民法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全般的なもの


〔平成16年民法現代語化以降の基本書〕

平成18年法人部分の改正(平成20年12月1日施行。【法】)
  • 【法】内田貴『民法I-IV』東京大学出版会(I 2008年4月・4版,II 2011年2月・3版,III 2005年9月・2版,IV 2004年3月・補訂版)……歴々の東大系研究者の研究成果を平易に解説したテキスト。内容は高度だがケースメソッド重視で読みやすい。一方、要件・効果の記述はやや曖昧で、通説より自説を強調する傾向がある。司法試験では本書の記述からまるごと出題されたこともあって、何だかんだ言っても旧司法試験時代から変わらずシェアNo1の基本書である。IVは増刷の際に民法現代語化対応。
  • 【法】川井健『民法概論I-V』有斐閣(I 2008年3月・4版,II 2005年10月・2版,III 2009年4月・2版補訂版,IV 2010年12月・補訂版,V 2007年4月・初版)有斐閣……我妻最後の後継者。全範囲完結。図表の類を用いないオーソドックスな基本書。伝統的通説の体系にのっとって、地引網のように、ひっかかる論点を次々に拾っていく。とりあげられる判例・学説は網羅的で、まさしく民法概論の名にふさわしい。自説主張は控えめで、各説を比較的公平に紹介しているために、記述はやや平板だが、非常にわかりやすい。しかし全体的に内容が古く、債権法改正にまつわるような最新のホットトピックには対応していない。また、概説書に徹するゆえに、かえって論点ごとのつながりが悪くなっていることも少なくない(全体として、論点をぶつ切りにして提供されている印象を受ける)。物権、特に担保物権の記述は、主要判例の判示事項、判決要旨を並べただけといってもよく、その値段に見合うものとはいえない(見方を変えれば、判例の数・網羅性につき類書中群を抜いている)。そういう意味では、いわゆる予備校本に似ていない訳でもないが、こうした基本書としての「無色透明さ」があるゆえに、幅広いニーズに応えることができるのも事実である。とくに、単一著者で揃えたいけど内田は性に合わないという人は本書を試してみるとよい。家族法は択一対策に好適。
  • 【法】大村敦志『基本民法I-III』有斐閣(I 2007年3月・3版,II 2005年4月・2版,III 2005年5月・2版)……財産法完結。2色刷り。内田民法と同じ体系で、コンパクトにまとめている。初学者向けながら、高度な内容にも踏み込んでいる部分もあり、上級者であっても得るものが多い。副読本として『もうひとつの基本民法』。『民法のみかた-『基本民法』サブノート』有斐閣(2010年6月)……民法全分野(家族法含む)にわたる必要最低限の情報を凝縮したレジュメ。学者が書いた予備校まとめ本といった趣き。
  • 【法】近江幸治『民法講義I-VII』成文堂(☆I 2012年4月・6版補訂版,II 2006年5月・3版,III 2007年4月・2版補訂版,IV 2009年3月・3版補訂版,V 2006年10月・3版,VI 2007年12月・2版,VII 2010年1月・初版)……全分野完結。早大教授。内田以前のシェアNo.1。見た目は予備校本風だが内容はちゃんとしていて、学者からの推薦も多い。学説紹介が豊富で、図を用いて説明したりしているので独習用に最適(ところどころ異説を採用している部分には注意)。著者の専門である担保物権法には特に定評あり。
  • 加藤雅信『新民法大系I-V』有斐閣(I 2005年4月・2版,II 2005年4月・2版,III 2005年9月・初版,IV 2007年4月・初版,V 2005年4月・2版)……財産法完結、ただし担保物権法はない。歴史的視座、比較法的視座、法社会学・法人類学的視座から独自の民法理論を構築している。民法の関連分野の記載も充実。学生を主要な読者層としているため基本的事項・通説(我妻説)・判例の紹介が平易な文章できちんとされているほか、要件事実論にも配慮してある。また、少数学説も網羅しており、事項索引・判例索引の他、条文索引や詳細な参考文献一覧、更には新旧の民法・破産法の条文対照表まで付く至れり尽くせりの本である。が、分量の関係で自説の説明以外はかなり圧縮されている上、論点落ちもある。なお、研究書としての性格も持たせているため、部分的には極めて高度である。
  • 【法】田山輝明『民法要義I-VI』成文堂(I 2010年7月・4版,II 2005年10月・2版,III 2008年9月・3版,IV 2011年4月・3版,V 2006年5月・初版,VI 2011年2月・2版)……財産法完結。手堅い記述ながらも、図表やケースメソッドを多用しており、理解しやすい。
  • 【法】平野裕之『コア・テキスト民法 I-VI』新世社(2011年6月)……財産法完結。未修者から上級者までを対象とした中級テキスト。著者による『基礎コース民法』と『民法総合シリーズ』の間のレベルとの位置づけ。判例通説をわかりやすく解説しているのはもちろん、このクラスのテキストでは珍しく学説の最新動向や著者の自説もきちんと明示しており独習にも耐える内容となっている。図表・網掛け・下線に加え、レジュメ的な文体は好みがわかれるところ。理論面の解説に重きを置いているので、択一的知識は択一六法等で適宜補充すべし。

