[部分編集]

#areaedit(end)



[部分編集]

和弘(かずひろ)

  • 登場作品:晦
  • 種族:人間
  • 職業:警察官他
  • 関連人物: ノコちゃん《魅了》,梨竹史隆,風間,赤い靴の女の子
  • 関連用語:

[部分編集]

概要

 前田家の親戚の男性。七回忌の日に前田家に来る予定だったが、何らかの都合で遅れている。主に7話目に登場し、顔グラフィックは隠されている。その容姿や年齢などはプレイヤーの想像にゆだねられている。
 苗字は不明。泰明ら年長者と自然に会話する場面があることから、彼らと大差ない年齢であると推測されるが、詳細は不明。イメージ的にはおよそ20代から30代と言ったところである。

 シナリオの流れから和弘が登場する展開は限られており、最も存在感があるのは「赤い靴の女の子」の話である。
 前田葉子の祖母が幼い頃に赤い靴の女の子に対してしてしまったある出来事がきっかけで、現代の葉子や和弘にも大きな影響をもたらすことに。
 静かな殺意が入り乱れるシナリオであり、和弘もまたある思惑を持って行動する。知られざる人間関係や過去の出来事などが語られ、和弘とのやりとりがシナリオクリアに大きく関係する。
 親戚内での立ち位置や人間関係についての基本設定はほとんど語られないため、葉子との関係もそれほど深くはない。

 ある事件を追いかけている刑事、という設定での登場や、異形と共に出現するという展開もあるが、シナリオには深く関わらない場合が多く、怖い話に参加しそこなった「外側の存在」と見なすこともできる。
 ある意味、語り部になりそこなった男、と言えるかもしれない。

 『学校であった怖い話』の日野貞夫に相当するポジション、と思わせておきながらも登場回数は非常に少ない。
 風間シナリオのみ顔を出すが、グラフィックは風間である。
 シナリオの多くが風間に割かれていることもあり、和弘の出番は食われ気味である。
 もはや登場するとなんとなく嬉しい隠しキャラのような扱いとも言える。 キャラクターとしてはもっと活躍できそうな立ち位置ではあるが、その辺りのアンバランスさも『晦』らしさであり、無限ループ的な様々な展開を見ていると和弘の登場が非常に意味深く感じる場面もある。

[部分編集]

今後の展望

 アパシーシリーズでの登場は未定。しかし他のシリーズでは過去作品の思わぬキャラクターが再登場することも少なくなく、『晦』本編でも登場場面が少ないキャラクターであるだけに、別の形での活躍の機会を期待してしまう人物である。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|