Dayz Origins > バックストーリー

若干の誤字、脱字、不整合、日本語がおかしい所があるかと思いますが、ご容赦。

origins全体のではなくver1.7.7で追加された「Novistrana共和国」のバックストーリー


Tavianaの境界からほんの20Km離れた所。
クロスカントリー・ハイウェイから、セキュリティ・チェックポイントと新たな橋へと繋がっています。
その為あなたはいつでも、Novistrana共和国共和国へ旅立つことができます。
ちなみに広さは265平方kmと、開放的な世界になっています。(チェルノと同じくらい大きい)
Novistrana共和国は、世界の人口の大半を一掃した現在未知の感染症に見舞わた、別の被害国であるソ連崩壊後の状態です。


Novistrana共和国のブラッド教授


ブラッド教授は、イヴァン博士の元同僚でした。
イヴァン博士は、感染症を治療する方法、彼の狂った発明と理論で知られています。

ブラッド教授は、残された生存者がアポカリプスに対処するのを援助するために、新しい発明と武器に取り組んでいました。
噂によると、ブラッド教授は感染症に効果のある治療法を見つけました。
それとは別に、彼は「巨大なもの」や「ちょっとしたもの」を発明し、造りもしました。
それは「利己的で凶悪なサルベーション・アーミー」の手から、サルベーション・シティを乗っ取る事を可能にするかもしれません。

一部の生存者は、教授の気が狂ったと思いました。
その生存者が、サバイバーズキャンプでの彼の最後のスピーチの一部を話してくれました。

「この地球の地獄から離れて、我々は天で生きる」

多くのの生存者は、 【彼が”残りの人生”に絶望して頭がおかしくなり、そしてキャンプを死に導いているのではないか】 と心配しました。
キャンプ内の少数の人だけしか、ブラッド教授が何について話しているかの本当の意味を理解していませんでした。


ジョージ市長と、ブラッド教授



優勢な2つの派閥が、わずかに残された生存者達から生まれました。

ジョージ市長及び、サルベーション・シティの選ばれし少数の者達は、
自分達の為だけに物資を蓄積し続けました。

その間、イヴァン博士の仲間であるブラッド教授は、生存者を助ける為に彼の持つ知識を活用していました。
感染症に対抗するワクチンを開発している、という噂さえあります。

ジョージ市長は現在、サルベーション・シティを保護する為、資源を惜しまず使用しています。

彼が、【 新しい秘密の発明 】を行っている都市に、ブラッド教授が侵入する準備をしている・・・という事を、
最後のサバイバーズキャンプからのインサイダー情報で入手したからです。

「ブラッドの計画がたとえ何であろうとも・・・、我々はそれら哀れな盗賊を止める準備ができている」

ジョージ市長は、サルベーション・シティの上級居住者に宛てた演説で言いました。

そして、最後にこう付け加えました。

「・・・そして我々は、彼の隠れたキャンプを見つける為、かの大地に侵入し奴の協力者全てを排除し続ける!」



―どこかのノビストラーナ共和国のサバイバーズキャンプでの噂

「ブラッド教授は姿を消す前、伝染病の治療法を見つけたと言っていたそうだぞ。」

「彼はついに、予防接種と感染症の治療を見つけることが出来たと、確信しているらしい。」


その治療法は成功したのでしょうか。

又は、何かが、うまくいかなかったのでしょうか。

本当の事は、誰も知りません。



T353旅客機事件



飛行中のT353旅客機は、Tavianaと、novistrana共和国の両国が見た、最後の民間航空機でした。

T353旅客機から両国に、”客室乗務員がお互いを攻撃し始めた”と通信が入りました。

「機内に感染者が発生した!着陸許可を要請する!!」

TavianaとNovistrana共和国の空港当局は、これを拒否しました。

着陸を拒否されたT353旅客機は、もう燃料も尽きてきていました。

機の重量を減らし燃料の使用量を減らす為、
NovistranaとTavianaの両国上を飛んでいる間、積んでいた貨物を投棄し始めました。

そしてT353旅客機はそのまま、二度と姿を現す事はありませんでした・・・

しかし、その投棄された貨物とは非常に重要な物だったのです。
その貨物には、Novistranaの科学大学開発研究部に届けられる予定であった、重要な電子装置が含まれていたのです。

ブラッド教授は、
この電子装置が自分の”秘密の発明”を完成させる為に必須な機材だと考えました。

彼が姿を消す前に最後に言い残しました。

「今日、我々は歴史を作るだろう。今日、我々は人類を救うだろう。このワクチンと治療で、我々はこの黙示録に終止符を打つ」


彼は成功したか、失敗したのか。

それを確認するのは、あなた自身です。


VDFF フライングフォートレス



VDFFはブラッド教授の発明の一つです。
これによって残りの生存者は感染症の危険性から離れ、壁によって保護された救世軍(セクターB)を打ち破り、侵攻する機会を持ちました。

VDFFは何日も空にとどまり、生存者に安全な住居と食糧、物資を供給する能力を持っています。
ひどい損傷にも耐え、”生存者の安全な天の家”となるよう設計されています。
つまり、安全を保障する為に、強力な武器と防御エレメントを装備しているのです。
しかしあなたがそのデザインと弱点を知っているなら、それは決して”無敵”とは言えないでしょう。

残念なことに、ブラッド教授にはそれを完成させる為の十分な機材と物資が不足していました。
しかし、あなたの努力によっては、フライングフォートレスを作り上げる事が可能でしょう。