〔平成16年民法現代語化以降の教科書〕

  • 【法】我妻栄ほか『民法1-3』勁草書房(I 2008年3月・3版,II 2009年2月・3版,III 2005年10月・2版)……通称ダットサン。伝統的通説。小型だが民法と関連法の概要・歴史、条文の趣旨・要件・効果を網羅している。小型ゆえに初学者には向かないが、直前期の総まとめに定番の一冊。我妻・有泉のみが執筆していた頃のダットサンは、今と大分文章が違っている。『民法案内1-11』(契約各論の使用貸借まで)は講義口調の格調高い入門書。
  • 【法】山田卓生ほか『民法I-V』(有斐閣Sシリーズ)』有斐閣(I 2007年9月・3版補訂版,II 2010年3月・3版補訂版,☆III 2012年4月・3版補訂版,IV 2009年6月・3版補訂版,V2005年4月・3版)……定評のSシリーズ。入門はもとより、択一用のまとめテキストにも好適(ただし全ての肢を網羅している訳ではない)。ロースクール生の間でも人気がある。物権と債権総論がとくに好評だが、基本的にはずれはない。但し親族・相続は伊藤執筆部分が異説が多いといわれる。
  • 『民法2・3・4・7(有斐閣アルマSpecialized)』有斐閣……物権(千葉ほか。2008年2月・2版補訂版)・担物(平野ほか。2005年12月・2版)・債総(中田ほか。2004年4月)・親族相続(高橋ほか。2007年10月・2版)のみ。評価待ち。有斐閣アルマBasicには【法】☆山野目章夫『民法 総則・物権』(2012年3月・5版)と、☆松川正毅『民法 親族・相続』(2012年3月・3版)がある。
  • 【法】『リーガルクエスト民法』(1総則:2010年11月,2物権:2010年5月,3債権総論:未刊,4契約:未刊,☆5事務管理・不当利得・不法行為:2011年11月刊行予定,☆6親族・相続:2012年3月・2版)......共著本。6(親族・相続)の出来が良い一方で、1(総則)と2(物権)は記述のムラが激しく、やっつけ仕事ぶりが出てしまっている。1の執筆者に佐久間を含むが、佐久間『民法の基礎』にはない利点といえば練習問題付であることくらいか。
  • 奥田昌道ほか『法学講義民法1-6』悠々社……財産法完結。
  • 【法】潮見佳男『入門民法(全)』有斐閣(2007年12月 2011年12月・補訂)……1冊で民法全分野をカバー。パンデクテン体系に沿う。論点ごとに記述のばらつきが見られるが、むしろそれによって司法試験向きに仕上がっている。
  • 【法】川井健『民法入門』有斐閣(2007年12月・6版)……民法全分野カバー。パンデクテン体系に沿う。タイトルには「入門」とあるが、誰がどう見ても、国家試験受験生が直前期にさっと通読するための本である。判例の準則もしばしば簡略化しているので、読み手の学力次第では使いこなせない可能性も。くだらない誤植や脱字の類がちょくちょく見られるところがやや残念。
  • 【法】小野秀誠ほか『ハイブリッド民法1-5』法律文化社……新トピックも網羅。薄いので未修向けか。
  • 平野裕之『基礎コース民法1、2』新世社(2005年4月・3版,2005年4月・2版)……2冊で財産法全分野を概説。著書曰く現代のダットサンを目指したとのこと。

〔平成16年民法現代語化以降の入門書〕

  • 【法】米倉明『プレップ民法』弘文堂(2009年3月・第4版増補版)……典型的な売買契約をモデルに、想定される法律問題を時系列順に解説する。含蓄のある良書だが、初学者がその深みを理解することは困難である。
  • 【法】道垣内弘人『ゼミナール民法入門』日本経済新聞出版社(2008年4月・4版)……財産法分野の入門書。教育効果や実際の機能局面を意識して、パンデクテン体系を崩した説明となっている。
  • 【法】淡路剛久『入門からの民法--財産法』有斐閣(2011年12月)……放送大学の教材テキストを加筆修正。典型化された紛争(Case)から民法規範にアプローチする方法を取り入れたとのこと。
  • ☆【法】近江幸治『民法講義0 ゼロからの民法入門』成文堂(2012年2月)……第1部 ゼロからの民法入門、第2部 教養民法(民法概論)。第2部は「民法講義」から文章、イラストを補訂・再製作して使用。

