[部分編集]

お気楽 極悪 恐ろし乙女



[部分編集]

福沢玲子(ふくざわ れいこ)

  • 登場作品:学怖,学怖S,四八,VNV,AMC1,AMC2,学恋,学恋2,特,学恋V,流神A
  • 二つ名:かしまし小悪魔
  • 種族:人間他
  • 年齢/誕生日:15歳(1979.10.21.-)
  • 職業:鳴神学園高校 一年G組→有閑マダム
  • 身体:152cm/?kg ♀ A型
  • 好きな/嫌いな食べ物:ミートドリア/ブロッコリー
  • 関連人物(その1):福沢姉《姉》,元木早苗《友人》,日野貞夫《知人》,蜜田真奈美《クラスメート,同士》,神田拓郎《横恋慕》,藤鳥澄子《苛め》,桃瀬毬絵《知人》,瀬戸裕子《悪霊,犠牲者》
  • 関連人物(その2):河原,近藤真司,佐藤博通,志田直子,杉浦亜矢子,玉井佳子,東条深雪,橋本美也,平井香苗,山形英俊《噂》,染谷洋子《友人》,島田,野沢,八代《クラスメート》,岩崎先生《知人》
  • 関連用語:七不思議の集会,語り部(1995),殺人クラブ《所属》,ワールド・ハッピー&ピースカンパニー,ゴルフクラブ,ボウガン,猫,吸血鬼

[部分編集]

概要

 「七不思議の集会(1995年度)」を開くに当たって集められた語り部の一人。明るくて話好き、ノリの軽い今時っ子の美少女。
 一見ホラーな話題とは無縁そうに見えるが、笑顔でグロい話を語り出すなど言動の端々にそこはかとない危険性が垣間見える。

 恋愛事や友達関係など、如何にも学生の関心事らしい話が多いのが特徴。
 しかし決してお気楽な内容ではなく、言い換えれば、学校という閉鎖的な特異空間におけるコミュニティやヒエラルキーと言った、生々しい対人関係の話を多く語るとも言える。
 語り部の中では最年少なためか、それとも彼女自身の性格故か、上級生である他の語り部に比べるとカマのかけ方などは直截的だが、それ故にこちらの心中に分かりやすい爪痕を残す浸食性を持つ。

 性格では、自身の価値基準を持たない気まぐれさや他人に対するドライな部分など、イマドキの子らしい無神経さと冷淡さが目立つ。
 だが、大体の展開において、その性格が彼女自身にとって裏目に出ることが多い。
 ぶりっ子とすら見える明るさの中に腹黒さを感じさせるキャラクターとは裏腹に、コミュニティ内における彼女の処世力は意外と高くはないようである。
 その点を踏まえたのかは定かでないが、後のアパシー・シリーズにおいては、冴えない中学時代の過去を持つ所謂"高校デビュー"であるかの様な描写を見せる展開もある。

[部分編集]

学怖S



[部分編集]

四八




[部分編集]

アパシー・シリーズ


 彼女に関して言えば、アパシーに於ける人格形成に大きな影響を与えたのはシリーズ第一作である『VNV』本編よりもむしろ、そのおまけシナリオである『恵美ちゃんの坂上クン観察日記』の方であろう。
 ここでは殺人クラブの一番手(殺クラと認識されぬ内に退治された日野除く)として登場し、いきなり恵美ちゃんに完全勝利を収めるというインパクト抜群の仕事を見せた。
 一応、彼女とのやり取りの途中で選択肢が出現するのだが、実はどの選択肢を選んでも死亡エンド直行であり、それらを全て見ないと先に進めないという何ともSっ気に満ちたプチループ構造になっている。
 尤も、話が進行すると一連の死亡エンドは倉田のシミュレート上の出来事だった事にされ、せっかくの活躍は文字通り幻と化してしまうのだが。
 ここでバーチャル福沢が見せた計算高さとぶりっ子力、そして幼稚ささえ感じさせる天真爛漫な残虐さが、アパシー・シリーズでの彼女のキャラクター像に大きな影響を与える事になる。
[部分編集]

VNV

 語り部達のダークサイドがとにかく強化されている事に定評のある『VNV』だが、実は彼女に関して言えば然程目立った変化が無い。持ちネタ自体の異様さは『VNV』の中でも際立っているにも関わらず、坂上に「集まった語り部の中では最もマシ」と評されるほどである。
 原因は、語り口の端々に見える毒が他の語り部と比べてかなり弱かった事が一つ。他の面々が冷淡さや傲慢さ、独善性や卑屈さなどの負の側面を過剰なまでに誇張されているのに比べると、彼女の語りにはそれ程の当たり障りが無い。
 敢えて言うなら、旧作からあった自身の価値基準を持たない傾向が強調されている形であると言えるが、話の中ではむしろそのせいでクラス内において割を食った感もあるため、それほど脅威性を感じさせない。
 また、子供っぽい無神経さやドライに割り切った言動も、本当に「身近にいそうな今時の女の子」の範囲に収まってしまっている。
 そしてもう一つは、只々事態に流されるだけの彼女の立ち位置にある。クラスの狂騒に参加しなかったのは当初タイミングを逸した事で何となく意地になっただけで、その後蜜田に誘われるまま同士になったのも純粋に命惜しさの為である、と言ってしまえばごく普通の被害者の役回り。締めに語る正気と狂気・善と悪の境の曖昧さへの指摘も、つまる所は坂上(とプレイヤー)の良識が発する無言の非難への自己弁護に過ぎない。
 他の語り部が(主に要らんお世話で)話を引っ掻き回しているのとは対照的に、彼女は話の流れそのものには何ら影響を与えないままで終わっている。




[部分編集]

AMC1



[部分編集]

AMC2

 今回の持ちネタは「鞠絵先生」。
 新任美術教師に降りかかった不幸と異形への変貌について語る。


[部分編集]

学恋



[部分編集]

学恋2

 全編に攻略可能なキャラとして登場。


[部分編集]

特別編

 語り部の一人として登場。


[部分編集]

学恋V



[部分編集]

流神A

 「ひきこさん」に登場。
 なんと結婚して姓を変え、「浅見玲子」として出演している。
 つまりは人妻である。[おい誰か、魔法使い呼んでこい。]


[部分編集]

今後の展望





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|