索引


[部分編集]

七つの大罪(ななつのたいざい)

 キリスト教において人を悪に導くとされる七つの要素。七つの罪源とも。

 「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」の七つからなり、それぞれが象徴する動物と悪魔を持つ。
 「七」と言う聖数の使い勝手のよさが作家に好まれたのか近代創作物においてそこそこの出現頻度と知名度を持つ。[中二病患者御用達とか言わない。]
 「七罪」と来れば対応するものとして「七徳」なる概念も提唱されているようだが、イマイチ候補が多く詰め切れていないようだ。善、甲斐なし
 それはこの七つの大罪が「悪」と言い切れないことも響いているのだろうか、人間原理を欲望から捉えるとして過度に肯定していくとして、この大罪に到達すると考えればわかる気もする。




[部分編集]

七人目(ななにんめ)

 七不思議の大トリをつとめるべき語り部。
 だがオープニングを見れば分かる通り、部室には初め六人しか集まっていない。このまだ見ぬ七人目に対する不安と期待が、七不思議の集会と言う場を貫く醍醐味である。
 七人目は六人までの話が終わってから部室に登場するパターンが多いが、上記の通り様々な人物が「七人目」として登場するため、誰か特定の人物を指し示せる言葉では無くなっている。

 また、花形にしてジョーカーたる「七人目」だが、誰が「七人目」と呼ばれるべきか、その定義は意外と難しい。
 それは、七話目が、それまではあくまで語り部から噂話を聞く形でスタートしていた一~六話と違い、閉鎖空間で語られる「噂」ではなくその外部からやって来る「現実」の脅威である点が大きい。
 これが何を意味するかと言うと、つまり七話目は往々にして「語り部」が存在しない、若しくは語り部がおまけに過ぎない事態が発生するのである。
 そこで「七人目」という概念には、「七人目の語り部」としての意味の他にも「七話目の怪異をもたらす者」(例:仮面の少女)、「本来なら七人目の語り部になるはずだった人物」(例:清瀬尚道、福沢七話の誰か)など様々な広義の解釈の可能性が出て来る。
 特に、何の話も語らず脇役どころかモブキャラに近い(しかも厳密に言えば「七人目の語り部になるはずだった」のではなく、「六人の語り部の一人になるはずだった」男である)清瀬尚道が堂々と「七人目」に連なり続けている例は、「七人目」という概念の多様性を表す好例であると言えよう。


 他方、この条件に合致していても「七人目」とは見なされない者たちもいる。荒井七話の荒井昭二、隠しシナリオ「スンバラリア星人」の風間望、同じく隠しシナリオ「早苗は僕の婚約者」の神田拓郎などである。
 荒井昭二風間望は言うまでもなく「六人の語り部」の一人であり、七話目のシナリオも彼等が既に一度語り終えた話の延長線上、若しくは後日談的色合いが濃い。ゲームに於ける彼らの基本的立ち位置、そして七話目のシナリオの位置づけ共に「七人目」という印象からは程遠くなる。

 神田拓郎の場合は、話の中心があくまで元木早苗であり、彼女が既に「七人目の語り部」に就いている関係上、どんなに存在感を放って語り部たちの人間関係の中心になろうとも、展開ギミックとしての怪異以上にはなれない。語り部は重複しない、という事だろうか。
 これらの七話目に於ける彼らは、いずれもそれぞれのシナリオの中核を為し、その話だけに留まらない強烈な存在感と人気を発揮しながらも「七人目」とされる事はないのである。

 隠しシナリオ2(『S』のみ)では、田口真由美が二年前の新聞部へとタイムスリップし、そこで七人目として怪談に混ざるという展開がある。

 七目と呼ぶのも変であるものの、『晦』の良夫七話目には前田家を襲う妖怪が登場した。

 極端な話、現状では「七人目」たり得る前提条件とは精々「七話目に登場する」ぐらいしか存在しない。
 その多面的かつ柔軟な解釈の中で、理由は何であれ多くのファンが「七人目」にふさわしいと認めた者が「七人目」となる、と言える。