〔平成16年民法現代語化以前の基本書・教科書等〕

  • 我妻栄『民法講義』岩波書店……民法で通説といえば、おおむね我妻説を指す。不法行為法以降は民法講義としては未出版だが、ほぼ全範囲にわたって著書がある(『事務管理・不当利得・不法行為』日本評論社(1989年2月)、『親族法(法律学全集)』有斐閣(1982年3月))。なにしろボリュームがボリュームなので、マイナーな議論まで網羅的に取り扱っていることのほか、きわめて抽象的な定義付けから体系的に論じていく点に、近時の本には無い特徴がある。古いとはいえ、裁判を含め今なお実務への影響力は高く、余力のある学生は総則・物権・債権総論など、今からでも読んでおきたい。なお、文中で登場する「通説」は鳩山説などを意味し、著者がそれに対し異論を述べたものが現在の通説となっていることがある。本書で紹介される学説には、すでに絶滅したものも少なくないのである。したがって、すでに民法を一通りマスターし、学説史にも明るい学生でなければ、混乱をきたす可能性もある。我妻であるから、あるいは実務であるからといって無批判、無条件に鵜呑みにするのではなく、本書で展開されているのは基本的に戦前ないし戦後初期の理論であるということを念頭に置いて熟読されたい。
  • 鈴木禄彌『○○法講義』創文社……全範囲完結(家族法含む)。物権法のみ現代語化にも対応。学習の便宜のためあえて体系を崩しており,早くからケースメソッドを採用するなど、時代を先取りした画期的な教科書だった。抽象的な定義や要件・効果の羅列をあえて避け,制度のあり方や実際の機能にもっぱら着目するという内容になっている。情報量も絞られており,端的に答えを知りたいときの辞書的な用法には向かないが,常に具体例をもとにして条文の趣旨が極めてクリアに語られているので,通読によって大きな効果を発揮するだろう。著者は要件事実教育について批判的なスタンスであったが、本書では主張・立証責任の配分について充分な記述があり,本書に取り組むことで要件事実についての理解も深まると思われる。時折挿入される図表がすこぶるよくできている点も特徴。なお,判例に言及する際に一々判決文を引用しないため、判例集や判例付六法を準備して読むべきである。シリーズ中,とりわけ物権法は名著といわれ、星野英一も自著のはしがきで「最高の水準」と絶賛している。
  • 星野英一『民法概論1-4』良書普及会……契約法まで。但し版元の良書普及会が出版終了。家族法は放送大のテキストあり。
  • 松坂佐一『民法提要1-5』有斐閣……財産法完結・家族法あり。元名大総長。我妻説立脚。30年分の判例・議論の補充要。
  • 北川善太郎『民法講要1-5』有斐閣……財産法完結・家族法あり。前京大教授。記述平板ながら詳しい。契約責任説の主唱者。自説僅少。判例豊富。潮見&山本は北川ゼミ出身。
  • 船越隆司『民法総則』『物権法』『担保物権法』『債権総論』尚学社(2001年4月・改訂版,2004年4月・3版,2004年4月・3版,1999年4月)……元中央大教授。
  • 遠藤浩ほか『民法(1)-(9)(有斐閣双書)』有斐閣(I 2004年9月・4版増補補訂3版,II 2003年5月・4版増補版,III 2003年12月・4版増補版,IV 2002年12月・4版増補補訂版,V 1996年12月・4版,VI 2002年9月・4版増補補訂版,VII 1997年1月・4版,VIII 2004年5月・4版増補補訂版,IX 2005年1月・4版増補補訂版)……かつての司法試験民法のスタンダードテキスト。事実上の国定教科書とまで呼ばれた。有力中堅学者が長老陣になるまで30年間にわたり改訂を重ねてきたため、記述は安定している。判例・通説を基礎に有力説を加え、基本的事項を丁寧に解説する良書である。判例についても文字サイズを落として事案と判旨と評価をコンパクトに解説している。自説を抑えて書いてあるため平板との声もあるが、良く読めばそれぞれの著者の個性が出ており飽きない。しかし、民法現代語化に対応したのは(9)相続のみであり、(5)(7)は1996年の改訂が最後となっている。他は2002年から2004年にかけて改訂されており、担保物権は平成15年改正に対応しているので現在でも使えないわけではないが、使用者はかなり減っている。2004年の増刷を最後に絶版となった。

〔コンメンタール〕

  • 【法】我妻榮・清水誠・田山輝明・有泉亨『我妻・有泉コンメンタール民法―総則・物権・債権』日本評論社(2010年7月・2版追補版)……我妻説、判例を中心としたコンパクトな注釈書。短答レベルの知識は網羅している。追補分のダウンロードページ
  • 遠藤浩・他編『基本法コンメンタール民法』日本評論社(2005年6月-,第5版)……全6巻。財産法編は総則を除いて平成16年度現代語化に対応した補訂版に留まっている。我妻コンメで扱っていない親族・相続はそれぞれ2008年2月、2007年9月と比較的新しい。総則は法人法改正に対応して2012年4月に第6版が出たが、一般法人法の解説はほとんどされていない。
  • 谷口 知平・他編『新版注釈民法』有斐閣(1988年6月-)……全26巻。最新は2009年9月に(6)物権(1)が出ているが、発行年度が古いものも多い。実務必携の注釈書だが、学生には荷が重い。図書館で参照する程度で十分である。

