索引


[部分編集]

妖怪(ようかい)

  • 登場作品:学怖,学怖S,四八,AMC1,AMC2,送り犬,特,
  • 種族:カテゴリ
  • 関連人物:逆さ女,妖怪ベロリ,しりとり小僧
  • 関連用語:都市伝説,すねこすり,ぬらりひょん,座敷童子,モノノケ様,送り犬,通り悪魔,
 日本に古来から伝わる超自然的存在。
 似た概念である幽霊は死後の存在であるが、かと言って類似した存在である妖怪が生きている生物かと言えば、単にそういった枠組みでくくることは出来ない広範なカテゴライズとされる。現代の未確認生物を妖怪の範疇で捉えると言う見方も存在するが、果たして……?

 その真の姿とは古代から連綿と繋がる人にとって形に出来ない畏れに人格や姿を与え、実体化させたものと言える。無論、これはひとつの定義に過ぎない。種々の異論ありきにせよ。
 故に、そこに肉体の有無もしくは架空・実在の差異はさして関係の無いことである。
 例えば一般的に大妖としてイメージされる「鬼」。
 これの成立過程を取ったとしても一言で説明するのは難しい。
 最初期の中国から伝わった「鬼(キ)」と言う概念は「死者の魂」を意味し、この時点で日本人が抱く剛人としてのイメージと大きく乖離している。
 一応「幽鬼」と言う言葉は存在するが、中国語の「日本鬼子(リーベングイス)」と言う罵倒語が当の日本人にはさして効果がなく、挙句の果てには萌えキャラにされてしまったことなどからわかるように、むしろ妖は現代では親しまれ愛でられる対象となっている。


 また山や海に住んで神の様な力や知恵を持ったものもおり、妖怪を単なる怪物と捉えるには難しくしている。
 妖怪を神の零落したものと解釈したのは柳田國男であり、現在では否定する声も大きいものの「一つ目」を軸にした説明は現代でも広く受け入れられている。

 どちらにせよ大抵は人間に危害を加え、その肉を食らったりしているが、その行動には何らかの法則があり、それを守れば退けることも可能である。
 中にはあまり害を及ぼさないかわいらしいものもあるが、それすらも油断すればなんらかの手段で命を奪ってくるので要注意である。



[部分編集]

現代妖怪(げんだいようかい)

 現代妖怪とは比較的最近、近代から現代にかけて生み出された妖怪。
 戦前では「怪人赤マント」、戦後は「口裂け女」や「人面犬」などがその代表格である。

 そのバリエーションは彼らを培養する都市伝説の隆盛に合わせ、非常に豊富だが、人間もしくは幽霊(悪霊)に起因する妖怪が多く、わかりやすい異形としての妖怪があまり見られないのが特徴として挙げられるだろう。
 下手を打てば単なる変質者や異常者として扱われるほど、人間の特徴を色濃く残している。

 現代の病理に即したと言うべきか、通り魔的な行動パターンを持つ妖怪も多く、四肢の一部に欠損が見られ、同時に四肢を奪ってくるというのもよく聞く特徴の一つである。
 都市伝説全般に言えることだが、偏見や差別意識が生み出した恐怖は色濃い。

 また、姿を持たない存在や噂が錯綜していて詳しいビジュアルが伝わっていない怪異も意外と数多い。
 「メリーさんの電話」や「赤い紙青い紙」を代表格とする電話/声を介した怪異や姿がはっきりしないことがキーになっている「くねくね」などが挙げられる。
 怪談文化華やかしき江戸時代においてはいわゆる妖怪画、現代において多様な漫画が妖怪のキャラを成立させてきた中でこれは異例の事態と言える。


[部分編集]

洋館(ようかん)

  • 登場作品:晦,
  • 種族:
  • 関連人物:
  • 関連用語:



[部分編集]

予言(よげん)



[部分編集]

予知(よち)




[部分編集]

寄姫転生(よりひめてんせい)

  • 種族:同人誌
  • 関連人物:
  • 関連用語:



[部分編集]

夜イベント(よる-)

 「学恋」シリーズに実装されているシステム。
 平日のコマンド終了後にランダムで挿入されるイベントである。
 大まかな流れとして夜、自宅にいる主人公の所に怪奇現象が起こるか、何らかの訪問者(主に語り部達)がやってくる、もしくはその両方というもの。
 内容は多種多様で一つのゲームを取っても軽く見積もって百を越える。

 主人公に襲いかかる怪奇現象は前フリがあったりなかったりと実に様々だが、理不尽かつ横暴と言う点で共通している。刺されたり、喰われたり、場合によっては殺されてしまったり、などと言った惨劇もけして珍しくない。
 ただし、その多くは「夢オチ」で処理される。
 そのため本編とは関係ないところでのバッドエンドとして扱われることはない。主人公は何事も無かったかのように起床して新たな一日に臨むのであった。

 また、主人公によっては遭遇する夜イベントの傾向には差が出る。
 メンタリティが普通人に近い坂上・倉田・新堂・あなたには怪異襲来系のイベントが多く、深夜番組を楽しむなど普段の生活はとっても普通である。
 まぁ、その中でも倉田はかなり異彩を放っているが……。
 反面、存在自体が理不尽な風間・岩下は単純に被害に遭うことはなく、訪問者系のイベントが多いことが挙げられる。


 一応「ランダム分岐」の一種ではある。
 が、実際は特定の発生条件を持っており、本編で特定の人物と会っておかないと夜イベントにも登場しない等と、直前までの本編進捗度にも左右される。
 また、単独でなく連続のストーリーを持つイベントも存在するため、自力で全てを見ることが難しいもの(特に『学恋』)も存在した。

 制作サイドも全てを見せるような仕組みにはしていない旨を語っている。
 ただし、一応要望に答える形か『学恋2』では全ての夜イベントを見ることが出来るオマケ「夜イベントビューアー」を条件は厳しいにせよ追加、『学恋V』では連続イベントを見るための条件が緩和されている。


 本編とあまり関係ないオマケとしての要素が強い分、どんなに唐突な状況であっても珍しい(もしくは既に退場した)キャラを登場させることが出来、各々のキャラの交流を補完することも出来る。また、意外な裏設定を知ることも。
 もちろん唐突に出たり出なかったりする怪奇のドッキリを愉しむも良し。
 本編と切り離すことによって「ランダム分岐」の本来の目的である何が飛び出してくるかわからないビックリ箱的楽しみを実現させたシステムと言える。 



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|