[部分編集]

人口膾炙を望む夢追い人



[部分編集]

荒井昭二(あらい しょうじ)

  • 登場作品:学怖,学怖S,四八,VNV,AMC1,AMC2,学恋,学恋2,特,学恋V
  • 二つ名:死に魅入られた男
  • 種族:人間他
  • 職業:鳴神学園高校 二年B組
  • 年齢/誕生日:16歳(1978.11.18.-)
  • 身体:160cm/52kg ♂ B型
  • 好きな/嫌いな食べ物:アスパラ、牛タン/ニンニク、トマト
  • 関連人物(その1):相沢信彦《噂,正体?》,曽我秀雄《クラスメート,親友》,宗一郎《兄》,中山太一《同級生》,守山《犠牲者》,山本道夫《部活》,市ノ瀬京子,中山真美華《?》
  • 関連人物(その2):赤川哲也,袖山勝,時田安男《友人》,佐々木先生,早坂桃子《知人》
  • 関連人物(その3):浅田茂,安藤,飯田先生,上原,遠藤,大山幸二,小野和宏,金井章一,神谷真由子,桑畑達也,小山,斉藤先生,逆さ女,桜井先生,沢田絵利,染谷浩二,武田直子,中山葉子,森川,山辺,《噂》
  • 関連用語:七不思議の集会,語り部(1995),殺人クラブ《所属》,屋上,スクール・デイズ《魅了》三時の怪人,霊界黒電話《噂》


[部分編集]

概要

 「七不思議の集会(1995年度)」を開くに当たって集められた語り部の一人。常にうつむき加減でぼそぼそと喋る、暗い雰囲気の少年。

[部分編集]
「荒井の友人」
 意外と言うべきか、人付き合いを厭いそうな陰気さや知識を鼻に掛けた上から目線の言動に反して、彼は「孤立」という状態から縁遠い存在である。
 ファンの間で標記の様なカテゴリすら出来あがっている様に、話ごとに毎回異なる友人たちが登場し、実は登場する友人・知己の数は語り部でも上位を誇る。
[ただし、大体の分岐において確実に友人を獲得しているのは確かであるが、このシリーズは基本世界観としてパラレル・ワールドを採用しており、この友人たちも各作品・各話ごとの世界観にて同時偏在しているとは限らないため、一概に「荒井昭二は交友関係が広い」と言い切ってしまうのは少々早計に過ぎる。

 友人の多さの理由として挙げられるのは、彼の評論者としての姿勢だろうか。
 上から目線であり極めて辛辣ではあるが、その才能や熱意が本物であれば素直に認め、胸襟を開いて称賛するのが荒井昭二と言う存在である。
 彼の友人には芸術家肌や職人肌、マニアの類など何がしかのこだわりある分野に一家言を持つ人間が多い。そういう人種にとって、単なる批判屋で終わらない深い知識と分析眼を持つ彼と言う理解者は得難い存在なのかもしれない。 
 そうでなくとも、この年頃の子らにとって、自らが熱中する話題で一緒に盛り上がれる相手というのは友情を育みやすい存在であろう。

 最後に。
 数多くの友人が登場する荒井シナリオだが、その殆どは彼の語る話の中で亡き者になっていることが多く、『荒井の友人』という称号はある種の死亡フラグとしての意味合いも兼ねていたりする。



[部分編集]

四八

 『四八』富山シナリオに登場。
 名前と性格を借りてゲスト出演した「学怖」メンバーの一人である。
 なぜか墓場におり、肝試し中の小学生と遭遇する。そして、普通に挨拶して去っていく。ついでに、宿泊先の住職に担がれたことを教えてくれる。
 貴重な正面からの笑顔を拝むことが出来、荒井ファンにはたまらない?