〔判例集〕

  • 【法】中田裕康・潮見佳男・道垣内弘人編『民法判例百選I・II』有斐閣(2009年4月,2009年5月・第6版)……スタンダードな判例集。第6版では判例の差し替えが多く、Iは42件、IIは36件の判例が差し替えられた。
  • 水野紀子・大村敦志・窪田充見編『家族法判例百選』有斐閣(2008年10月・7版)
  • 民法判例集『総則・物権』『担保物権・債権総論』『債権各論』有斐閣(2001年3月,2004年2月・2版,2008年3月・3版)……取り上げられている判例の数は多く、判旨の引用も長い。一方、解説は薄い。債権各論は出版年に比べて収録判例がやや古い。
  • 奥田昌道・安永正昭・池田真朗編『判例講義民法1・2』悠々社(2005年4月・補訂版)…学生向けの参考書として定評のある判例集。百選に比べて平易なので初学者向きではある。ただし、本のサイズは百選より大きく重い。
  • 松本恒雄・潮見佳男編『判例プラクティス民法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』信山社(2010年3月,2010年6月,2010年8月)…Ⅰは総則・物権、Ⅱは債権、Ⅲは親族相続。収録判例数は順に393、399、197件と多数。B5版1ページに事案・争点・判旨・解説と多くの事項を盛り込みすぎの感が。ひとりの執筆者が、同じ分野の複数の判例を続けて解説しているので、判例相互の関連を理解しやすのではないか。

〔演習書〕

  • 【法】松岡久和・潮見佳男・山本敬三『民法総合・事例演習』有斐閣(2009年4月・2版)……京大教授による事例問題集。ほとんどの問題に解説・解答はなく、設問・チェックポイント、参考文献が羅列されているだけなので、自習には使いづらい。学生同士でゼミを組むにしても、問題はいずれも極めて高度かつ難解なので、消化不良に陥ること必至である。心してかかること。
  • 伊藤進『旧司法試験 論文本試験過去問 民法』(2004年1月)……旧司法試験の過去問集。元旧司法試験委員の伊藤進教授の解説講義を書籍化。解説、教授監修答案(or再現答案)からなる。全26問。絶版だったがオンデマンドで復刊された。論点の解説をすることではなく、問題分析の思考過程を示すことに眼目をおいてあるため明確な結論を示していないこともある。平成15年担保法改正まで対応。
  • 道垣内弘人・大村敦志『民法解釈ゼミナール5 親族・相続』有斐閣(1999年12月)……「演習ノート」以外では、おそらく家族法領域では最近で唯一の市販演習書。少し前の旧試験チックな短めの事例問題が並ぶ。理論的に高度な内容ではあるが、さすがに10年前の内容で古くなってしまっている。


総則


〔基本書〕

※備考:平成18年法人部分の改正(平成20年12月1日施行。【法】)


  • 【法】四宮和夫=能見善久『民法総則』弘文堂(2010年5月・8版)……能見の改訂は賛否両論。分かりやすくなったとも,格調が下がったとも。オーソドックスな作りの基本書であり、今なお無難な選択肢ではある。かなり詳細な議論にわたる個所もあり、横書き430頁と最近の体系書の中では厚い方であるといえる。
  • 【法】佐久間毅『民法の基礎1』有斐閣(2008年3月・3版)……著者は京都大学教授であるが、東大の指定教科書にもなった総則の決定本。基礎という名の通り、判例の立場を中心にわかりやすい説明。その一方、補論では緻密な論理展開で、かなり高度な議論が展開される。
  • 潮見佳男『民法総則講義』有斐閣(2005年4月)……講義レジュメが元。ケースメソッド。プラクティスより薄く、黄色本より詳しい。
  • 【法】野村豊弘『民法I』有斐閣(2008年4月・2版補訂)……東大系。シンプル。物足りない感はあるかも。キーワードのまとめがあり,確認に便利。
  • 【法】平野裕之『民法総則』日本評論社(☆2011年12月・3版)……詳細。民法総合シリーズへ統合されないまま改訂された。
  • 辻正美『民法総則』成文堂(1999年4月)……遺作。京大学派が補訂。本質論重視,判例や既存の学説を踏まえつつも鋭い問題指摘。
  • 【法】河上正二『民法総則講義』日本評論社(2007年11月)……東大教授。法セミ連載を単行本化。ローマ法の歴史を踏まえて民法総則を解説する。判例よりも性質論に厚く、示唆に富む。634ページという山本に次ぐ厚さだがヤマケイがレジュメ調に整理しているのに対してこちらは法哲学からの流れを重視し説明が重厚。文体は人文系の厚い本に似た感触がある。
  • 池田真朗『スタートライン民法総論』日本評論社(2006年12月)……基本的には総則の入門書だが、最初に物権や債権等の概観を記述にいれてるため、読みやすい。
  • 【法】山本敬三『民法講義I』有斐閣(2011年6月・3版)……京大教授。684ページと、総則分野の本ではかなりのボリューム。といっても、図を多用しているため、本文の量は他の本よりやや多い程度。特に錯誤論の整理に関して、非常に評価が高い。好評の要件事実表をさらに進化させた規範構造表を新設。
  • 四宮和夫「『民法総則』弘文堂(1986年・4版)……通称四宮旧版。能見が改定する以前の版。「四宮」として基本書で引用される方。(現行の方は「四宮・能見」)。債権法で平井が我妻説にアンチテーゼを提起したのに対し、四宮はこの本で我妻説を批判し有力説を築いた。薄いが内容は圧倒的な濃さ。

