奇縁に絡め取られし主人公


前田葉子(まえだようこ) 【晦】
  • 種族:人間他
  • 年齢:15歳
  • 好きな人/嫌いな人:真田泰明/前田良夫
  • 関連人物:前田一族。前田和子《伯母》,真田泰明,前田良夫《従兄弟》
 『晦』の主人公として登場。当時のサウンドノベルでは珍しい単独女性主人公である。春休み、父方の祖母の七回忌に出席する為に、四年ぶりに田舎の本家に里帰りする。仲の良い親戚たちと和やかな時間を過ごす内、従兄弟の真田泰明の「七回忌の晩に怪談をすると死者が蘇る」という言葉に興味を持ち、開かずの間と呼ばれる和室で怖い話を披露しあうことになる。

 『学怖』における「坂上修一」同様、怖い話の聞き手となる少女。泰明に憧れており、ことあるごとにフラグを立てようとするもことごとく玉砕してしまう。同じく従兄弟である前田良夫を嫌っている。
 時折挿入される泰明絡みの選択肢を選んだ場合、失恋にとどまらず、非常に悲惨な出来事につながる場合が多い。
 良夫や親戚の山崎哲夫とは結婚したり将来を誓うような仲になる展開は数パターン存在しているが、泰明と結ばれる展開はない。

 非常時においては時に暴力的な面を見せる坂上修一に比べると、基本的にはごく普通の女の子であるため、一方的に殺されるか誰かにかばわれる展開が多い。七不思議への執着心は坂上修一に比べると比較的薄く、泰明に抱きつくチャンスがあるかも、といった気持ちをのぞかせることも。

 良夫に対して心の中で馬鹿にした発言をすることもあるが、悲劇的な出来事の後、良夫の気持ちに気づき、涙する場面もある。
 他の語り部に比べると性格的に際立った部分は少ないが、時折話の流れを壊す無関係な話題を口にする場合もある。基本的には常識的な思考をするが、少々ノリやすく、天然ボケとも取れるとぼけた選択肢も多く用意されており、比較的キャラの立った主人公と言える。特別ゲストである風間に憑依された際には悪霊除けのサルの真似や奇声をあげたり、風間の言葉を誇張したりと非常にコミカルかつ破天荒な思考および言動を見せる。

 何らかの過去を忘却している、という展開もいくつか存在しており、思わぬ事実に動揺する場面も。
 良夫と結ばれる展開の一つでは、バットEDながらも非常にいちゃいちゃした未来の様子が語られ、むしろハッピーEDでは? と思わせるものもある。メインルートでは悲劇的な出来事も多い『晦』であるが、こうした明るい展開も魅力の一つである。
 外見的にはショートカットで話全体を通してパジャマ姿のままである。
 キャラクターの特徴の一部など『学校であった怖い話(S)』の女性主人公「倉田恵美」に引き継がれている。



 飯島多紀哉は『晦』に関してはプロローグとキャラ設定以外ノータッチであったが、アパシーシリーズで『晦』を製作するとした場合新しい設定を盛り込む可能性が高いとのこと。
 1980年時の庚申講を舞台として使用し、前田葉子も鳴神学園の生徒にする、といった構想があることを明らかにしている。
 原画家には『柱の傷』を担当した日丸屋氏を、という話もあるが、まだ正式に決まっているわけではない。
 仮タイトルは『(新・晦)庚申講の夜に』。
 オリジナル版のイメージに手を加えられないまま一〇年以上の歳月が流れたこともあり、キャラクターの性格をあまり変えてほしくないとの声も。
 他作品に比べるとまだ構想程度しか語られておらず、発売日は未定。
 前田葉子以外のキャラクターが登場するか否かも不明。        
 『晦』における語り部たちも『晦VNV』などの形で旧設定のまま登場させてほしい、との声もある。
 『晦』は二〇〇九年三月一日で発売十三周年を迎え、何らかの動きを期待するファンは多い。




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|