で表現されることもないため、少数派である。

ニルシアの同胞団

ウィーロンが生んだ四体目の霊、ニルシアを信仰する。
主な信者は知能を持つ魔物で、ゴールドオルム法で信仰が禁じられている。
ニルシアの同胞の教義では、ウィーロンとニルシアの戦いでニルシアが勝利している。

ドラゴン崇拝

最強の生物であるドラゴンを信仰する。
信徒によると、双大神も四神も存在しないか、少なくとも世界に干渉する気がなく、
現に存在して、強大な力を持つ竜だけが信仰に値する。

その他の宗教

後で書くからちょっと待って!

深海の旧支配者

とある信者のつぶやき「俺ももうニ五だし、いつまでもいあいあ言ってないで将来考えないとな・・・」

楽園派

双大神や、双大神が生まれる以前の「無」すらも創られた存在であるとする考え方。
無と双大神の創造主は神の領域よりもさらに外側、上位におり、そこを「楽園」と呼ぶ。
元は四神教の一派閥だったが、双大神と四神を軽視する考え方から異端とされ、
現在は独立して別宗教となった。