物権


このページで紹介される基本書の多くは、民法全範囲をカバーすることが予定されているものの、未だ他の分野は執筆段階にとどまるものである。


  • 広中俊雄『物権法』青林書院(1987年9月・2版増補)……体系書。絶版・入手困難。あえて基本書に選ぶ必要はないと思うが、読み物としてはなかなか面白いので、物権法に興味・関心があるならば図書館で借りるなどして読んでみると良いだろう。
  • 平野裕之『物権法』弘文堂(2001年4月・2版)……論点講義シリーズ(詳細)。
  • 石田穣『物権法(民法大系(2))』信山社(2008年7月)……177条について効力要件説を提唱。意欲的な体系書。
  • 佐久間毅『民法の基礎2』有斐閣(2010年3月・補訂2版)……高度だが判例通説中心。177条で変動原因制限説からの帰結がよくわからんのが玉に瑕。
(以下含担保物権)
  • ☆山野目章夫『物権法』日本評論社(2012年3月・5版)……簡潔だが内容もやや薄。 【現】【法】『初歩からはじめる物権法』日本評論社(2007年3月・5版)は、物権・担保物権を含めた入門書。
  • 野村豊弘『民法II』有斐閣(2004年8月)……総則と同じく、シンプル。
  • 田山輝明『通説物権・担保物権法』三省堂(2005年4月・3版)……通説とあるように、標準的な見解を述べている。
  • 田井義信他『新物権・担保物権法(NJ叢書)』法律文化社(2005年12月・2版)……割と色々な判例に触れ、記述も正確。
  • 松尾弘他『物権・担保物権法』弘文堂NOMIKA(2008年9月・2版)……図表が駆使され、わかりやすい。
  • 安永正昭『講義 物権・担保物権法』有斐閣(2009年3月)……構成・内容はオーソドックス。法学教室の連載が元だが、本書では本文の中に判例が独立して組み込まれている。百選番号は第6版に対応。

〔担保物権〕

  • 高木多喜男『担保物権法』有斐閣(2005年7月・4版)……担保物権法分野における代表的な体系書として定評があり、あらゆる文献で引用される。解説は繰り返しを厭わない丁寧なもので、分量も多すぎず少なすぎず丁度良い。独自説をぐいぐい押しだすようなところもない。基本書選びに迷ったら本書を選べば間違いはない。安心の一冊。
  • 道垣内弘人『現代民法III 担保物権法』有斐閣(2008年1月・3版)……高度で独自説満載だが、近年、高木・担保物権法を後継する代表的な体系書としての地位を得つつある。
  • 高橋眞『担保物権法』成文堂(2010年6月・2版)……著者は京大卒の前田達明門下。体系的な整理が行き届いており、執行手続への言及も必要十分。自説の押しは弱く、総じて無難な内容。横書き(第2版より)で、文章も比較的分かりやすいが、レジュメ調なので好みが分かれるかもしれない。最判H21.7.3まで収録。
  • 松井宏興『担保物権法』成文堂(2011年10月・補訂2版)……薄いが抵当権と非典型担保に関する記述は充実。最近の教科書には珍しく、抵当権の機能に対する社会科学的分析などがされていない。判例通説に沿う形で設例を交えつつ制度を淡々と紹介してあり、自説はやや控えめとなっている。最新判例に加え、高木説、道垣内説、内田説などの紹介・整理もしてあるため、応用問題を理解するための橋渡しとして有用である。
  • 平野裕之『民法総合3 担保物権法』信山社(2009年9月・2版)……教科書と判例集の融合というコンセプトだが、他のシリーズに比べ厚くないため読みやすい。
  • 小林秀之・山本浩美『担保物権法・民事執行法(新・論点講義シリーズ5)』弘文堂(2008年06月)
  • 石田穣『担保物権法(民法大系(3))』信山社(2010年10月)……既刊の物権法に引き続き、ほぼ全分野にわたって独自説を展開。学界に与える影響がいかほどのものかはさておき、司法試験対策に用いるにはオーバースペックであるということは間違いないだろう。

