[部分編集]

#areaedit(end)



[部分編集]

倉田恵美(くらた えみ)

  • 登場作品:学怖S,四八,VNV,AMC1,AMC2,学恋,学恋2,特,学恋V,流神A
  • 二つ名:妄想爆発娘,妄想暴走娘,など
  • 種族:人間他
  • 職業:鳴神学園高校 一年I組→漫画家
  • 年齢/誕生日:15歳(1979.12.14.-)
  • 身体:144cm/?kg ♀ O型
  • 好きな/嫌いな食べ物:カレーライス、おでん/クリームシチュー
  • 関連人物(その1):日野貞夫,坂上修一《部活》,元木早苗《親友》,飴玉ばあさん《取引》,シャルル《ペット》
  • 関連用語:新聞部,悪魔召喚クラブ,七不思議の集会,七人目《所属》,スンバラリア星人《正体》,殺人クラブ《?》,BL,百合,カレー《嗜好》,PO-HELL《敵対》,焼却炉《犠牲者》

[部分編集]

概要

 『学怖(S)』から登場し、書き下ろし追加シナリオ14本と共にデビューした女性主人公。「坂上修一」と同様に「倉田恵美」はデフォルト名であるが、「アパシー・シリーズ」においてはこれで通されている。

 男女によって出現するシナリオが違うという『学怖S』の性質上、性別を変えては成立しない岩下明美のシナリオに書き下ろし4本が回され、威圧的な女王様も女の子には優しいところを見せてくれることがわかった。
 また、新堂・風間・福沢も既出シナリオの差し替えを含むと3本が男主人公と異なっている。比較的人当たりの良い荒井・細田は坂上と比べても差して態度に変化はないが、多くの語り部は倉田に対してはフレンドリーに接してくれるようになったことがわかる。

 そのため、「殺人クラブ」等の凶悪なシナリオを経験する機会が少なく、比較的平穏な「七不思議の集会」を送ることが出来るようになった。
 ただし、彼女自身の七話目での死亡率は坂上と比べても遜色ない。
 また、女子トイレの話や荒井さんの問題発言なども女性である彼女に回され、出来るだけ差別化を図ろうとした努力が見て取れる。


 性格面では『学怖S』に飯島多紀哉はノータッチであったため、今のアパシーに見られる彼女の強烈な個性は見えない。男女共有シナリオが多く見られたことと、坂上にも見られるサウンドノベル主人公の個性付けの限界も拍車をかけた。
 強いて言うなら坂上の語調を女口調にしたことによる、人によってはキツめに見える性格と、時折見せる人生を悟ったような諦念(風間一話目、赤い教科書)やおふざけ(風間七話目)、切ない恋心(新堂七話目)だろうか。


 おふざけで言うなら、ややおとなしめなものの、ライターが同じである前作『晦』の主人公「前田葉子」の遺伝子を脈々と継いでいるとも言える。
 外見では後姿しか確認できないため、ショートヘアであること以外不明。
 風間さんが事あるごとに言い寄っていることや、岩下さんや日野様の発言から水準以上のルックスであることはほぼ確実と思われるが。
 [なお、多分に詩的な解釈を持ち込むことになるが、「隠し02」を見るに、坂上と倉田は双子のようにそっくりな可能性も捨てきれない。]

[部分編集]

四八

 『四八』では千葉県シナリオの主役を務めた坂上と対照的に、賑やかし程度の役割しか与えられておらず、『学怖S』と大差ない普通の女の子として描かれている。
 が、『四八』に収める予定ながら、残念ながら没となった学怖シナリオ集「学怖inよんはち」では「復讐サイト」が坂上を狙うようになった原因を作っていたりする。
 表向きには悪気はなかったことと思われがちだが、後述の「アパシー」における性格を鑑みると、実はそうでもない。このシナリオが表に出なかったことこそが飯島氏は後のアパシーにおける彼女のキャラクターが前面に押し出される発端と語っている。



[部分編集]

アパシー・シリーズ

 まず、シリーズ立ち上げに伴って付与されたプロフィールの身体欄を見てもらえればわかる通り、「144cm」とかなり小柄である(1995年度は2009年現在と比べても、そう身長に推移があるわけではない。144cmは10~11歳の平均身長に相当する)。
 本人も、ぺたん子な体型を悩んでいないことはないのだが、より野心と妄想(後述)が勝るためか、あまり気にはしていないようだ。
 髪型は「旧作」に引き続き、ショートカットを採用している。

[部分編集]
性格・趣味・嗜好
 性格面では幅広い交友関係を持ち、クラス内で浮いている元木早苗と唯一の親友になるなど、明るく快活な人気者である。しかし、それは外向けの仮面に過ぎない。
 その本性は「 妄想暴走弾丸娘 」とでも呼ぶべき野心家である。
 表向きの趣味「小説を書くこと」も、その実態はコミケに出店するための同人小説書きであり、作画担当に早苗ちゃんを巻き込んで、島内から壁サークル、果てはメジャーデビュー! などと、言った野望を持っている。
 問題なのはこれらの題材に身の回りの人物(主に日野様や語り部達)を使っていること、さらには多くの場合で内容がBLであること。