[部分編集]

七不思議の集会(ななふしぎのしゅうかい)

  • 登場作品:学怖,学怖S,VNV,AMC1,AMC2,特,追加,最終
七不思議の集会


[部分編集]

生首(なまくび)

  • 登場作品:学怖,晦,学怖S
  • 種族:
  • 関連人物:細田友晴《友人》,神田拓郎,松尾《犠牲者》,風間
  • 関連用語:マネキン《?》,トイレ,オバケ販売機《出没》,生霊
 由香里一話、良夫二・五話、隠しシナリオ「隠された犠牲の真実」、「園部茜の秘密」 に登場。

 文字通り人間の頭部。
 特に胴から切り落とされたばかりの(ような)鮮度の高いものを指す。
 骸骨等と並び『晦』で頻出するモチーフのひとつである。
 平和な現代ではたとえば戦国時代にタイムスリップでもしなければまず出くわさないような代物だが、作中ではゴロゴロ木に成っていたり、自販機が沢山吐き出したり、果ては空中で大量に浮遊していたりと出血大サービスである。

 あまりにも超自然的なシチュエーションでばかり出くわすので、安っぽいギミックのように思われがちで、シュールこの上ない存在だろう。
 ただ、出自が語られることがなくともショッキングな情景の演出では一瞬にして大きな効果を発揮することは確かである。松尾さんの末路はこの典型と言える。 

 また、細田のトイレツアーでは二種類の生首が登場するが、演出も相まってその両方がトラウマ級。特に『学怖S』における女の生首は新たな最恐画像として目立たずとも密やかに語られている、


 「猟奇事件」や「凄惨な事故」などと関連付けられて語られることもある。特に、転がっているのが一個なら語られる確率は高い。

 人間が個人の識別の多くを顔に頼っている。
 それをなくした死者は自分(パーソナリティー)を失ったに等しく、なくした一部を求めてさまようことになる。首無しの幽霊の誕生である。
 もちろんそれ以外の身体のパーツだと言う事例もあり、それら類似する幽霊が登場する「噂」や「都市伝説」は大量に存在する。

 変わったものとしてそれらの変形として描かれる死霊の集合体が挙げられるか。
 十三階段

 風間さんの生霊を呼び出した際に


[部分編集]

干首(ほしくび)

  • 登場作品:晦
  • 種族:アイテム
  • 関連人物:ヒナキちゃん,田崎,秋山
  • 関連用語:ンバンバ族
 生首の変形。
 見た目は生首の原形を保ったまま、通常手のひらサイズにまで縮小されたもの。頭蓋骨を取り除いて乾燥させるなど、諸々の工程を経て腐敗を防いで形を保存する。
 沢山集めると歌い出したり、と言うことは普通ない。

 首狩り族が戦利品を加工して作成することが多いが、外部の目に触れたが運の尽き。
 後に輸出用に原材料を確保するため、戦争まで発生したと言うおぞましい歴史が残されることに。

 ……、外国から死体をかっさらって来て嬉々として博物館に展示している辺り、欧米人は頭がどうかしている。
 そんな旨を江戸時代の武士が記した書簡が遺されていたりするのだが、珍奇なものを求めるあまり容易くモラルを踏み外すことは人間のサガと言うことも出来る。

 『晦』には二例の干首が存在するが、この時点で既に我々は見世物小屋的好奇に囚われてしまったのかもしれない。


 和子二話「謎の少女・ヒナキちゃん」に登場。
 田崎君秋山君が辿る末路の一つである。
 ヒナキちゃんの予言を辛くも逃れた二人だったが、仲の良かったはずなのにその後交流を絶って性格もまるで別人のようだと周囲の人々は言う。

 実際別人です。
 二人の体には別人の魂が入れられており、彼ら本来の魂はヒナキちゃんに抜き取られ干首のような醜い姿になって彼女の遊び道具になってしまった。




[部分編集]

鳴神学園(なるがみがくえん)

鳴神学園


[部分編集]

鳴神新聞(-しんぶん)

鳴神新聞



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|