債権


  • 池田真朗『スタートライン債権法』日本評論社(2010年3月・5版)……初めて債権法を学ぶにはお勧めの入門書。

〔債権総論〕

  • 奥田昌道『債権総論』悠々社(1992年7月・増補版)……前最高裁判事。伝統的通説。各種文献で引用される回数はきわめて多いが、古い。
  • 平井宜雄『債権総論』弘文堂(1994年1月・2版)……通説に対するアンチテーゼとして一時代を画した。立法者意思や制度趣旨から演繹的かつ丁寧に解釈していくスタイルに定評がある。現在は平井説の批判をふまえた新しい世代の学説が主流となりつつあり、その意味では本書はその役割を終えたというべきだろう。判例・通説を十分に理解した上で取り組むべき本。
  • 前田達明『口述債権総論』成文堂(1993年4月・3版)……著者の京大での講義を録音したテープをもとに書かれている。執筆段階でかなり手が加えられているため、臨場感はそれほどでもないが、平易な口語を用いた説明は非常に丁寧で分かりやすい。判例その他の具体例を豊富に挙げるが、いわゆるケースメソッドとは異なる、オーソドックスなスタイルである。歴史的沿革の説明が詳しい(一般的な概説書の水準を遥かに超えている)点に特徴がある。著者の体系がそれほど前面に出ていないため、読み手の学習段階を問わないとっつきやすさがある。
  • 淡路剛久『債権総論』有斐閣(2002年12月)……法教連載の単行本化。とはいえ中身は正統派の体系書。奥田ら伝統的通説、平井説の後世代かつ内田・潮見・中田らの前世代という位置づけ。したがって過渡期の理論が多い。
  • ☆潮見佳男『プラクティス債権総論』信山社(2007年4月・3版 2012年4月・4版)……債権総論分野の基本書としては、最高水準の一冊。内容としては下の二分冊を要約した部分も多いが、二分冊と違い、判例通説+有力説1個程度の説明に留めるなど、教科書としての役割が意識されている。中田『債権総論』との違いとして、ケースが多用されていること(ケースの解答はないものの、ケースを踏まえて原理原則・判例の解説がなされている)、要件事実を意識した構成になっていること、判例のとる論理をナンバリングを用いて丁寧に整理していることなどが挙げられる。もっとも、中田が伝統的通説に近い立場から、引用文献を明示したうえで近時の有力説を整理しているのに対し、本書は引用文献なしで、有力説の立場を前提に説明を進めている部分がある。
  • 潮見佳男『債権総論1』、『2』信山社(2003年8月・2版,2005年3月・3版)……有力説・2分冊。「学部における債権総論を対象とした準教科書(学習書)としての役割を切り捨てて理論ベースでの叙述に徹し」(はしがき)、債権者利益(契約利益)中心の体系という観点から債権総論を再構築した理論と実務を架橋する意欲的な体系書。樹海という隠語で呼ばれることも。
  • ☆中田裕康『債権総論』岩波書店(2011年8月・新版)……著者は実務家、一橋教授を経て、現在は東大教授。京大系学説(潮見など)にも目配せした最新の体系書。かゆいところに手が届く、丁寧かつ分かりやすい記述は、学生はもとより学者からも圧倒的に評判がよい。まさに債権総論の基本書の決定版。新版では判例学説が追加され、債権法改正についても加筆された。具体的には「中間的な論点整理」の各論点につき本文中に*印を付し、巻末で当該論点の改正動向について一行程度の解説(全7頁)を付している。
  • 池田真朗『新標準講義民法債権総論』慶應義塾大学出版会(2009年4月)……コンパクト。判例・通説に徹底した解説。パンデクテン体系を崩さず民法典の体系に沿って進めているため最近のパンデクテン体系を崩した本が合わない場合の選択肢。あくまで初級者~中級者向けなので情報量は少ない。
  • 平野裕之『プラクティスシリーズ債権総論』信山社(2005年3月)……学説が上手く整理されている。
  • 内田勝一『債権総論』弘文堂(2000年10月)……損害賠償で自説。図がないのが難。
  • 渡辺達徳・野澤正充『債権総論』弘文堂NOMIKA(2007年11月)……無難な出来。
  • 円谷峻『債権総論―判例を通じて学ぶ』成文堂(2010年9月・2版)……タイトルの通りで、かつ判例が長めに引用。

〔債権各論〕

  • 広中俊雄『債権各論講義』有斐閣(1994年3月・6版)……典型契約をめぐる法制度の歴史や、わが国におけるその社会的実態を重視し、説得力ある議論を展開する。文章にくせがあり、大審院判例や起草者意思を原文のまま頻繁に紹介するため、読むのにやや時間がかかるが、普通に読み物として面白いので、民法が今一つ好きになれない学生などが副読本にするとよいだろう。なお、各論点における結論自体は意外と穏当で、近時の多数説とされるものが多い。
  • 潮見佳男『基本講義債権各論I・II』新世社(2009年12月・2版,2009年10月・2版)……学生向け。ですます調。分量が手ごろなので、ロースクール生の間でのシェアはかなりのもの。II(不法行為法)は必要にして十分な内容。I(契約法・事務管理・不当利得)は旧版時にはさすがに薄いとの声もあったが、第2版では30ページほど加筆されている。
  • 水辺芳郎『債権各論』三省堂(2006年4月・2版)……コンパクト。文章に難ありという声も。
  • 笠井修・片山直也『債権各論I契約・事務管理・不当利得』弘文堂NOMIKA(2008年12月)……無難。

〔契約法〕

  • 来栖三郎『契約法』有斐閣(1974年9月)……古典的名著。契約総論はない。
  • 石田穣『民法V(契約法)』青林書院(1982年3月)……古いが名著とされる。
  • 水本浩『契約法』有斐閣(1995年3月)……重版予定なし。10年落ち。名著?
  • 平井宜雄『債権各論I上契約総論』弘文堂(2008年8月)……はしがきが感動的な、平井ファン待望の一冊……だったのだが、強い実学志向から、現代的な契約を巡る法現象を直視し、企業間契約を著者の体系の中心に据えた結果、学問的営為としての近代的な契約法学とは全く異なる内容に仕上がっている。そのため、学生、とくに受験生の類はすっかりおいてけぼりとなってしまった。いずれにせよ、各論下の早期刊行が期待される。
  • 潮見佳男『契約各論I』信山社(2002年1月)……理論の洗練度はかなりのもの。但し,体系書&潮見語。なお契約総論は『債権総論I』(法律学の森)にて論じられている。
  • 山本敬三『民法講義IV-1』有斐閣(2005年11月)……著者講義のレジュメを元に、各論点の通説・有力説・判例がレジュメ調に網羅され、しかも各説ごとの要件事実ブロック・ダイアグラムも載っている。
  • 平野裕之『民法総合5 契約法』信山社(2007年2月)……判例集も合わせているため、読むのに苦労する。
  • 後藤巻則『契約法講義』弘文堂(2007年4月・2版)……学部およびロースクールの授業用の教科書。設問も付いている。導入用の教科書としてはちょうどいい分量・難易度になっているが、メインの基本書としては薄すぎる。
  • 半田吉信『契約法講義』信山社(2005年4月・2版)……最新の学説や消費者契約などにも目配りが利いている。
  • 三宅正男『契約法 総論・各論(上)(下)』青林書院(1978年2月,1983年3月,1988年10月)……雇用はない。
  • 野澤正充『法セミ LAW CLASS シリーズ 契約法 セカンドステージ債権法(1)』日本評論社(2009年1月)……法学セミナーの連載をまとめている。