 ただし、手っ取り早く人気を得るための策(『学恋』による)に過ぎないらしく、本人も妄想しながら結構潔癖なことを言っている。
 その他の題材も人間ダルマとか自分を主人公にしたB級特撮とか言った節操のないところを見ると創作意欲とBL嗜好が合致しているかは断言できない。それでも実力は高く、「滾れ・シリーズ」によると、彼女の同人BL小説は学園を席巻しつつあるらしいが。
 [いや、本当に大丈夫なのか? 鳴神……。]
 これらは夢を「世界征服」と密かに広言する通り、将来成功するための布石に過ぎないらしいが……。[実際、1割ぐらいの確率で成功しそうなのが怖い。]


[部分編集]

VNV

 彼女が実質的にデビューしたのは『AMC1』内の「恵美ちゃんの殺人クラブ観察日記」であるが、それ以前にこのゲームのおまけシナリオ「恵美ちゃんの坂上君観察日記」で登場しており、ここで後の「殺人クラブ観察日記」でも見られる凄まじい妄想癖を披露している。
[部分編集]

AMC1

 彼女は凄まじいバイタリティの持ち主であるが、同時に素晴らしいまでの妄想家である。
 他人の言葉を自分の都合のいいように曲解したり、地の文に介入したりと言った暴挙は日常茶飯事。同時に、内心人を見下すことも多い。
 「恵美ちゃんの殺人クラブ観察日記」では、語り部全員が「殺人クラブ」設定と言う殺伐とした舞台と言え、心の中で相手のことを好き勝手言っていた。
 同じ新聞部に属している坂上のことも、心の中では自分の下僕呼ばわりであったり、親友の早苗ちゃんのことも友達と認めつつ金ヅルだと思ってたりと、言いたい放題である。 
 もっとも、七不思議の集会にこだわる辺り、ここが一番の見せ場であると悟っており、坂上が自分のライバルであるというメタな感情を抱いている可能性もなくはないが。


 と、やりたい放題やっているようでいて、「殺人クラブ観察日記」ではEDの約半数(特定のEDを外すと、実に42/73。6割ほどまで死亡率は跳ね上がる)で多種多様な殺され方をするなど、その肉体的弱さを如何なく発揮している。
 自分の策が祟って自滅することも多く、嘘を付くことに躊躇は無いが、結構な頻度で見破られている。
 『VNV』追加シナリオ以来、何かと毒物を飲み物に混入することが多く、彼女の定番技となっているが、その必殺(文字通り)のドリンクも主なターゲットである坂上くらいにしか通用しないところを見ると、何だかんだ言って、半ばギャグ畑に足を突っ込んでいるんじゃないかって危惧をしないでもない。 


 とは言え、自分の小説のリアリティのためなら殺人を厭わない、どんなとんでもないことをしでかしてもあっけらかんとしている、などナチュラルに狂っている危険人物としての側面は侮れない。彼女は脇役に回った時こそ要注意である。

 同時に、話を引っ張る主人公であり、恋愛面での正統派ヒロインとしての側面も強いのだが。実際、『学恋』では自分が恋愛対象として見られていることを意識した途端、弱気になったり、坂上に告白されたらツンデレったり、と色々な表情を見せた。
 どちらにせよ、一口では言い切れない魅力を持った「もうひとりの主人公」である。

[部分編集]

AMC2

 「鬼哭ノ章」オープニングおよびエピローグに登場。
 同じ新聞部でも気弱で自信の無い坂上にとっては対照的な性格で、ハキハキとした態度で意見を積極的に出す期待の新人として見られている。
 彼女視点が無いため本性が露にされる機会も無いが、出番もあまり無いのでおあいこか。そもそも普通の性格になっている可能性も否定できない。

 坂上が消えたことによって七不思議の集会の進行役を務めたことが示唆されている。
 とは言え、平穏無事に終わった彼女の集会に見るべきところはなく、連れ去られた坂上にとっての七不思議の集会が作品そのものなのだが。

[部分編集]

学恋

 主人公の一人として登場。


[部分編集]

学恋2




[部分編集]

特別編

 オープニングおよび隠しシナリオ「七人目は私」に登場。
 OPは持ち前の快活さで「七不思議の集会」に立候補するも、ホモ眼鏡日野先輩の権力で進行役の座を坂上に掻っ攫われると言う、ほぼ『AMC2』と同じ流れとなった。
 ぶっちゃけ、制作側の都合に踊らされた悲劇のヒロインなのかも知れない。
 しかも、本作の早苗ちゃんは一貫して福沢さんの親友設定だったりする。

 そんなわけで花形の「七不思議」作品において二作連続で主役を奪われた恨みは深いのか、隠しシナリオでは得意の文芸創作系の話で大暴れである。


[部分編集]

学恋V



[部分編集]

流神A



[部分編集]

今後の展望

 『完全版』では女性主人公として、「七不思議の集会」の聞き役を務めること、特定のルートを選択することで七人目の語り部となることが布告されている。妄想を積み、妄想を固めていく彼女らしい不条理満載な話をぶつけてくるらしい。



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|