[部分編集]

都市伝説の仕業ね!



[部分編集]

富樫美波(とがし みなみ)

  • 登場作品:探偵局,AMC1,AMC2,学恋2,流神A
  • 種族:人間(能力者)
  • 職業:鳴神学園高校 三年H組
  • 年齢/誕生日:17歳(1989.8.12.-)
  • 身体:162cm/50kg ♀
  • 能力:一度見聞きしたものを忘れない程度の能力
  • 関連人物:神ヶ崎翔,日暮太郎,賽臥隆恭《仲間》,犬丸薙《弟分》,風間丈《幼馴染》
  • 関連用語:オカルト同好会,都市伝説探偵局《所属》,ゴスモン《ファン》

[部分編集]

概要

 2007年度におけるオカルト同好会部長。
 一度見聞きしたものを 絶対に 忘れないと言うずば抜けた記憶力を持っており、彼女の前では膨大な情報を収めたPCデータの復旧すら容易い。一種のサヴァンと同義か?
 現状、日暮先輩を本人からの申告(もしくは変装)無しで視認出来る数少ない人物。彼女の特殊能力と関わっているとも思われるが、真相は不明のままである。

 彼女自身は才媛に特有(例:賀茂泉かごめ)な一見して冷たい態度を取っているようにも見えるが、その実は身内に優しく面倒見の良い姉御タイプ。
 クールビューティーを地で行く質と言えばわかりやすいだろうか。
 ただし、人使いは荒く、後輩(賽臥)は大量の買い物などによくパシられている。

 兎角、一組織の長としてはジンさんとはベクトルが大きく異なるにせよ、有能な人物。
 ただ、何事にも動じないジンさんと比べるのも何だが、非常時には一歩劣る点も。
 と言うか、会則を堂々と無視して部室に入り浸る前会長が大物過ぎるだけである。
 理知的な思考の持ち主であり、彼女の言動は部員に落ち着きを与える一方、荒事には慣れていないのか『探偵局』でギィと対峙した後は必死で普段の気丈な様を保っていた。

 というわけで『探偵局』の誇るツンデレ一号。
 ツンデレ不作の時代だった旧『学怖(S)』と比べれば、格段の進歩である。
 ちなみにジンさんは、普段の内から別の意味で不安にさせることが多い一方で、荒事で頼りにならないことがない。まるで一長一短、天才と秀才の違いと言うべきか。
 会長もまだ完成されて/完璧でないのだ。共に、これからの作品を追って行こう。

[部分編集]

探偵局

 『探偵局』第一、二、三、十、十三、十四、十六、十七、十八、二十話に登場。
 賽臥単独で行動するシナリオも多いため、全編出ずっぱりと言うことも無いが、実際に「都市伝説探偵局」を率いているのは彼女。出会う機会、一緒に行動する事は多い。
 通しでプレイすれば、「オカルト同好会」入部で始まり「天眼」の呪いで終わるシナリオの要所に関わる重要人物と言うことがわかるだろう。

 開始直後は先代部長の推薦がありながら入部せず横柄な態度を取ってきた賽臥に業を煮やし、とうとう「こちらから願い下げ」とつっけんどんに言ってのけることも。
 が、紆余曲折あった末に賽臥が入部すると、事情もあって態度を軟化させる。その際に地の性格である面倒見の良さが出たのか、結構フレンドリーに接している。
 賽臥の順応性が(シナリオの都合ありきにせよ)思ったより高かったとも言えるが。

 作中、賽臥がヒッポ様の死の予言を受けて駆け回っている間は(予言を本命視していなかった事もあるが)あえて動じず、普段の活動の傍らで本命の「天眼」について調べた。
 その結果は本人を慮り、あえて告げることはしなかったのだが、その辺り彼女なりのデリカシーだろう。賽臥は攻略の進捗に連れ、望まず「真相」を知ってしまうのだが。
 いつか知ってしまうならと、あっさり言ってしまうジンさんとの違いがまた出たことになる。


[部分編集]

AMC1

 「オカルト同好会」ルート、「山本さんと飴玉婆さん」ルートに登場。
 いつも通りのお約束か、後輩の賽臥犬丸のじゃれ合いを脇目に日暮と一緒に調査の報告を行っている。飴玉おじさん……、後の作品にも飛び出す割と重要な設定である。

 ジンさんの紹介で解決に赴いた「送り犬」事件での役割は胡散臭いジンさんのフォローに、現会長としての最低限の説明だろうか。
 どの道言い出しっぺの宿命か、いいところはジンさんに持っていかれるのだが。

[部分編集]