〔事務管理・不当利得・不法行為〕

  • 四宮和夫『事務管理・不当利得』青林書院(1981年11月)……独自説が多いが,理論水準の高さには定評。
  • 加藤雅信『事務管理/不当利得』三省堂(1999年9月)……いま事務管理・不当利得を真面目に学習しようとするならば第一に読まれるべき本。論旨が明快で透明感のある論述を特徴とする。
  • 澤井裕『テキストブック事務管理・不当利得・不法行為』(2001年4月・3版)……二元論。不法行為部分が詳しい。参考書に最適。入手方法がオンデマンド版となっているのが残念。
  • 円谷峻『不法行為法・事務管理・不当利得―判例による法形成』成文堂(2005年11月)……判例の引用が詳しい。
  • 吉田邦彦『不法行為等講義録』信山社(2008年12月)……平井弟子による不法行為等(法定債権)の講義録。独習に耐えるレジュメといった趣。
  • 石崎泰雄・渡辺達徳編『新民法講義5・事務管理・不当利得・不法行為法』成文堂(2011年3月)……若手研究者(執筆者の多くが准教授)による法定債権の教科書。比較的新しい情報を平易に解説している。設例と図解が豊富であるのが本書の特徴。
  • 橋本佳幸・大久保邦彦・小池泰『リーガルクエスト民法V事務管理・不当利得・不法行為』有斐閣(2011年11月)……質量ともに司法試験対策として十分な内容を持つ。その反面、高度な議論を圧縮したような個所もあるので、全くの初学者は、例えば潮見黄色などの後に読めばより効果が上がるだろう。

〔不法行為〕

  • 四宮和夫『不法行為』青林書院(1985年8月)……定評あり。重厚。
  • 幾代通著・徳本伸一補訂『不法行為法』有斐閣(1993年1月)……今となっては古いが比較的オーソドックスな体系。理論的でありながら、学生に向けて柔らかく語りかけるような記述は、普通に読み物として面白い。名著。
  • 平井宜雄『債権各論Ⅱ不法行為』弘文堂(1992年4月☆Ⅰ上のはしがきによれば、現在改訂中とのこと)……独自の体系により『債権総論』と同じく民法学界に多大な影響を与えた(『損害賠償法の理論』を併読すると平井説に対する理解が進みやすい。)。平井説がすべて受け入れられたわけではないが、学者、実務家いずれの側においても、その影響を受けていない者はいない。名著であるが、抽象的かつ難解なので、初学者はまず平井説をふまえた新しい世代の基本書を読むべきだろう。上智ローでは不動の教科書。
  • 潮見佳男『不法行為法』信山社(1999年5月,2版は3分冊の予定で現在『不法行為法I』(2009年9月)、『II』(2011年2月)が刊行済み。効果論が未刊)……判例・学説を詳細に整理し、かつ自らの体系も明らかにした現時点で本邦最高峰の体系書(とくに第2版)。受験生が読む本ではない。
  • 吉村良一『不法行為法』有斐閣(2010年2月・4版)……関西系。読みやすい。
  • 平野裕之『民法総合6 不法行為法』信山社(2009年9月・2版)……契約法と同じく、判例集込みで分厚い本。
  • 窪田充見『不法行為法』有斐閣(2007年4月)……設例方式。内田2と相性が悪い人におススメ。
  • 【現】前田陽一『債権各論II不法行為法』弘文堂NOMIKA(2007年7月)……読みやすいが、薄い。ただし、これで必要十分という声も。

【債権法改正関連書】

  • ☆大村敦志『民法改正を考える』岩波新書(2011/10)……東京大学における「民法改正-留学生のため民法案内(2)」の講義ノートをまとめたもの。債権法改正にとどまらず、家族法改正等を含めて、「民法を改正することはどういうことか」を論じた著書。
  • ☆内田貴『民法改正-契約のルールが百年ぶりに変わる』ちくま新書(2011/10)……債権法改正論者が、債権法改正を正当化づける立法事実(要するに債権法改正の必要性)を解説した入門書。債権法改正の是非を語る上で欠かせない基本書となるだろう。法学徒必読の書。

