国際関係法(公法系)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〔体系書〕

  • 小寺彰・岩沢雄司・森田章夫『講義国際法』有斐閣(2004年5月)
  • 杉原・水上・臼杵・吉井・加藤・高田『現代国際法講義』有斐閣(2007年4月・4版)
  • 杉原高嶺『国際法学講義』有斐閣(2008年6月)
  • 大沼保昭『国際法』東信堂(2008年4月・新訂版)
  • 島田征夫『国際法』弘文堂(2008年4月・全訂版)
  • 山本草二『国際法』有斐閣(1994年1月・新版)
  • 小室程夫『国際経済法』東信堂(2007年6月・新版)
  • 中川淳司・清水章雄・平覚・間宮勇『国際経済法』有斐閣(2003年4月).
  • 横田洋三編『国際法入門』有斐閣アルマBasic(2005年3月・第2版)
  • 桜井雅夫『国際関係法入門』有信堂高文社(2004年11月)
  • 松井・佐分・坂元・小畑・松田・田中・岡田・薬師寺『国際法』有斐閣S(2007年3月・5版)
  • 中谷・植木・河野・森田・山本『国際法』有斐閣アルマSpecialaized(2006年3月)
  • 小寺彰『パラダイム国際法』有斐閣(2004年3月)
  • 小室程夫『ゼミナール国際経済法入門』日本経済新聞出版社(2003年7月)
  • 波光巌『国際経済法入門』勁草書房(2004年1月・2版)

〔判例集・ケースブック〕

  • 山本・古川・松井編『国際法判例百選』有斐閣(2001年4月)
  • 松井芳郎編集代表『判例国際法』東信堂(2006年5月・2版)