※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Startlineシリーズは、パーツの組み合わせの変更によって、
様々な用途に対してそれぞれ最適な仕様の車両を作ることが
できます。その組み合わせは多岐にわたるため、一見するだけ
では何がどう違うのかが分かり辛いでしょう。そこで、複雑怪
奇な車種を少しでも理解していただくための説明をしたいと思
います。まず、Startlineシリーズの各車種の名称は、以下
のように付けられます。


例)LE1(えぬ だっしゅ えるいーわん)
  ①   ②


①シャーシ前半分(中扉より前)の構造

Startlineシリーズは、用途によってホイールベースやドア幅
を変えるという変わった事をしています。それはなぜか。それは、
用途によって必要とされる寸法が大きく異なるからです。もちろ
ん、オールマイティーに使える適当な寸法というのはあります。
しかし、使いやすさや理想を追求するならば、それは適当では
あっても最適ではないのです。最適設計を追及するため、
Startlineシリーズではシャーシ前半部で5つのパターンが用意
されています。それらは、フロントオーバーハング・ホイール
ベース・前中扉幅の違いによって分類されています。
分類の詳細は「①シャーシ前半の構造」>をご覧下さい。



②シャーシ後半分の構造

Startlineシリーズは、中扉以降段上げのLE系とフルフラット型の
LF系の2つに分類できます。さらに、その中でもLE1 / LE2、
LF1 / LF2に分類されます。
分類の詳細は「②シャーシ後半の構造」>をご覧下さい。