  • 内田貴『債権法の新時代-「債権法改正の基本方針」の概要』商事法務(2009/09)……債権法改正の最重要中心人物による「債権法改正の基本方針」入門書。必読文献。
  • 民法(債権法)改正検討委員会編『債権法改正の基本方針(別冊NBL No.126)』商事法務(2009/04)……債権法改正の基本方針本文。後記「詳解」を買うなら本書は不用。
  • 民法(債権法)改正検討委員会編『シンポジウム「債権法改正の基本方針」(別冊NBL No.127)』商事法務(2009/08)……債権法改正の基本方針についてのシンポジウムの講義録とレジュメ集。委員会の委員が基本方針について解説したもの。
  • 民法(債権法)改正検討委員会編『詳解・債権法改正の基本方針I-V』商事法務(2009/09-2010/06)……債権法改正の基本方針の全文+注釈。委員会の委員による公式注釈書。現行法の問題点を網羅しており、さながら債権法についての最高水準の体系書である。
  • 民事法研究会編集部編『民法(債権関係)の改正に関する検討事項-法制審議会民法(債権関係)部会資料〈詳細版〉』民事法研究会(2011/01)……法制審議会民法(債権関係)部会の各会議で提出された「民法(債権関係)の改正に関する検討事項 詳細版(1)~(15)」を1冊にまとめた資料集。本書の内容は法務省HPで無料公開されているが膨大な量なので重宝する。
  • 「民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理(NBL953号別冊付録)」(2011/05)……法制審による債権法改正関連資料。法務省HPでダウンロード可能。
  • 商事法務編『民法(債権関係)の改正に関する中間的な論点整理の補足説明』商事法務(2011/06)……法制審による債権法改正関連資料。上記「論点整理」に簡潔な解説を加えたもの。したがって、本書を購入すれば上記「論点整理」は不要。法務省HPでダウンロード可能。


家族法



〔親族法・相続法〕

  • ☆前田陽一他『リーガルクエスト民法6-親族・相続』(2012年3月・2版)……平成23年の家事事件手続法制定に対応。はしがきで『双書民法』を最も意識したと述べている通り、著者らの自説を抑え、体系と条文の要件効果、判例を重視したつくりになっている。一方で、現行の法制度の運用実体や介護保険制度や信託法などの重要な関連法についてもコラム等で漏らさず述べている。また、重要な論点については丁寧に議論の積み重ねを記述しているため、わかりやすい。イメージとしては「双書民法」と「アルマ民法」の間にある基本書である。極めて「標準的」な教科書だが、個性の強い親族法の本の中では逆に珍しい。
  • ☆高橋朋子・床谷文雄・棚村正行『民法7親族・相続』有斐閣アルマSpecialized(2011年12月・3版)……平成23年の家事事件手続法制定に対応。親族相続のアルマとしてオススメされるのはこちら。見解が穏当、現代的な問題点や新しい判例についても触れられている。定番。
  • 二宮周平『家族法』新世社(2009年10月・3版)……全24章からなる教科書。練習問題付。リベラル色の強い価値観。『家族と法』岩波新書(2007年10月)は入門書として最適。.
  • 窪田充見『家族法-民法を学ぶ』有斐閣(2011年5月)……法学教室同名連載を単行本化。設例を中心にした600ページ近い厚さだが、ユーモラスな文体と充実したコラムにより、思ったよりスイスイ読める。「法的ルールとしての家族法」の理解形成を目指すとのこと。
  • 本山敦『家族法の歩き方』日本評論社(2009年2月)……法セミの連載を単行本化。川井は薄すぎるが二宮は厚すぎるという人にお勧め。価値観は二宮寄りだが前面に押し出されてはいない。以前このページで、本山は二宮周平の弟子であるとの記述があったが誤り。本書あとがきによれば、本山は円谷峻と野村豊弘の弟子。リークエの分担執筆担当者でもある。
  • 有地亨『家族法概論』法律文化社(2005年4月)……家族法の権威による力のこもった体系書。制度の歴史経過などの説明が厚い。490頁。著者は2006年に逝去しているため改訂の見込みは少ない。
  • 松川正毅『民法 親族・相続』有斐閣アルマBasic(2008年4月・2版)……論点意識せず。自説少。判例引用不正確。
  • 吉田邦彦『家族法(親族法・相続法)講義録』信山社(2007年6月)……平井弟子による家族法講義録。
  • 裁研『親族法相続法講義案』司法協会(2008年5月補正・6訂再訂版)……論点意識せず。判例・先例・通説で有力説皆無。索引雑。
  • 深谷松男『現代家族法』青林書院(2001年3月・4版)……体系書。中川善之助の愛弟子。論点意識あり。物権法で使ってる本との組み合わせによっては,かなり回しやすい。

〔親族法〕

  • 大村敦志『家族法』有斐閣(2010年3月・3版)……親族法のみ。内容は有力説が多いが,極め細やかな解釈であり評価高い。
  • 我妻栄『親族法』有斐閣(1961年10月)……法律学全集。重厚。

〔相続法〕

  • 潮見佳男『相続法』弘文堂(2011年10月・4版)……「プラクティス」のようにケース多用。最終意思尊重よりも法定相続制度を重視する立場をとり、プッシュは弱いが独自説が散見される。
  • 伊藤昌司『相続法』有斐閣(2002年10月)……有力だが,独自の解釈多し。司試向きではない?
  • 中川善之助=泉久雄『相続法』有斐閣(2000年10月・4版)……ほぼ通説。ヘビー。