※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F-3000



  • 国内最高峰で入手困難なペン。 生産は15年以上前に終了しており、本体は珍しく木製である。
  • キャップは赤青が有名で黒も結構知られているが、実はその上をいく『金色』が存在するとの噂。恐らくペン回し界で最も入手困難だろう。
  • よくあることだが、3000*Fとは全くの別物
  • ボールペンとしては書き味が最悪。 さらにインク軸の長さがものによって違う
  • 投稿者は回しにくいと思った(人によってそれぞれだが、繊細なテクニックが要する)
  • 微妙に赤が短い。
  • 先っちょのボール周辺部分が金メッキなら「ブロンズチップ」と呼ばれ、古いタイプに属する。
  • 普通に銀色であれば、比較的新しいタイプ。現在でも販売されているSK-0.7という替え芯に替えることができる。