 『学怖inよんはち』では、定番「屋上」と相沢さんの話を引っさげ参戦。



[部分編集]

アパシー・シリーズ


 旧作で書かれた様々な恐怖の中から、特に『生きている人間の怖さ』に焦点を当てたこのシリーズでは、語り部たちの性格もより一層破綻気味になっているが、荒井さんもその例にもれず、旧作のものを受け継ぎつつもマッドさが強調されたものになっている。
 具体的には、人形の話に代表される様な、どこか亡霊を思わせる不気味さや儚さがなりを潜め、代わりに屋上の話の様な、良心や倫理をどこかに置き去りにした様な無機的な観察者の顔をする機会が増えた。
 その様は、幼稚で利己的な好奇心のままに、高度な理屈と弁術を駆使して相手を唆し打ちのめす、理路整然とした狂気の体現者とでも言うべき態と化している。

 一方で、普段の態度が気弱な本性を隠す仮面であるかの如き、人間関係に不器用な可愛らしさもクローズアップされる様になった。
 彼のキャラ壊しは実は『学怖S』の時点から既に開始されていたのだが、同人と言うフィールドに移ったせいかどうか、アパシー・シリーズにおいてその傾向は拍車をかけて加速する事になる。




[部分編集]

VNV

 『VNV』では展開の都合によって語り部達のダークサイドが強化されており、彼もまた独りよがりの詭弁による理論武装で自己を正当化し、凶行も凶行と思わぬサイコになっている……のであるが、その理論展開が突き抜け過ぎていて、恐怖や不快感を感じる前に呆気に取られてしまうのが正直なところである。
 『VNV』において、常識や倫理を意に介さず自分ルールを押しつけて来るのは岩下さんもそうなのだが、彼の場合はその言動がどちらかと言うと思春期特有のアレな病気であり、迫力で岩下さんには到底及ばないどころか、お茶目さすら感じられてしまうのは如何ともし難い。
 正直、『VNV』ではその言動が不快感満載で笑えない代物になった風間さんの代わりに、彼がギャグ畑に足を突っ込まされている感すらあるうえに、自身の熱烈な主張に対しその風間さんから常識視点での皮肉をかまされるという、『旧作』の関係から考えれば憤死ものの屈辱を受けるくだりも。

 理屈に走り過ぎて良心と良識が欠落した様なサイコぶりと共に、愛玩動物の奇行を眺めるが如くの妙な愛嬌もまた、以降の彼のキャラクター像形成に大きな影響を与えていると言える。


[部分編集]

AMC1




[部分編集]

AMC2

 今回の持ちネタは「正しいフィギュアの作り方」。
 創造主と被造物の淫靡な関係を描き、最後は科学技術の根源的恐怖にまで至る。

 『AMC2』内で唯一飯島氏が直接手がけたシナリオでもあり、分量も最長。
 各所に電話取材を敢行した結果誕生したと言う薀蓄を長々と述べる荒井さんの姿は彼に染み付いたモノマニア属性にとって一種の到達点だろう。
 が、発言が極めて変態的ではあったが、今回の荒井さんはあくまで傍観者に留まる。主眼はあくまで曽我秀雄と言うマッド・アーティストである。

 曽我くんが作中で行ったのは客観的に見れば倫理など軽くぶっちぎった暴挙だったが、荒井さんが当の彼に抱いている感情が親愛一択と言うのも面白い。
 所々心理分析を挟みつつ、成就のためなら



[部分編集]

学恋




[部分編集]

学恋2

 全編に登場。
 全編で恒例の攻略対象としての参戦である。

 新堂編ではあまり接点の無い二人の交流が描かれる。
 屋上と言う愛する場所に彼はいつもいるのだが、



[部分編集]

特別編

 語り部の一人として登場。
 冒頭で話の切っ掛けをいくつか提示してくれると言う親切なやり方をしてくれる。
 ただ、主体性を持たないと馬鹿にされて終わると言う中々に極端な人でもある。深い人間考察と上から目線の物言いは健在である。

 『VNV』「ゲーマーの条件」のように極端な話の運びは流石にないが、

 もちろん、恒例となっている落下系の話も揃えている。

 ⇒「早見・特別編/荒井昭二



[部分編集]

学恋V




[部分編集]

今後の展望






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|