AMC2

 「探偵局編」全編に登場。
 「綺麗な風景」以外で主人公(視点人物)を務める。
 ジンさんが現役の頃、セミロングだった姿は必見である。
 桜の木の下で卒業するジンさんから色々なものを受け継いで、かと思ったらジンさんは忘れた頃にやって来て鮮血の薔薇で盛大に我々をコケさせてしまった。
 部長になってから綺麗な風景を見に行きたいと珍しく志願する日暮を送り出す。

 かつて副会長時代はあじさい園の不幸を呼ぶ女の謎を追った。
 このあじさい園事件が今作における彼女の見せ場となる。
 池沢優華と言う未亡人にまつわる謎、彼女でなければ最初の取っかかりに達するのは困難だったろう。

 ミニゲームでは主人公にして、RPG的には白魔道士タイプ。
 彼女がいなければクリアすることは不可能である。レベルアップするに従い、なんとMPを回復する特技まで習得する。


[部分編集]

学恋2

 風間編夜イベント「丈くん家庭訪問」に登場。
 『探偵局』本編から十二年前、単純に考えて五歳の頃の姿である。
 風間の従弟「風間丈」と同じ幼稚園に通っており、幼馴染みが語る緑色の怪物に変身するお兄ちゃんの話をいぶかしみ、わざわざ家にまで確かめにやってきたらしい。

 が、風間さんとしてもここまで公私混合することは避けたかったのか、時々披露している擬態解除のサービスを行うことはなかった。流石は腐っても現地工作員。
 相手が子ども、それも可愛い従弟の友達だったとしても相手が地球人ということを忘れていなかったのか。たとえ、それが一時彼を傷つけることになったとしても。
 ただ、彼女の明晰なる記憶力はこの頃も働いていたことを考えれば、風間さんは知らず知らずの内に将来の大失態を避けたと言い換えることも出来る。
 彼女の性格を考えれば、成長した時も「夢」や見間違いで済ませるとは考えにくい。

 また、会いに来る以前に風間さんのことを馬鹿にした咎でうっかり消滅させられそうになったが、丈くんの幼さゆえになんとか難を逃れることに成功。
 彼がもう少し大きかったら危なかったが……。『探偵局』-続-


 兎に角、美波会長が『探偵局』本編で風間丈相手に見せた反応も、二人の長い付き合いあってのことと考えれば、何かわかる気もしてくる。
 完全記憶能力ゆえに彼の奇行を余すことなく脳内に思い描けるなら、彼の存在は色んな意味で忘れられない存在となっていることだろう。ぶっちゃけ気の毒である。

[部分編集]

流神A

 オープニングおよび「アパシーサイド」に登場。
 オープニングはいつも通り賽臥を呼びに来るだけだが、その際に柴田のあんまり嬉しくない美人チェックを受ける。と言うか、美人遭遇率の高い柴田も中々だが。

 第一話「開かずの間」では前会長のジンさんが賽臥を引っ張っていくので、彼女はあまり出番がない。冷静かつマイペースに事をこなすだけである。
 接点が無いのに地元の名士である星浦家を調査した手腕は流石だろう。

 第二話「紅女」では現会長の意地か、主人公として皆を引っ張っていく。
 ゴスモンへの隠れた情熱を露にすると言う意外な一面に、子持ちと勘違い(と勘違い)されてショックを受けたりとコミカルで女性らしいところを見せる。

 が、今回は彼女が苦手とする荒事に巻き込まれたため、ほとんど為す術はなかった。
 危うく人格を失い、同好会が消滅する危機にまで陥るのだから、今回の相手は相当なものであった。繊細さと慎重さが仇となったか。
 ただ、非常時でも気丈とし、後輩を守ろうとする彼女の姿は確かなものであった。あと、ベテランの風格と『AMC2』で慣れたのか奥様方相手の調査はお手の物。
 と言うより慣れないラーメン食いに行っただけで恐怖を味わう羽目になる様に、都市伝説が理不尽なだけである。

 エピローグでコワモテの袋田さんをからかう一幕は往年の名コンビIさんSさんを彷彿とさせ、実に微笑ましい。
 「探偵局」は日常にこそ映えるのだと、彼女は教えてくれたのだった。


 あんまり変わらない賽臥や全然変わらない日暮と違い、今作では髪型の変化と言うリデザインをされた。激変した千夏ゆうかが大概にせよ、あの妙に長いもみ上げが気になっている人はなんとやら。
 [ひょっとすればモデルは『学園七不思議』の月影先輩かも知れない。
 妙に自信に満ちた態度で「霊の仕業」と断言するのはともかく、頼りになるところは似ている。水着回で妙なテンションになるかは定かでないが。]

[部分編集]

これからの展望





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|